県外グルメ

2019年10月15日 (火)

喜速久(きわく)

福屋八丁堀本店、秋の全国うまいもの大会(10月10日~22日)に出店中の、とろサーモンがウリのお店。

Dc101503

色々売っている中で、一番沢山の種類が入っているものをチョイス、1450円+税。旨かった。どれも本当に旨かった。満足。

Dc101501
クリックで拡大します。

上のビラに書いてありますが、四十七年前から全国の百貨店でサーモンのにぎり寿司「流氷トロすし」を実演販売してきたそうです。記憶にはありませんが、何処かで出会っていたかもしれません。今度見つけたら別の種類のものを買ってみようと思います。

| | コメント (0)

2019年8月11日 (日)

「櫓」城下店

今年も津山にお墓参りに行きました。そして、去年と同じお店で昼食。

Dc081108

鶴山公園(津山城趾)の南、津山観光センター(津山市山下97-1)の右端にあるお店です。津山名物が色々揃っています。

Dc081113
ホルモンうどん、900円。いい香りが食欲をそそります。2011年のB-1グランプリで第2位を獲得しブレイク、いまだにテレビなどにも取り上げられ人気が衰える気配はありません。〇〇食堂が一番人気のようですが、マスコミが作り上げたもの、地元民の評価は違っています。B-1グランプリの時に活躍したお店、三枝(こちら)がお勧めのようです。

Dc081112
連れは去年と同じ、そずり焼きうどん、800円。
去年の記事(こちら)に詳しく書いています。興味があれば。

このお店は、立地がよく、7~8人にも対応でき、駐車場もまあまああり、肝心の味もいい。来年の墓参りの時にも行こうかな。

 

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

吉宗の茶碗むし

Dc053105
クリックで拡大します。

昔長崎に住んでいて、大好きでよく食べました。

Dc053106

そごう広島店、大九州物産展(5月28日~6月4日)にて購入。

Dc060108

入っている具材は、えび、鶏肉、蒲鉾、麩、穴子、竹の子、椎茸、ぎんなん、きくらげ。全て引っ張り出して写真に撮ろうとしましたがダメでした。お味は少し濃いめ、たまごはトロトロ、美味です。

Dc053104

茶碗むしと蒸し寿司はセットになっています。

Dc060105

酢飯には笹がきの牛蒡とはんぺんを刻み入れ、上には錦糸卵、たらのおぼろ、穴子の蒲焼きのそぼろ、見た目も味わいも申し分ありません。昔は茶碗むしよりこちらの方が好きでした。

茶碗蒸し(ひとつ)562円、蒸し寿司(ひとつ)594円。

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

吉例顔見世

南座顔見世鑑賞ツアー、その6。

Dc112825

いよいよ南座です。三年近くの休館からこの11月に新開場。

Dc1121138

昔を知らないので、どう変わったのか判りません。

Dc1121155

南座も初めて、歌舞伎も初めて、という私です。

Dc112830

外観も、内観も、伝統を受け継ぎつつも、モダンな感じもします。

Dc122301
クリックで拡大します。

昼の部を鑑賞。そこを拡大すると・・・

Dc122302
クリックで拡大します。

果たして理解できるのか、と不安になっていましたが、こんなものが・・

Dc1121130

おかげでよく判りました。ただ、ちょっとしゃべりすぎですが。
連獅子が印象に残りました。役者は愛之助がピカイチ。

Dc112833
お昼はお弁当。
Dc112835
豪華でした。

10時30分開演、途中3回の休憩があり、終演が15時30分。
しかし、長いと感じることもなく、充分楽しめました。

後日譚:
偶々図書館で、ちゃぶ台返しの歌舞伎入門、という本を見つけました。
これはなかなかに優れた入門書だと思います。
鑑賞した後に読んだので、そういうことかと納得することが多々。
大衆芸能でありながら、色々捻りがあって面白い。
次回は事前学習をしっかりしてから行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

ホテルグランヴィア京都

南座顔見世鑑賞ツアー、その5。

宿泊は、ホテルグランヴィア京都、京都駅ビル内の東にあります。南北自由通路からの通路もあり、中央改札からもエレベータがあり、ビルの外からの立派な入口もあります。兎も角、便利な立地です。

Dc112196

部屋は豪華なわけではありません。

Dc112199

朝食はこの中から選びます。サザンコートへ。

Dc1121100

メインは、丹波あじわいどりのソテー、をチョイス。

Dc112808

他はブッフェです。

Dc112804

Dc112812

Dc1121101

Dc1121102

Dc1121104

で、私が食べたのは・・

Dc1121105

Dc1121114
キヌアと野菜のスープ。

Dc112809

Dc112811

このレストラン、15階にあり、南側が大きな窓です。

Dc112816

京都は南に山なし。遠くに微かに見える山は奈良県だそうです。

さて、いよいよ今回の旅行のメインへ出発。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

高台寺「十牛庵」

南座顔見世鑑賞ツアー、その3。

Dc112140

夕食は十牛庵。京都市東山区高台寺桝屋町353、八坂神社の南、更に高台寺の南、産寧坂に連なる道の途中の山側、絶好のロケーションです。この建物や庭は明治の末期、当時の匠たちによって造られ、 2017年9月現代の名工によって十牛庵として生まれ変わりました。数寄屋造りの重厚な建物です。

Dc112857
クリックで拡大します。

Dc112144

Dc112147
先付。香箱かに、生姜酢。

Dc112149
まず、フランスワイン。

Dc112153
お椀。清汁仕立て、
甘鯛、束ね湯葉、紅葉人参、ほうれん草、銀杏柚子。

Dc112155
向付。季節の二種盛り、あしらい一式。

Dc112156
この辺りから日本酒。

Dc112158
焼物。まなかつお柚庵焼き、酢だち。

Dc112159
舞妓さん、芸妓さん、登場。
Dc112859
この名刺の順番。
Dc1121157
舞子と芸妓の違いの説明。
Dc112163
踊りの後は席に来て相手をしてくれました。

Dc112167
八寸。三人分。猪口、代白柿ごま和え、松の実、さば小袖寿司、酢取り茗荷、唐墨大根、銀杏、くも子ポン酢おろし加減、葱。

Dc112169
強肴。松阪牛フライ、海老芋フライ、ペコロス。

Dc120901
お座敷遊びの定番、金比羅船船、の説明。この後多数参加、私も。

Dc112174
焚合せ。小かぶら、蓮根、南瓜、ごぼう、粟麩、椎茸、忍生姜。

Dc112176
土釜。福井県産こしひかり新米。

Dc112178
香物。壬生菜、はりはり、白菜、塩昆布、奈良漬け。
止椀。合せ味噌、甘藷、粉山椒。

Dc112185
菓子。季節の主菓子。一服。
Dc112187

美味しい、楽しい、二時間半ほどでした。

*****

このお店、東京の「レストランひらまつ」が運営しています。東京を中心に30数店舗を展開、ここが初めての和食料亭だそうです。今年のミシュランで早速星をひとつ獲得しています。いい料理人をスカウトしたのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月10日 (土)

宝塚ホテル

姫路・宝塚への旅、その4。

Dc110386

お泊まりは宝塚ホテル。ハロウィン仕様。

Dc110368

老舗ホテル、だそうです。

ディナーはフレンチのコース。
Dc111001
クリックで拡大します。

Dc110371
メニューの一番上、食前のお愉しみ。

Dc110373
帆立貝柱、鱒の卵、唐墨、などなど。メニューを見てください。

Dc110375
かぼちゃのポタージュ カプチーノ風。

Dc110377
パン。おかわり可ですが、これ一種類でした。

Dc110378
鰈・・・ メニューを見てください。

Dc110381
牛フィレ肉のポワレ・・・・・

Dc110383
ムースフロマージュ バニラアイス添え。このアイス、超美味です。

Dc110385
カフェ。

見た目は華やかですが、フレンチはそもそも私の好みではなく、ここの味付けにはメリハリがないような気がしました。

食後、「観劇がより楽しくなるポイント」講座。

Dc110388

講師は、元タカラジェンヌ・英マキさん。

宝塚歌劇の成り立ち、タカラジェンヌの日々の生活、舞台の構成、といったことを丁寧に話してくださり、質問の時間もたっぷり、翌日の観劇の気持ちが一層盛り上がりました。素晴らしいトークショウで、写真撮影も可、最後は皆で記念撮影。大変有り難う御座います、の気持ちで一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

灘菊酒造

姫路・宝塚への旅、その2。

Dc110306

姫路駅からすぐでした。姫路市手柄一丁目121。瓶に書いてある文字は:黒田官兵衛筆頭家老栗山善助屋敷跡。

Dc110802

先ずは酒造見学。丁寧な説明がありました。

Dc110312

明治43(1910)年創業、歴史を感じさせる建物です。

Dc110317

その後西蔵で昼食、こんなに広いところが満席、他にも二・三箇所あり、平日なのに大盛況。ビラを見ると、ここ以外にも3箇所お店があるようです。本業よりもこちらで稼いでいるのではないでしょうか。

Dc110326
クリックで拡大。これが基本の料理、それにプラスアルファ。

Dc110801
これもクリックで拡大。大返しめしの由来。

Dc110321
これ又クリックで拡大。左上三つがプラスアルファ。量多すぎ。

Dc110324
大吟醸ボンボン。

食後は直売所で、全種類のお酒の試飲が出来ます。36度のお酒(リキュール)、甘酒、などもあります。お酒を一本、その他二つほど購入しましたが、まだ飲んでいなかったりで、後日報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

角島&夢岬

山口県へ一泊二日の旅、その6。

Dc102083

美しい角島大橋ときれいな海。

Dc102086

島に渡って先ずは腹拵え。一階は土産処「ゆめみさき」、

Dc102087

二階が和食処「夢岬」。イカが名物のようですが・・

Dc102089

しらす丼、1680円。そこそこのお味ですが、観光地料金でしょう。

Dc102091

角島灯台。灯台記念日で、一般公開中でした。

Dc102208

道の駅・北浦街道豊北からの景色、角島大橋全体が見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月26日 (水)

ギャング丼@ALOHA ORANGE

周防大島に行きました、2018年9月25日、その2。

Dc092513

橋を渡り、周防大島へ入って左折、8.5km程、車で10分位、右に見えてきます。アロハ・オレンジ、ハワイ料理のお店、ウリはお肉です。

Dc092518
“炙り”ギャング丼(S)、1500円。SSは1000円、Mは1800円、Lは3000円。それぞれのサイズの丼が用意されていて、それを見てサイズを決めました。Sでも隣の普通のお椀と比べれば大きさが判ると思います。
Dc092523
肉の下にはキャベツ、表は炙ってありますが裏はほぼレアです。

Dc092521
これは友人が食べた、炙らない普通のギャング丼。料金は同じ。

他に、ギャング丼では、炙り“マヨ”ギャング丼、みぞれ“和”ギャング丼、ユッケ風“漬け”ギャング丼、さらにハワイ料理のお店なので、ロコモコ、タコライス、ステーキ、バーガー、パンケーキ、などもあります。

Dc092515

お店の前には美しい海、残念ながら店内からは見えません。

Dc092621
クリックで少し拡大。

店の奥にペンションがあり、そのためかライダーが多いようです。4人掛けテーブルが8つほど、土日祝は凄い人だそうです。我々が行った平日でも30分待ちでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)