日記

2020年1月20日 (月)

カワイイ

かわいい、広辞苑によると、①いたわしい、②愛すべきである、③小さくて美しい、となっている。第五版でチョット古い?

いつ頃からか、若者がとてもかわいいとは思えないようなものにも使い始め、更に今では対象が広がり、人間や生物の特徴を持たない人工物などに対しても使われるようになっている。

変な新語も出来ている。エロかわいい、ブスかわいい、キモかわいい、さらには、ぐうかわ(ぐうの音も出ないほどにかわいい)、ゆめかわ(夢のようにかわいい)」、げろかわ(吐くほどに)。最早理解しがたし。

どんな人が使っているのか。色々なものが本当にかわいいと思われているのか。表現の幅が広がっているのか、逆に、語彙が少なくなっているのか。この先、生き残る言葉はあるのか。褒め言葉なのかどうか。判らないことばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年1月17日 (金)

阪神淡路大震災25年

だが、人々が直面しているのはつねに「過去をひきずった今」なのである。
(安克昌〈あんかつまさ〉)
    ◇
阪神大震災から3年後、神戸の「復興」は着実に進んだが、住民にはどこか「しっくりこない」思いがあったと、震災後ずっと全力で救護活動にあたった精神科医は言う。喪(うしな)った家族は戻ってこないし、転居に次ぐ転居や失業で「再建」に行き詰まった人も少なくない。震災の記憶は「日々の生活のストレス中に溶け込んで」いると。『心の傷を癒すということ』(新増補版)から。

鷲田清一による折々の言葉 朝日新聞 2020.01.17

*****

街が一面火の海となり、高速道路の橋脚が倒壊し、などなど、声も出ない様な光景を見せ付けられ、こんなことは二度とあってはならない、この日を忘れてはいけない、と思ってから二十五年。それから幾度も悲惨な恐ろしい災害を見て来たが、何と言ってもここが原点だろう。その原点にたち返ろう!

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

七草粥2020

Dc010703
今年も七草粥の日、大分からやってきたものです。

Dc010704
中央が、すずしろ、すずな。ほかは多分上から、はこべら、せり、ほとけのざ、ごぎょう、なずな。よく判りません。

Dc010712
本来は朝食に食べるもののようですが、夕食に今年の無病息災を願って頂きました。

 

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

わたしは、私。

炎鵬の、西武・そごうのCM動画。
以下の文が炎鵬の声と共に画面に順番に出てきます。

大逆転は、起こりうる。
わたしは、その言葉を信じない。
どうせ奇跡なんて起こらない。
それでも人々は無責任に言うだろう。
小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。
誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。
今こそ自分を貫くときだ。
しかし、そんな考え方は馬鹿げている。
勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。
わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。
土俵際、もはや絶体絶命。

ここで、
さ、
ひっくり
返そう。
と、大きな文字が出て、映像と文字が逆方向へ 。

上の文を逆に読んでください。

考えた人すごいわ

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

謹賀新年2020                  

Dc010103

安佐南区役所の東側、左の橋は松原橋。

Dc010105

変わることのない、穏やかな日常、何時までも続きますように。

夜は豪華なお節が来ます。楽しみです。

| | コメント (0)

2019年12月14日 (土)

ふるさと納税@対馬2019

縁のある長崎県の対馬にふるさと納税をしました。3年連続。

返礼品、その1。
Dc120802
骨まで食べるあじ開き。
Dc121406
脂がのった対馬五月真あじ使用。
Dc121407
美味しいけれど、骨はチョット当たります。

返礼品、その2。
Dc120804
天然ぶり味噌漬け。
Dc121404_20191214215101
これ美味しいので、3年連続で頼んでいます。

毎年600gと書いてあります。1年目は1万円の寄付に対して。
2年目は、総務省の是正指導があったためか、1万4千円の寄付。
今年は1万円の寄付、ほとぼりが冷めたので元に戻った?

返礼品、その3、半月ぐらい経つのにいまだ音沙汰なし。

*****

2017年のふるさと納税はこちら
2018年のふるさと納税はこちら

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

西本喜美子写真展

Dc121301

所用があり廿日市へ。帰りにふと、この展覧会のことを思い出し、行ってみました。65歳以上は半額の300円。全館写真撮影OK!!

Dc121303
最初の部屋には、芸術的な作品。色が美しい。

Dc121304
つぎの部屋には、彼女を有名にした、ゴミ袋に入ったり、物干しにぶら下がった、セルフポートレイト。

Dc121305
これが一番面白かった。

72歳で、長男が開く写真教室に参加し、初めて写真を撮る。74歳の時、Mac講座も受講。写真撮影やデジタルアート制作に没頭する。82歳で初の個展。その後、SNSなどでセルフポートレートが話題になる。88歳の時、フォトエッセイ集出版。
経歴が又凄い。20歳の時、美容院を始め、22歳で競輪選手になる。27歳で結婚、以後は専業主婦、三人の子どもを育てる。
まだまだあと30年、120歳まで続けるそうです。凄すぎ!

| | コメント (0)

簡単!レンチンお好み焼き風

Dc121209

昨日の「あさイチ」で紹介されていた料理だそうです。お好み焼き「風」なので、お好み焼きではありません。皿にキャベツをのせ、豚肉を広げてその上に。フワッとラップをしてレンジでチン。薄焼きたまごを被せ、お好み焼きらしいものをパラパラ。完成!

Dc121211

これはこれでいけます。いっそ肉がなくてもいいかも。

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

チコちゃんに叱られる!のCGチーム

「チコちゃんに叱られる!」を見ていない人にはどうでもいい話。
面白くて成る程という話題があるので、私はほとんど始めから見ているが、いつ頃からか、CGチームの働き方改革の為と言って、チコちゃんの顔が出ないコーナーが登場。CG作成が大変だというのは判るような気はする、といっても、具体的なことは不明だった。
11月22日夜のチコちゃん放送枠でサラメシがあり、チコちゃんに叱られる!CGチームが取り上げられる。で、CG作成の実際を一部公開。45分の放送でチコちゃんの登場はおよそ12分、200カット、作成におよそ2週間かかるとのこと。1人1日6カットを7人が担当、面倒なのは、チコちゃんが鏡などに映っている場合(修正が二カ所になる)、特に困るのは、人がチコちゃんの前に来たとき、人との境界を手作業で設定しなければいけない。1秒に30プレートあり、一つ一つ修正するので大変な作業になるらしい。12秒の作成に8時間掛かったこともあったとか。CGチームは総員15名、土日休みで午前11時から午後8時までの勤務。残業について触れられなかったが、働き改革を叫ぶほどの勤務なのかどうか。結局、いろいろな面でよく判らない感が残った。チコちゃんがCGを施される前の顔を見れるのではとちょっと期待したが、まあ無理か。

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

コキア 2019

去年、近所にコキアがあることに気付きました(こちら)。

安佐南区役所の前庭です。

Dc071103
7月初旬、植えられていることに気付きました。

しかしその後、赤くなることなく枯れたようになったのです。

それでも、10月末、かろうじて一部が赤くなりました。
Dc103102
朝水やりをしているおじさんに聞いたら、土が悪いといってました。

現在はこんな状態です。
Dc111909

今年はもう一箇所あることに気付きました。区役所裏の駐輪場辺り。
Dc103103
10月末にこんな状態でしたが、先日結構赤くなっていました。
Dc111401

来年は全部がきれいに真っ赤になることを願っています。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧