ラーメン

2018年8月14日 (火)

旨辛冷やし麺@我馬

四季のラーメン第四拾作、我馬流旨辛冷やし麺。

Dc081403

830円、大盛り+100円。以下はお店のうたい文句:
猛暑に打ち勝つ「冷・旨・辛」三位一体の一杯です。
スープに魚介の旨みをしっかり効かせ、自慢の中太麺と相性バッチリの冷製ラーメン。 水菜、生姜、ミョウガ、シソなど、特製の旨辛だれで和えた8種類の香味野菜を、スープと混ぜてお楽しみいただきます。 鶏チャーシューのほのかな甘みが、味わいをマイルドに引き立て、汗が出る旨辛さと冷たいスープが爽快な真夏の一杯です。

四つ見える茶色の立方体、だし氷です。最後まで冷たいスープを楽しめます。実に旨いスープです。ただ、最後まで飲み干すと結構な辛さ、まあ全部飲まなくてもいいのですが、こんな美味しいスープ、残すのは勿体ない。そして麺が美味、スープと絶妙にあっています。期間中また食べに行こう。

我馬三篠本店(こちら)にて。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木)

夏のずんだラテつけ麺@我馬

我馬創作ラーメンコンテスト「G-1グランプリ」入選作品、夏の限定麺、ずんだラテつけ麺、980円、を食べに行きました。

Dc071902

ずんだ(枝豆)を使ったラテ風特製つけダレに平打ちパスタ麺がよく絡みます。絡みすぎて最後はタレがなくなりそうに。元々ずんだが好きなので、とても美味しく頂きました。鴨チャーシューはジューシー、色鮮やかな夏野菜は爽やか、夏の味を堪能、ただ、ガーリックトースト( or バタートースト)はマッチしていないような。

我馬三篠本店(こちら)にて。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 4日 (水)

油そば@稲森

拉麺豚骨稲森(こちら)で、未食の一品。

Dc070456

油そば(大盛り)、890円。因みに、普通盛りは690円。最近細麺も選べるようになったとのこと、普通太麺が多いので、細いのにしてみました。これは正解だったと思います。かなりコシがある細麺で、食感もなかなかのものです。美味しく頂きました。で、太麺も食べてみたい。次回の楽しみ。

Dc070454
こんなものを貰いました。もちろん行きます。

Dc070466
ラーメン屋の裏側、前回、外観だけは見ました。

Dc070465
入口は右側、入るとこんなスペース。

Dc070464
左側のスペースを奥(左)から見たところ。中央のテーブルに、ランチの料理色々、ブッフェのようです。デザート類もたくさんありました。

Dc070461
珈琲到着。なんとマグカップです。

うれしい食後の珈琲サービス、次回もあるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

びっく李

Dc061801

中区堀川町5-13、福屋の南、細い通りを入った所、向かいが釜八です。中華居酒屋と謳っています。4月の中頃オープンのようです。

Dc061802_2

入口横の看板。安い! でも、ご飯ものは欲しくなかったので・・・

Dc061805

温玉旨辛ラーメン、680円。まさに旨辛、辛さもちょうどいい程度。麺が私好みの、ボソボソになる一歩手前の食感、美味しく頂きました。

次回は安いご飯ものを食べてみよう。

広島駅北口から近い、中華居酒屋「美味軒」と同じ経営のようです。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

こちら安佐南区ラブゴルフ前拉麺屋

安佐南区相田六丁目29-10、ラブ・ゴルフ・クラブ内にあるちょっと変わったラーメン店です。下、駐車場からの光景。

Dc061601

右側、ゴルフクラブに行く階段を上ると・・

Dc061602

建物に入らずに、左へ、との案内。右に曲がると・・

Dc061603

右を見ると・・

Dc061612

この二階です。緑色の階段を上がると、やっと入口。

Dc061604

内部は・・・

Dc061605

左側にカウンターがあります。

Dc061606

ここは、「スター&プラチナ」というお店(こちら)の二号店。本店は、「ジョジョの奇妙な冒険」というマンガ一色。こちらは店名から判るように、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」関連のものが一杯。

Dc061607

あご塩拉麺、750円、を頂きました。濃厚且つ爽やかなスープ、麺によく絡みます。ほろほろチャーシューも美味です。

Dc061609

奥の漬け物コーナーに、早い者勝ちの切り落としチャーシュー。結構分厚いものもあり、食べ応えあり。

Dc061610

お茶漬けセット(小ご飯)、+150円。中・大も同料金。

Dc061611

このスープ、ご飯とも好相性。

他に、本店から継承した原点の味「オリジン」、広島一ガツ盛りな塩拉麺「天下一塩拉麺」、夏季限定「アゴアゴのつけ麺」、など、食べてみたいものがあります。また近いうちに行こう。

いつの間にか、土日だけの営業になっています。ナビさんが連れて行ってくれますが、狭い道です。ご注意を。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

拉麺 豚骨 稲森

Dc053103

安佐南区川内五丁目14-21、やまや(せせらぎ店)の(駐車場の)前。つい先日(28日)にオープンしたばかり。

Dc053104

通路を進んで真ん中辺りが入り口。川の方まで抜けていくと・・

Dc053111

珈琲フィーカ、こちらは4月26日オープン。

Dc053106

ラーメン店内部。写真奥右に入り口、そこから壁に向かってL字型にカウンター席、店奥にはこのようなテーブル席三つ。

Dc053109

特製濃厚豚骨拉麺、750円。細麺で、固さが指定できます。スープはマイルド、チャーシューは薄い、いわゆる博多ラーメンです。

Dc053107

連れが食べた、濃厚魚介つけ麺、790円。モチモチの太めの麺、ちょっと食べさせて貰いましたが、魚介の上品な味わい。

麺料理がもう一つ、油そば、690円。次回食べてみよう。他にご飯もの、餃子、唐揚げなどがあります。食欲旺盛な人だったら、1000円を超えそうな価格設定です。この場所で果たして・・・

第2駐車場へは2~3分、広いのですが、細い入口が欠点。

フィーカ・稲森の前は、エストンズ珈琲でした。最近、エストンズ○○というお店が消えているような、様態変更かな。親会社は、他にもお好み焼きや焼肉のお店など色々やっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

煮干しと豚

Dc052916

2016年末に開店したお店、その頃行って(こちら)、今日が二回目。メニュー構成がちょっとかわったようです。三本立てになっていて、開店当初は醤油がありませんでした。塩は食べたので、濃厚豚骨を注文。

Dc052913

にぼぶた玉子らーめん、890円。豚骨と煮干しのスープは旨みたっぷり、程よく唐辛子が効いている。レアチャーシューが独特で美味。下にモヤシやキャベツがたっぷり隠れています。麺はモチモチの平打麺。満足の一杯でした。

次は、「にぼ醤油らーめん」を食べに行こう。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月21日 (月)

中華そば我馬

Dc052105

博多ラーメンの我馬(と言っていいのかな)による、醤油豚骨スープの広島ラーメンを提供する新業態のお店、屋台風の作りです。内も外も激変している広島駅の中に3月29日オープンした「ekie DINING」の中にあります。

Dc052109

中華そば、680円+税。我馬らしい(?)上品なスープ、豚骨が強い訳ではなく、醤油が突出しているのでもなく、マイルドに仕上がっています。麺は我馬の細さではなく、広島で一般的な太さ、スープとよく絡みます。しかし、広島ラーメンの典型とは言えないかな。

メニューは他に、野菜中華(780円)、赤辛中華(780円)、ワンタン麺(830円)、チャーシュー麺(830円)、ホームランラーメン<ワンタン・野菜・塩半熟煮玉子のせ>(1080円)。のせもの(トッピング)は、ネギ(100円)、もやし(100円)、メンマ(130円)、塩半熟煮玉子(130円)、ワンタン(130円)、チャーシュー(230円)。サイドメニューは、焼餃子<5個>(220円)、唐揚げ(480円)、白むすび(100円)、サバむすび(180円)、チャーシュー巻き(230円)。

Dc052103

我馬の裏側。右に書いてある英語:

Welcome to Hiroshima.
Enjoy traditional ramen. 
Don’t think slurp!

最終行の意味は? slurp 、〔動詞〕音を立てながら飲食する、〔名詞〕音を立てての飲食;その音。「ズルズルと啜って食べよう」、ぐらい?

次は、赤辛中華に挑戦しよう。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

極楽亭

Dc051601

南区宇品神田五丁目22-23、宇品五丁目電停を東へすぐ。

Dc051604

極楽麺、550円(+税)。これを食べたくて行きました。ミンチが多量でスープにコクが出ています。麺はモチモチ、コシもありいい食感です。量も標準より多いのではないでしょうか。お腹に余裕があったら残ったスープにご飯を投入したら凄く旨いのではないかと思いました。

次々に客が来て、さらに出前をしているようで、厨房は大忙し、テキパキと注文をこなしていました。地域で人気のお店のようです。中華メニューが豊富で安い、近くに行った時はまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

半チャーハンセット@とりの助

とりの助八木店(こちら)にてランチ。

Dc050203

今日はチャーハンを食べたい気分、しかし、チャーハン単品ではちょっとさびしい、で、ゆず塩(745円)と半チャーハンのセット(+313円)にしました。あっさり和風・鶏と鰹の合わせだし、柚子が効いていて上品、以前のゆず塩は鶏肉ゴロゴロだったと思うのですが、今回はオーソドックスなチャーシューです。海苔の下に味玉が隠れています。アプリクーポンでサービス。ここでチャーハンを食べるのは初めて、なかなかに旨かった。食べたいと思ったものが一番でしょう。でも、ちょっと食べ過ぎだったかも。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧