ラーメン

2020年5月13日 (水)

潮(しお)ラーメン

麺屋彩蓮(こちら)の新作、潮ラーメン、700円+税。

Dc051308

潮の香り、多少油多し。生ハムのようなチャーシュー、若布、旨い。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

安芸高田らーめん「ごうき」

Dc040819

安芸高田市吉田町上入江1925-2、勝田三叉路(土師ダムに入る所)から吉田の方へすぐ左側。ピットインエトワール(こちら)の隣、本日休業、なにやら寂れたムード。

Dc040826t

L字型のカウンター、テーブル席4×2+2×2、奥に小上がり(座敷)、窓越しに江の川が見える。

Dc040822

安芸高田らーめん、半チャンセット、950円。まあ広島ラーメン、スープ濃厚、チョット油が多いかな。炒飯はシットリ系、濃い味付け。客が多く繁盛している様子、夜は居酒屋風になりそう。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

カレー@彩蓮

Dc032604

麺屋彩蓮(こちら)、安佐北区可部南三丁目6-7、マツダの向かいぐらい。ラーメン屋なのに、カレーを推していて、幟まで出しています。

Dc032603

並は多そうだったので、カレーライス(小)、370円+税。すごく期待していたのですが、まあ普通でした。カレールーがちょっと少ないのが残念。やはり麺屋では麺を食べるべきでしょう。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

広島ラーメン「十五屋」再訪

十五屋(こちら)二回目。目的はこれ:

元祖花びらチャーシューメン、1280円。
Dc032204
写真は見いていたが、実物を見て驚愕!
これはとてじゃないが、食べられる量ではない。
最近食べる量が減っている私、同行者二人に協力して貰いました。
味は、ちゃーしゅーの旨味がスープに溶け美味しくなっていいます。
ザ・ラーメンとの違いを言っても詮無いことですが、
スープが豚骨から離れている、麺とスープの絡みがよくない。
今後の進化を期待、独自性を出してもいいと思います。

同行者は、塩バターラーメン、750円。
Dc032203

今日は日曜ということもあってか、大変混んでいました。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

カレー中華@我馬

四季のラーメン第四拾五作「カレー中華」が登場、
3月11日から、早速参上。お店の宣伝文句は・・

広島のカレー中華の歴史と言えば約40年前に
西広島駅の近くにあったお店が発祥とされています。
昔ながらの中華そばとカレーを癒合させた昭和の味は当時、
「カレー中」の愛称で多くの人々から親しまれていました。
そんなカレー中華を我馬流にアレンジし、
麺やスープとのバランスを考え、
カレーは数種類のスパイスをブレンドするなど、
さらに進化させた逸品に仕上げています。
昭和、平成を経て令和の今、新たに誕生した
我馬流「カレー中華」をご賞味ください。

Dc031204

己斐「江戸天」の「カレー中」、伝説になっていますが、未食。
十年ぐらい前に復活させた店があるも、週一夜の営業で行けず。
で、比較は出来ないが、恐らくこんな上品なものではなかったのでは。
最近の我馬の新商品は洗練されたものが多いと思います。
スープの粘度は高くなく、カレー味も強からず弱からず。
麺はスープが絡む絶妙な茹で具合、少し噛み応えのあるコシ。
チャーシューはチョット硬め、カレー味には合っている。
メンマはコリコリだが、もっと厚みが欲しい。
モヤシもカレーにピッタリ。

我馬三篠本店(こちら)にて。これは又食べに行こうかな。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

来々軒

高知への旅、プロローグ。

高知へ行く途中、なかなか行けないラーメン店に行こうと思いました。第一候補、塩そば「まえだ」、残念ながら定休日(一昨日の9日日曜のことです)、で、鶏そば「なんきち」を目指しましたが、店の前に行くと営業していない雰囲気(後で調べると、一年ぐらい前に休業、食べログだけ調べたのがミスでした)、次は、来々軒、チョット行列があり、駐車場も少し待ちましたが、食べることができました。

Dc031001

三原市本町一丁目6-8、JR三原駅の北側。カウンター4席、四人掛けテーブル3つの、レトロな感じのお店。50年ぐらい続く店舗で、それ以前は屋台の時代もあったようです。年輩と若いの男性二人で切り盛り、営業年数を考えると、二代目と三代目かな。

Dc031004
餃子も注文してみました、400円。挽肉とニラがメイン、テーブルにタレはなく、調合したものを持ってきてくれます。シンプルでタレが美味。

Dc031006
中華そば、550円。麺は中細ぐらい、縮れと言うより大きくウエーブ、ほんの少し茹で過ぎかな。スープは複雑な味わい、色々なものが使ってあるのでしょう、牛骨の味のような、チョット油が強め。チャーシューは歯応えあり、メンマはコリコリ、共にラーメンに合っている。

次から次に客がやってくる人気店のようでした。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

喜笑家くすくす(横川店)

Dc022506

市内に幾つかある喜笑家くすくすの横川店。西区横川町二丁目12-9、横川本通りを南下、通りの南端の東角、東の方に小田億本店が見えます。このお店は居酒屋ランチ(ラーメン)を提供。

Dc022504
クスクスラーメン(並盛)、850円。次郎系のラーメンです。太い平麺、大きく部厚いチャーシュー(というより肉の塊)、野菜増でお願いしました。横から見ると・・・
Dc022505
食べども食べども無くなりません。メニューをよく見ると、並盛は1・5玉。小盛(1玉)にすべきでした。何とか麺と具材は食べましたが、スープは飲めず。お腹はパンパン、夕食にまで響きました。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

広島ラーメン「十五屋」

Dc021903

ラーメンの暖簾、提灯が見えますが、先週行ったバレーナ(こちら)です。水曜と日曜の昼、ラーメン屋になります。

Dc021904

どれを注文するか悩みましたが、先ずは普通のラーメン、680円。

Dc021906

店主が、近所にあったザ・ラーメン(こちら)のファンで、閉店に際していろいろ教えて貰ったそうです。見た目はまあ似ているといえるでしょう。味の方は、少し、違うと思います。あのザ・ラーメンは独特で、簡単には真似できない味です。

Dc021304_20200219213601

ラーメンの新しい店を出し、研鑽を重ねるとのこと、期待しましょう。

Dc021910

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

つけそば「はせ川」

Dc020711

西区横川町三丁目2-12、去年9月に改修工事が終わった横川ガード下の一番南。左側は厨房と思われます。

Dc020712

観音にある、北海道ラーメン「はせ川」(こちら)の二号店のようです。

Dc020714

店内はカウンター10席ぐらい。

Dc020713

メニューは、つけそばと中華そば、強気の値段設定です。

Dc020718
クリックで少し拡大します。

Dc020715

つけそば、900円、味玉、100円。麺が太いので、茹でるのに結構時間がかかります。食感は硬からず柔らかからず、まあ程よい感じ。スープは様々なものが入っていて複雑な味わいですが、結局は魚介系が強い。最後にスープ割りが出来ますが、主張するものがありません。柚子が名脇役です。

次回は中華そばを食べてみるかな。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

恵壱のまぜ麺

本格豚骨ラーメン恵壱(こちら)、初めてお目に掛かる、まぜ麺。コツコツ細麺とモチモチ太麺があります。小(1玉)700円、中(1.5玉)800円、大(2玉)900円。

店に入るとセルフコーナーがあります。
Dc020611
本日のサービス品はゆで卵(日によって、味玉だったり、チャーシューだったり)。他に、辛子高菜、紅しょうが、高菜、キムチ、辛もやし。
Dc020613

細麺で小を選択、プチおいめし、50円を追加。
Dc020615
タレは醤油ベースと豚骨ベースをブレンド。これにコツコツ細麺が絡み、旨い。具材が多く、追い飯が豪華になりました。満足のランチ。次回は、モチモチ太麺にしようかな。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧