ラーメン

2018年3月11日 (日)

鶏塩ラーメン@我馬

四季のラーメン第39作、我馬流招春鶏塩ラーメン。

Dc031113

780円、大盛+100円。鶏と塩のバランスが絶妙、コクがある。
全粒粉を使った麺は細めで風味がいい。
梅ソースが見事なコンビネーション。鶏チャーシューが栄える。

我馬三篠本店(こちら)にて。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 9日 (金)

赤とん@恵壱

本格豚骨ラーメン恵壱(こちら)の新メニュー。白・黒から赤。

Dc030905

恵壱ラーメン赤とん、800円。豚骨スープと辛み油の融合。豚骨の旨さと甘さ、辛みの中でもしっかり主張しています。半辛、1辛、2辛(+30円)、から選択。1辛でいいバランスだと思いました。次は2辛をためしてみよう。タマゴは数量限定のサービスです。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

汁なし担々麺@東海

麺工房東海(こちら)の汁なし担々麺、初めてです。

Dc021512

汁なし担々麺セット、850円。辛さはさほどではありません。ゴマが効いています。なかなかの美味しさだと思います。ご飯を投入しても旨い。麺を大盛りに出来るそうですが、これだけで十分すぎる量でした。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

中華そば「きたぎ」

Dc021403

今月開店したばかり、笠岡ラーメンのお店。「きたぎ」とは、店主の出身地、岡山県の北木島からのようです。 開店当初、その北木島出身で店主の友人でもある千鳥大悟、その関係で、又吉直樹や渡辺直美からの花輪があったそうです。

Dc021402

中華そば(大)、800円。メニューは他に、中華そば(並)、700円、むすび、100円、のみ。笠岡ラーメンは昔、有名店「坂本」、ラーメン司(こちら)で食べたことがあります。まさにその時と見た目が同じです。この鶏肉が特徴、かなり歯応えのある美味しい肉です。麺は本場と違うような気がしないでもありませんが、ムニッとしていてスープに絡みます。スープは見た目ほど醤油が強くなく、ネギと好相性。後半、一味を入れると、引き締まりました。

中区立町5−2、福屋から中の棚の方に入り、最初の三叉路を南へ、すぐ西側。以前、「やまね(こちら)」があったところ。このやまね、ラーメン横丁七福神から立町に移転したのに、また七福神に戻ったという話を聞きましたが・・・・・

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

鉄板チャーハン@麺匠春晴

麺匠春晴緑井店(こちら)。お店に入ると、鉄板チャーハンのポップ。一気に引き込まれました。しかし、これだけでは少ない。でも、ラーメンも食べると多いかも。小ラーメンはないとのこと。で、頑張って、煮干し辛まぜそば、と組み合わせました。

Dc021306

まず、鉄板チャーハン、300円、がやってきました。目の前で玉子をかけ、固まらないうちに食べてくださいとのこと。とろとろ玉子が絡んで絶妙、ハフハフ言いながら美味しく頂きました。

Dc021311

しばらくして、煮干し辛まぜそば、800円、到着。以前、「辛」が入っていない、煮干しまぜそばは食べました。煮干しと鶏の旨さが一緒になっています。それに辛さが加わってさらに美味しく感じましした。ただ、辛さそのものは少し辛いかなという程度、辛さに異様に反応する私の体がほんの少し汗をかくぐらいです。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

みそらーめん@一休

期間限定、鶏そば一休(こちら)の味噌。

Dc020104

みそらーめん、730円。期間限定と書いてありましたが、季節限定でしょう、寒い季節に以前もあったと思います。ただ、味だけではなく見かけも味噌っぽくなり、美味しくなったと言えるでしょう。唐辛子が少し入っているのか、ほんのり汗をかくほど暖まりました。

Dc020101

上が昔のカード、二枚持っていて、一枚が三列目まで埋まっていました。今日それを出したら、新しいカードに替えてもいいか尋ねられました。で、貰ったのが下のカード。どちらが我々には得なのでしょう。それは兎も角、今日の支払いは、カードを交換したので、サービスの餃子を含めて、0円。これも得だったのか。

Dc020105

こちらは反対側。下の新しいものには毎回特典があります。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

カレーラーメン@CoCo壱番屋

カレーハウスCoCo壱番屋が「らーめん専門店」、「麺屋ここいち」を愛知県に作ったそうです。日本の国民食とも言える「らーめん」と「カレー」、カレー専門店がこの二つを融合させたとのこと。CoCo壱番屋でも食べることが出来ます。

Dc013103
うまこくカレーらーめん、702円。2辛+42円。名前の通り、コクがあり旨いラーメンです。麺は細からず太からず、噛み応えはしっかりしてます。2辛はそこそこの辛さです。食べるのには問題ありませんが、結構汗が出るぐらいでした。

カレーらーめんのランチメニューには、濃厚うまこく(810円)、煮たまご(810円)、手仕込とんかつ(939円)、チャーシュー3枚(918円)、チャーシュー5枚(1058円)、さらに、カレー肉そば(907円)というものもあります。麺は、普通麺か太麺がが選べ、麺の量も小盛りか大盛りに出来(+-108円)、辛さは1辛が+21円。以降5辛まで21円ずつ加算、6辛~10辛は5辛と同じ105円ですが、今までに5辛を完食した人に限るとのこと。

Dc013101
安佐南区安東店で頂きました。安佐南区安東一丁目3-27、アストラムライン安東駅と毘沙門台駅の間の北側。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

Balance @海風堂

海風堂(こちら)で、塩Balance、というラーメンを頂きました。

Dc011701

この説明書きの通りです。

Dc011704

多量のモヤシと葱、いいと思います。野菜が多くても水切りがしっかり。麺は細いストレート、半分でも具材が多いので不満はありません。他の野菜、例えばキャベツ、があれば満足度がぐっと上がるでしょう。まあ、野菜価格高騰のときは無理か。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

麺屋元武

Dc011606

中区大手町五丁目4-1、鷹野橋商店街と2号線の間の通り、元安川に近い方、以前、ライオンカレー(こちら)があった所(もっと昔には「みのる」というラーメン屋)。独特のドア(取っ手)がそのカレー屋のまま。去年の6月に開店したお店。似た名前のラーメン店があるが関係なさそうです。

Dc011604

しょうゆラーメン、600円。鶏ガラ豚骨スープ、と書いてありますが、背脂が浮かび結構濃厚で旨い。麺は細め、ツルツルでもなく、ザクザクでもなく、まあ普通。穂先メンマは柔らか。こんもり葱の下に、モヤシとキャベツ、そこそこの量。

他に、うめしおラーメン(600円)、みそラーメン(600円)、さらに、焼き飯やチャーシュー丼、など。開店時とメニューが変わったようです。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

肉麺屋

Dc122613

西区南観音三丁目1-4、空港通り、広島スタジアム入口交差点(2号線高架と交差するところ)の南、観音中学校前交差点の北、西側。道路の向かいに来来亭南観音店があります。今月16日に開店。

Dc122611

肉盛りラーメン、790円。広島赤鶏のスープ、牛脂を隠し味にしているそうです。牛肉の旨みが程よく、美味しいラーメンだと思います。麺も食感よく、ボソボソになる手前で踏ん張っている感じ。肉そのものがちょっと硬いかな。

Dc122608

以下は、ラーメン丘の、の記事に書いたものと同じ:
このお店、スープは「くまごり」のものを使っているようです。「くまごり」は2011年末から2014年の中頃まで、大手町三丁目でラーメン店をやっていました(こちら)。その後、ラーメンスープ卸売業に転身、宇品神田にくまごり直売所という工場を作っています。ニ・三人で一杯になる狭いスペースながら、ラーメンを食べることが出来るようです。行ってみたいと思っています。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧