ラーメン

2019年6月23日 (日)

冷ざる麺@とりの助

今日は暑かったので、店外の幟で宣伝していた、冷たいものを。

Dc062303
サービスの漬け物を食べながら待ちます。

みぞれ冷ざる麺、ざるから揚げセット、830円+税。
Dc062304
お店の宣伝文句:和風の醤油ダレとのどごし抜群の麺、大根おろしのさっぱり感で、夏を感じられる冷ざる麺!
確かにほぼこの通りですが、ツルツルの麺は麺自体の風味が感じられません。ちょっと残念。から揚げをセットにして、+240円、あまりお得感なし。エアコンが効いているので、ラーメンを食べるべきだったかな。

とりの助八木店(こちら)にて。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

ROOM#191

Dc061902

佐伯区湯来町下1081-1、店名の通り、191号線沿いにあります。内も外も洒落ていますが、安佐南区川内にあった、昭和レトロな、かんかん亭(こちら)が三年前に移転したお店です。やっと行くことが出来ました。

Dc061903
左側が入口。

Dc061912
素敵な入口。

Dc061907
入って右側(写真の左)には、手作りと思われるものの販売(未確認)。

Dc061906
昔のかんかん亭とは全く違います。

Dc061905
このカウンター席で頂きました。

Dc061908
ラーメン定食、880円+税。地元の野菜だそうです。
Dc061911
目指したラーメンのアップ。久し振りに超旨かった。

マスター(主)は不在でお会い出来ず残念でしたが、素敵なグレイヘアーのマダム(奥様)とはゆっくりお話をすることが出来ました。我が家から車で40分ぐらい、また行こう。

Kitchen And Cafe ROOM#191(ルームナンバー イチキュウイチ)、
フェイスブックはこちら

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

冷やかけ中華そば@我馬

四季のラーメン第四拾二作「冷やかけ中華そば」、780円。

Dc061701

かつおと昆布の旨みが穏やかに融合したさっぱりした味のスープ、そのスープに絡む平打ちの太麺、薄いがしっかり肉の味わいがある肩ロースのチャーシュー、歯応えのいい程よく味の付いたメンマ、海苔の手前に薄味のほうれん草のおひたし(色が重なっているのが残念、ナルトとほうれん草の位置を入れ替えた方がいいのでは?)、丼まで冷え冷えのラーメン、これからの季節にピッタリ。また食べに行こう。

我馬三篠本店(こちら)にて。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

燃麺@麻辣小麺

麻辣小麺(こちら)で、燃麺(もえめん)、800円。

Dc061101

(四川省の宜賓地区で特色のある伝統的な麺)という補足説明。ですが、具体的にどのようなものかは判らず。手書きで(汁なし担々麺)とも書いてあります。これで判ります。
何より麺が美味しい。肉味噌も程よい辛さ、ナッツがポリポリといい感じ、ザーサイはコリコリ。これは旨い。
まだまだ色々な麺があります。次は何にしようかな。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

横綱家<紙屋町店>

Dc052111

袋町の家系ラーメン横綱家(こちら)、3月に2号店を出しました。中区大手町一丁目1-10、エディオン本店の南の通り、少し西。写真の左、少し下がってい行くところには、鍋焼きラーメンひさし<紙屋町店>(こちら)がありました。横綱家はこの後に出来たと思い込んで入ってみたらラーメンがありません、右の階段を上がった二階だったのです。

Dc052108

キャベツラーメン、900円。キャベツがたくさんトッピングされていますが、基本は濃厚豚骨の横綱家のラーメンです。変わらず美味。まず、味の濃さ、麺の固さ、油の量、の好みを聞かれます。私は三つとも普通。ご飯はサービス、麺大盛りも無料なのですがご飯があるので遠慮しました。お勧めのご飯の食べ方が掲示されています。海苔(大きいものが三枚)をラーメンスープに浸しご飯を巻いて食べる、スープをご飯にかけて食べる、その通りにして美味しく頂きました。久し振りの旨いらーめん、満足のランチ。

Dc052110

こう書いてある箱が置いてありました。有名製麺所です。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年5月15日 (水)

汁なし担々麺@麺屋彩蓮

ランチは、麺屋彩蓮(こちら)。

Dc051506

これを見たら、汁なし担々麺でしょう。メニューを見ると、<新味>甜醤(てんじゃん)汁なし担々麺、580円+税、というものがあります。香辛料を加えた甘辛醤油ダレに、中華黒酢を合わせた甘辛くて酸味の効いた汁なし担々麺、という説明。普通のもの(同料金)も食べたことがないので、悩みましたが、エイヤッと新味を注文。

Dc051510

酸味はそれほどではありませんが、味わいがマイルドで食べやすい。彩蓮オリジナル山椒が添えられていましたが、全体的バランスがよかったので追加しませんでした。機会があったら、普通の汁なし担々麺を食べてみようと思います。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

麻辣小麺

Dc051004

4月18日に開店したばかりのお店。店名から判るように、中国の色々な麺料理があり、選ぶのに困ります。店員さんに聞いて、牛肉麵、880円、をチョイス。

Dc051009

麺を引っ張り出して撮影。メニューには、牛すね肉煮込み入りラーメン、との解説。軟らかい肉が結構入っています。他には、写真では判り難いと思いますが、右寄りに見えている白く細長いもの、ザーサイです。この切り方でもコリコリしていいアクセント。さらに散りばめられたピーナッツ、いい食感を出しています。麺はちょっと柔らかめ、スープに負けている感じがしないでもありませんが、全体としてはまとまった美味しい一杯と言えるでしょう。

Dc051002
カウンター6席、テーブルも6つ位、30人は入れそうな広いお店です。
Dc051003

食べてみたい麺料理がたくさん、次はまず汁なし担担麺かな。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

焼きつけ麺@ふじ☆もとBROTHERS

Dc050701

店名から判るように、西区新庄町「ふじもと(こちら)」の店主の弟がやっているお店です。この人、一時期、大芝公園の向かいで、「海と大地」というお店を開いていました。

Dc050703

メニューはこれだけ、焼きつけ麺オリジナル(並)、800円、をオーダー。因みに、大盛も同料金です。

Dc050705

店内、カウンター6席だけ。この板が置いてあるのは・・・

Dc050707

料理が調理に使ったフライパンのまま提供されます。フライパンの中は塩焼きソバです。目の前の紙に、そのまま食べるとスープの香りが味わえ、さらにダシを少しずつつけると味の変化が楽しめる、と書いてあります。その上テーブルには、生ニンニク、ブラックペッパー、花椒、唐辛子+ハバネロ10%、SALT、お好みソース、が置いてあります。ブラックペッパー、花椒、唐辛子+ハバネロ、を試しましたが、どれもよく合いました。そのまま食べてもいいものに色々付け足す、まあ面白いといえば面白い。

Dc050709

最後に、残ったダシにご飯を投入、結構いけます。

Dc050711

中区千田町三丁目10-3、御幸橋から電車通りを北へ250メートル位、西側、MAX VALUE の向かい。隣の一味はラーメンの名店です(こちら)。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

カレーまぜそば@鶏そば一休

鶏そば一休(こちら)でランチ。

カレーまぜそば、820円+税。
Dc043002
玉葱、筍、モヤシなど、野菜たっぷり、いい食感。左に黒く写っているのは刻み海苔。カレータレは下に隠れていて、程よい辛さ、太めの麺との相性よし。美味しく頂きました。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

博多食堂のぼせもん

Dc042611

この19日に開店したばかりのお店。のぼせもん、は夢中になる人ぐらいの意味? 昔九州に住んでいた時は、お調子者という意味でも使っていたような?

Dc042606t

お昼過ぎ、大盛況。王貞治さんからの花!

Dc042610

メニューのトップ、博多中華ソバ(中州ブラック)、700円+税。中洲の老舗中華ソバ屋の看板メニューだそうです。優しい醤油味、麺は柔らかめ、部厚いチャーシュー二枚、同じぐらいの大きさのシナチク二つ、後半唐辛子を振りかけると更に美味しくなりました。

ランチメニューは他に、博多ちゃんぽん(800円)、中州とんこつラーメン(700円)、博多皿うどん(800円)、博多もつニラソバ(900円)、のぼせもん激辛麺(800円)、博多一口焼き餃子(350円)、博多ブリ餃子(400円)、中州黒チャーハン(500円)、黒半チャーハン(280円)、白ごはん(100円)。メニューの最初に、創業昭和29年 博多・中洲ホウテン食堂の味、と書いてあります。

Dc042608

Dc042613
お店は東南角。

食べてみたいメニューがたくさん、また行こう。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

*****

また行って、博多ちゃんぽん、を食べました(こちら)。
三回目、中洲黒チャーハンと餃子を食べました(こちら)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧