県外のお菓子

2018年6月12日 (火)

ネオクラシッククローバーの石畳

Dc060516

ネオクラシッククローバー、は長崎のお菓子屋さん。江戸時代創業の団子屋「清水茶屋」から連綿と続いているとのこと。途中、六本木クローバーという名前になったりして、時代に応じて進化して、現在、雲仙市の本店以外に、諫早市や長崎市にも店舗を構えています。

Dc060518

このお菓子がメディアに取り上げられ、大ブレイク。先日、そごう広島店の大九州物産展で購入しました。

Dc060519

バニラスポンジ、チョコレートスポンジ、生クリーム、ミルクチョコレートのガーナッシュ、の4層を二段重ね。これは美味しい、とても美味しい。1500円ぐらいでしたが、また出店したら必ず買いに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

「ひなたまこっこ」のお菓子

「ひなたまこっこ」は熊本市南区のサン・ファームというタマゴ屋さん直営のお店。安全新鮮なタマゴを使った美味しいお菓子を作っています。

Dc050505
かすていら、産みたてタマゴをたっぷり使用。
Dc050507
なめらかシットリ、ふっくら美味しい。

Dc050516
おっぱいチーズふるふる。雛から大切に育て上げた母鶏の極上タマゴと北海道クリームチーズ。スフレタイプのチーズケーキです。
Dc050518
口の中でフワッととろけます。

熊本の孫一家が持ってきてくれました。他にも色々お菓子があるようです。お店ではタマゴを使ったランチが人気とのこと、行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

ひよ子のピィナンシェ

Dc022507

つい「フィナンシェ」と読んでしまいそうですが、ピイピイひよ子の「ピィナンシェ」です。博多名菓ひよ子、がフィナンシェを作りました。

Dc022509

私、ひよ子も好きですが、これもなかなかです。シットリ、柔らか、ふんわり、ほんのり甘いミルク風味。

頂き物、一緒に貰ったのは・・・

Dc022506

Dc022505

美味しく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

お菓子の壽城

島根・鳥取への旅、その6。

Dc112658

お菓子の壽城は、1993年、米子城をモデルに築城された、お菓子のテーマパークです、というのはちょっとオーバーかもしれません。

Dc112659

要するに、寿製菓のお菓子を売っているところです。この寿製菓から持ち株会社寿スピリッツが生まれ、多くの会社が寿スピリッツグループに入っています。このブログにも何度か書きましたが、貰ったお菓子を調べているとこの寿スピリッツに行き着くことがありました。有名なところでは、ルタオ、九十九島せんぺい。食べ物に関する業界は裏で繋がっていることがよくありますね。

Dc112660

お城の上の方に上がると、大山が見えます。

Dc112662

右の方には蒜山が見えているはずですが、よく判りません。

Dc1126193

寿製菓のお菓子では「因幡の白兎」が有名ですが、このお城では「とち餅」が一番人気とのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

てづくりどうぶつえん

Dc122403
伯母ちゃんから甥(私の孫)への名古屋土産。

Dc122443
上左から、象、虎、狸、カッパ、あひる。
下左から、豚、パンダ、リス、ひよこ、ラッコ。

可愛いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

あんトースト最中

Dc122602

名古屋土産の頂き物。

Dc122603

菓匠花桔梗は名古屋、ですが、製造は石川県と書いてあります。

Dc010201

最中といってもトーストなので・・・

Dc010203

のっけて食べます。餡が多量に余ったので・・・

Dc010202

本物のトーストに使いました。美味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月28日 (木)

博多土産など

大相撲九州場所1泊2日ツアー、その9、ラスト。

相撲観戦が終わって博多駅へ。暫しの自由時間。

Dc1121150
まず探したのが、辛子明太子の椒房庵、本店はこちら

Dc112210
有名なものではこのようなもの、など。

Dc1121138
翌日の朝食のパンを求めて、駅構内の二軒をまわり、ここで購入。

Dc1121151
JR九州とマーメイドがやっているパン屋だそうです。

Dc112201
まろやかプリンパン、280円。大宣伝してました。
Dc112202
ブリオッシュ生地、プリンクリーム、カラメルソース。

*****

これでこのシリーズ終わりです。
報告が長期にわたりトビトビニなりましたが、
さーたんの独り言本家(こちら)の trip 温泉に、
この旅行のブログ記事へのリンクをまとめております。

*****

この後に鳥取への旅行もあったのですが、報告は来年です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

山口土産

下関に行きました、その7、ラスト。

夏みかんは山口県長門市が発祥の地、江戸中期黒潮に乗って種が南方から漂着し育てられ、その時の原木が残っていて(ただし根のみで、接ぎ木されたもの)、天然記念物だそうです。

Dc101067
長門市、やまぐち寶楽庵、の作。
Dc101116
夏みかんもチーズも穏やかで、食べやすい。
Dc101117

Dc101068
夏みかんは、萩の方が有名かも。萩市、たけなか、の作。
Dc102409
夏みかんの中味をくりぬき皮を砂糖漬けにし、中に夏みかんを使った羊羹を詰めたもの。手間がかかるため結構いいお値段。美味、だと思います。

*****

一泊二日の旅行、430キロちょっとでした。
Dc101066

*****

トビトビニなった、ブログ「下関に行きました」、へのリンク。

山口のお酒  長府庭園  串崎城  豊功神社  

下関市立歴史博物館  維新ダイニング「十楽」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

半熟生クリームショコラ

Dc102210

そごう広島店、北海道の物産と観光展(10月19日~31日)にて購入。6個入り、810円。札幌にある、ミセスニューヨークのお菓子。

Dc102217

お店の宣伝文句:北海道の雪どけを想わせる、半熟感と半熟食感が美味しさの秘密。新鮮なフレッシュ生クリームを良質なチョコレートで包み込んだクリームショコラです。会場を歩き回り、まだ食べたことのないものを探しました。本当に雪解けを思わせるフワフワの生クリーム、口の中でチョコと一緒にとろけます。超美味です。ホワイトショコラもありました。また買いに行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

N.Y.C.SAND & 本実堂サンド

娘夫婦の東京土産。

Dc092815

ニューヨーク キャラメル サンド。

Dc092818

生クリーム・黒糖でとろとろに炊き上げたキャラメルをクーベルチュールチョコレートで包み込み、バターたっぷりの香ばしいクッキー生地でサンド。サクサクのクッキーとトローリ蕩けるキャラメル、美味です。

Dc092824

あの「ごまたまご」を作った東京菓子本舗の新ブランド。
大丸東京店と羽田空港で販売。

*****

Dc092814

本実堂サンド。

Dc092822

淡く優しい食感の淡雪(卵白を泡立てて作る)を、二枚のラング・ド・シャではさんだもの。ラング・ド・シャは抹茶ときな粉の二種類。和の泡雪と洋のラング・ド・シャ、不思議なハーモニーです。

Dc100109

仙台銘菓「萩の月」で有名な菓匠三全の作。今春オープンした、GINZA SIX(ギンザシックス)内の本実堂にて販売。

| | コメント (0) | トラックバック (0)