県外のお菓子

2018年9月19日 (水)

木の実のフルーツケーキ

Dc091015_2

石原農園 ~素材研究工房「長靴をはいた熊」~。
熊本県阿蘇の麓で小麦を作り、自家製の小麦・熊本県産食材を使って美味しいお菓子づくりを研究している会社の製品。

Dc091017

670円+税。450g、18cm×10cm、ぐらい。
カシューナッツ、くるみ、スライスアーモンド、パンプキンシード、レーズンなどのドライフルーツが入ったパウンドケーキ。

Dc091018

地元では人気のお菓子のようです。天満屋緑井店、各地の有名お菓子を売っているコーナーにありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

梅肉風味「暑気ばらい」

Dc071432

関東在住の友人からの頂き物。

Dc071431

鳩サブレで有名な、鎌倉の豊島屋の作。

Dc072202

金玉糖(キンギョクトウ)とは、寒天・水・砂糖・水あめを煮詰めたものを冷やして固め、ざらめ砂糖をまぶした涼味のある和菓子、のこと。

Dc072209

梅の風味が個性的なお菓子です。私の大好きな味わいで美味しく頂きましたが、好みが分かれるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月25日 (水)

夏の涼味

熊本からの頂き物
Dc071129
晩柑ジェリー天水。玉名市天水町、ななみかん工房の作。
Dc071809
晩柑の皮を器にしています。爽やかな酸味!

愛媛からの頂き物。
Dc071425
愛媛県北宇和郡鬼北町の高田商店作。
ゆずゼリーもゆずドリンクも、上品な柚子の風味、スッキリします。

どちらも暑い夏にピッタリ、美味しく味わっているところです。感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

粟餅所・澤屋

大阪・京都・滋賀に行きました、2018、その8。

Dc061183

北野天満宮前にある粟餅専門店、天和2(1682)年創業。

Dc0611127

こしあん、きなこ、の二種類。

Dc061182

程よい甘さの美味なるお菓子です。

京都市上京区紙屋川町838-7、北野天満宮一の鳥居の少し西。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の trip 温泉に
ブログ「大阪・京都・滋賀に行きました、2018」、へのリンクあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木)

熊本果実のゼリー

Dc061315

熊本からゼリーが送られてきました。美味しい果物が入っています。

Dc061501
芦北のデコポンゼリー。どうやって食べてもデコポンは旨い。

Dc061718
甘夏。果物が見えないのでかきまぜてみました。
Dc063002
仄かに酸味があって美味です。

Dc062407
荒尾の新高なしゼリー。穏やかな甘さ。

どれも果物の美味しさを生かしたゼリーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

ネオクラシッククローバーの石畳

Dc060516

ネオクラシッククローバー、は長崎のお菓子屋さん。江戸時代創業の団子屋「清水茶屋」から連綿と続いているとのこと。途中、六本木クローバーという名前になったりして、時代に応じて進化して、現在、雲仙市の本店以外に、諫早市や長崎市にも店舗を構えています。

Dc060518

このお菓子がメディアに取り上げられ、大ブレイク。先日、そごう広島店の大九州物産展で購入しました。

Dc060519

バニラスポンジ、チョコレートスポンジ、生クリーム、ミルクチョコレートのガーナッシュ、の4層を二段重ね。これは美味しい、とても美味しい。1500円ぐらいでしたが、また出店したら必ず買いに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

「ひなたまこっこ」のお菓子

「ひなたまこっこ」は熊本市南区のサン・ファームというタマゴ屋さん直営のお店。安全新鮮なタマゴを使った美味しいお菓子を作っています。

Dc050505
かすていら、産みたてタマゴをたっぷり使用。
Dc050507
なめらかシットリ、ふっくら美味しい。

Dc050516
おっぱいチーズふるふる。雛から大切に育て上げた母鶏の極上タマゴと北海道クリームチーズ。スフレタイプのチーズケーキです。
Dc050518
口の中でフワッととろけます。

熊本の孫一家が持ってきてくれました。他にも色々お菓子があるようです。お店ではタマゴを使ったランチが人気とのこと、行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

ひよ子のピィナンシェ

Dc022507

つい「フィナンシェ」と読んでしまいそうですが、ピイピイひよ子の「ピィナンシェ」です。博多名菓ひよ子、がフィナンシェを作りました。

Dc022509

私、ひよ子も好きですが、これもなかなかです。シットリ、柔らか、ふんわり、ほんのり甘いミルク風味。

頂き物、一緒に貰ったのは・・・

Dc022506

Dc022505

美味しく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

お菓子の壽城

島根・鳥取への旅、その6。

Dc112658

お菓子の壽城は、1993年、米子城をモデルに築城された、お菓子のテーマパークです、というのはちょっとオーバーかもしれません。

Dc112659

要するに、寿製菓のお菓子を売っているところです。この寿製菓から持ち株会社寿スピリッツが生まれ、多くの会社が寿スピリッツグループに入っています。このブログにも何度か書きましたが、貰ったお菓子を調べているとこの寿スピリッツに行き着くことがありました。有名なところでは、ルタオ、九十九島せんぺい。食べ物に関する業界は裏で繋がっていることがよくありますね。

Dc112660

お城の上の方に上がると、大山が見えます。

Dc112662

右の方には蒜山が見えているはずですが、よく判りません。

Dc1126193

寿製菓のお菓子では「因幡の白兎」が有名ですが、このお城では「とち餅」が一番人気とのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

てづくりどうぶつえん

Dc122403
伯母ちゃんから甥(私の孫)への名古屋土産。

Dc122443
上左から、象、虎、狸、カッパ、あひる。
下左から、豚、パンダ、リス、ひよこ、ラッコ。

可愛いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)