チーズ

2019年10月13日 (日)

雪印のベビーチーズ

Dc101330
雪印メグミルクのベビーチーズ。
Dc100702
シットリ柔らか、食べやすい。

Dc101007
ベビーチーズ「うまみ」。
Dc101008
適度な旨味、とろける食感。

Dc101329
ベビーチーズ「わさび」。
Dc100701
山葵色を想像したが、色的には普通。
味は当然ほんのり山葵。これは酒のつまみにいいかも。

最近朝食にはこのようなチーズを食べています。
ベビーチーズの中では、雪印が一番だと思います。

| | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

欧グルマンのチーズ

Dc090115
欧グルマン(こちら)のチーズ、娘婿が博多から買ってきてくれました。
右上から反時計回りに・・

Dc091601
レッドチェダー。セミハード、ニュージーランド。

Dc091301
コンテ6ヶ月。ハード、フランス。

Dc091501
ゴーダ。セミハード、オランダ。

Dc090606
ブリー。白カビ、フランス。

Dc090201
ゴルゴンゾーラ。青カビ、イタリア。

Dc090401
サンタンドレ。白カビ、フランス。

Dc090311
ピエダングロワ。ウォッシュ、フランス。

Dc091006
クリームラム。シンガポール。

Dc090802
スモークプレーン。オランダ。

どれもそれぞれに美味しい。一番は、ピエダングロワ。
楽しませていただきました。ご馳走様、そして、感謝。

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

明治 北海道 十勝 スマートチーズ 和風だし

Dc042801
コハク酸の「ほたて」。

Dc043011
イノシン酸の「かつお」、グルタミン酸の「昆布」。

チーズの旨味成分はグルタミン酸。和の旨味とチーズの旨味の融合。
和食にも洋食にも合います、そして、日本酒にピッタリです。

| | コメント (0)

2019年8月 4日 (日)

カマンベール パストリゼ

Dc072903

カマンベールは、ノルマンディの小村カマンベールで最初に作られた。

Dc072904

内袋には、大きくノルマンディー産とある。

Dc080401

パストリゼ、とは低温殺菌されたという意味。AOC認定のカマンベールは無殺菌乳を使う。

Dc072907

マイルドで、クリーミー、食べやすいチーズです。

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

「プレミアム」ベビーチーズ

Dc063012

ベビーチーズのプレミアム、やっと発見。

熟成カマンベール入り。
Dc070201

柔らかく、仄かにカマンベールの風味。

ゴルゴンゾーラ入り。
Dc070407
少しゴルゴンゾーラが入っているようです。

贅沢アーモンド。
Dc070306
アーモンドたっぷり。

プレミアム、というだけあり、ちょっと旨い。
値段は、普通のものが200円程度、これらは+20円位。
食べやすく手軽でいいですね。

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

QBB ベビーチーズ(その2)

QBB ベビーチーズ(こちら)の続編。

Dc052402
クリームチーズ入り。

Dc060103
スモーク味。

Dc060501
チーズ DE 鉄分。

Dc060605
チーズ DE カルシウム。

Dc061001
サラミ入り。

色々あるものです。
個人的には、スモーク味とサラミが気に入りました。

プレミアムが三種類あるようですが、見つけること出来ず。
彼方此方探してみましょう。

| | コメント (0)

2019年5月16日 (木)

QBB ベビーチーズ

最近、このようなチーズも食べています。

Dc040601

Dc041301

Dc041901

Dc040602

Dc040603

QBBベビーチーズは、日本でベビーチーズのシェアNO1とのこと。神戸にある、六甲バター(株)の製品です。世界で初めてスティクチーズを、日本で初めてスライスチーズを生産した会社。QBBは、Quality's Best & Beautiful、の頭文字を組み合わせた造語。最高の品質と最高の美味しさ、を意味しているそうです。

全部で9種類、更に、プレミアも3種類、探してみよう。

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

6Pチーズ@KRAFT

最近、チーズ専門店に行くこともなく、近くで手に入りやすいものを食べてます。

チェダーチーズ。
Dc012607
チェダーチーズ100%使用。コクがあります。

モッツァレラチーズ。
Dc021508
モッツァレラチーズ65%以上使用。柔らか、食べやすい。

カマンベール入り。
Dc021704
カマンベール6%以上使用、なので、「入り」です。クリーミー。

どれも、希望小売価格320円+税。

KRAFTはアメリカの会社、日本での商品展開は森永乳業。
プロセスチーズを最初に作ったのはKRAFTのようです、このことに関して調べると面白いかも。

スーパーのチーズ売り場に行くと、種類の豊富さに驚きます。
結構楽しめそうです。

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

6Pチーズ@雪印

Dc020803
昔からあるもの。1954(昭和29)年発売とのこと。

Dc121404
ゴーダチーズ配合、確かにコクと旨みがあります。

Dc031104
カマンベールが少し入って柔らかでクリーミー。

もう一つ、塩分15%カットという製品がありますが、未食。

最近は近くのスーパーで手に入るプロセスチーズばかりです。

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

ジェラールのカマンベールチーズ

Dc011108

ジェラールは、19世紀末創業のフランスのチーズ業者。20世紀後半から、世界各国にチーズを提供、日本でも手に入りやすいものです。

Dc011502

ナチュラルチーズでありながら保存性にすぐれ、パッケージを開けた時が食べごろのロングライフタイプです。

Dc011504

フランスのシャンパーニュ地方で作られたもの。まろやかな味わい、クリーミー且つコクもあり、カマンベールらしい味わいを楽しむことが出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)