パン

2020年1月25日 (土)

ヤマザキの薄皮ミニパン(その27)

2020年1月1日発売、1月のNEWアイテム。

薄皮コーヒークリームパン(キリマンジャロコーヒークリーム使用) 
Dc010701
メーカーの説明:薄皮生地でキリマンジャロコーヒーを使用したコーヒークリームを包みました。ほろ苦くて香ばしい味わいをお楽しみいただけます。
Dc010702
コーヒークリームを使ったパンは初、いい風味です。

2020年1月1日発売ですが、NEWアイテムとは書いてません。今年から表現方法を見直したのでしょう。

薄皮ふじりんご入りカスタードクリームパン
Dc012503 
メーカーの説明:ふじりんごのシロップ漬けとカスタードクリームを包みました。カスタードの甘さとともにりんごのジューシーでシャキシャキの食感をお楽しみいただけます。
Dc012504 
過去何回か登場、リンゴがいい食感で美味です。

*****

ひょんなことからこのパンの存在を知って、以来嵌まりました。NEWアイテムは勿論、定番もちょくちょく食べています。その「ひょんなこと」&これまでに食べた薄皮ミニパン、へのリンクは<こちら>。

| | コメント (0)

2020年1月24日 (金)

ねこねこ食パン(チョコ)

Dc012403

ねこねこ食パン(こちら)、二回目。今回は「チョコ」734円。前回もチョコを買ったのですが、ブラックフライデーの特別版で、生地もチョコ。今回は普通のチョコ。

Dc012405

かなりチョコが入っていて、チョコ好きには嬉しい。しかし、パンそのものの美味しさを感じにくいともいえる。まあ、好みの問題でしょう。

もう二種類、小豆とチーズがあります。次の機会に。

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

グテのパンたち(その22)

久し振り、グテ(こちら)の記事です。リンク先にも書いているように、同じようなパンを買っているので、記事にするものがありません。ごく少数ですが記事に書いてないものを。

Dc052903_20200113221101
ウインナーロール、240円+税。
Dc052904_20200113215401 
柔らかパンとウインナー、よく合います。

Dc052902_20200113215401
ミルフィーユ、230円+税。パンを使ったケーキです。

Dc052907
グテ、90円+税。
Dc052908 
これはいろいろなバリエーションが出ています。

サンドイッチBOX、470円+税。
Dc091905
大変お得なセット。
Dc052901_20200113215401
同じ組み合わせはまずありません。
Dc111601_20200113215401
甘いパンが入っているのが、いいようなよくないような。
Dc102114

グテにはまだまだお世話になるでしょう。

| | コメント (0)

2020年1月 3日 (金)

アンデルセン広島

Dc010204

中区紙屋町二丁目2-2、紙屋町交差点から少し南、西側。1967年来の店舗が建て替え工事のため、2016年からの仮店舗、もとのお店は2020年夏リニューアルオープン予定。

Dc010203

昨日5階デンマークルームで会合、帰りに1階でパンを購入。

Dc010212
アンデルセンイギリス、313円。
Dc010302

Dc010213
石窯食パン、237円。
Dc010214
お正月らしい焼き印。
Dc010301

Dc010211
くるみパン、540円。
Dc010304

Dc010210
ヴィエノワ、259円。
Dc010305
viennois 仏語でウィーン(風)の、という意味。ウィーンからフランスへ伝わったもの。いろいろな食べ方出来る朝食向きのパンです。

お正月から美味しいパンを食べることができました。

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

食パン専門店「ル・ミトロン食パン」

Dc122412

食パン専門店「ル・ミトロン食パン」広島中央店。2013年創業、横浜の「ル・ミトロン」というパン屋の兄弟店として、2018年に開業。ただいま全国展開中で広島は7番目、この11月半ばに開店。mitron(ミトロン)はフランス語、手元の辞書には、パン(菓子)屋の見習い職人、と出ています。お店で聞くと、パン小僧、というニュアンス、創業者がフランスの mitron というパン屋で修行したとのことでした。

Dc122426
shokupan(食パン)、300円+税。
Dc122601
このままでも美味しい。
Dc122637
焼いてもサクサクで、バターに合う。

Dc122429
pain de mie(パン・ド・ミ/山形食パン)、320円+税。
Dc122603
所謂パン・ド・ミよりは柔らか。
Dc122604
焼いてトーストの方が旨い。

最近はやりのフワフワで甘いものより、小麦の旨さを出しています。

この二種類以外に・・
Dc122419
クリックで拡大します。

Dc122418

食パン道(こちら)があった所です。
食パン専門店の撤退(閉店)は初めてでは?
そろそろ飽和状態か?

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

ヤマザキの薄皮ミニパン(その26)

11月のNEWアイテム。

薄皮プリン風味クリームパン
Dc110204
メーカーの説明:プリンの味わいをイメージした薄皮ミニパンです。プリン風味のカスタードクリームとほろ苦いカラメルクリームの2つのおいしさを包みました。
Dc110205
これも最近よくある、以前あったものの復活のようです。

*****

12月のNEWアイテム。

薄皮レアチーズ風味クリームパン
Dc120825
メーカーの説明:薄皮生地でレアチーズ風味のクリームを包みました。しっとりなめらかな口当たりで、チーズの風味とさわやかな酸味をお楽しみいただけます。
Dc120827
以前同じと思われるものがありましたが、今回何故か「風味」を挿入。

薄皮あまおう苺ジャム&練乳クリームパン
Dc120824
メーカーの説明:さわやかな酸味が特徴の苺ジャムとほど良い甘さの練乳クリームを包みました。相性の良い練乳クリームと組み合わせることで苺の甘酸っぱい風味を引き立たせました。
Dc120826
これ又以前同じものがありました。

*****

NEWアイテムとはいいながら最近は復刻版ばかり。長く作っているので、ネタ切れなのでしょう。本当の新製品が出るまで、記事にするのはやめようかな。

*****

ひょんなことからこのパンの存在を知って、以来嵌まりました。NEWアイテムは勿論、定番もちょくちょく食べています。その「ひょんなこと」&これまでに食べた薄皮ミニパン、へのリンクは<こちら>。

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

クリームチーズ@一本堂

一本堂高陽店(こちら)にて、12月の食パン。

Dc120503
クリームチーズ食パン、380円。
Dc120505
クリームチーズが練り込んであります。見た目では判らず。
Dc120507
焼くと多少風味は落ちるが、食感はよくなります。

大町店がない頃はよく行っていました。
我が家から、慣れればそう遠くはない距離です。
新製品が多いのでちょくちょく行くでしょう。

| | コメント (0)

2019年12月 3日 (火)

銀座 に志かわ 広島駅前店

Dc120216

12月1日オープン、2日に買いに行きました。先月21日12時から電話予約開始、掛け続けて、繋がったのは夕方、1日の予約可能時間が遅かったので、2日の1時に取りに行くことに。

Dc120214
ちょうどホームテレビの「みみよりライブ 5up」の取材中。ダメモトで聞いたら、写真を撮ってもいいとのこと、12月10日放送予定だそうです。

Dc120222

水にこだわる高級食パン、800円+税。こだわっている水はアルカリイオン水。その為かどうか、フワフワ柔らかい感触です。

Dc120225

「おいしく食べる作法」に、生で何もつけずに、と書いてあります。また、和総菜とよく合います、夜の食パンもおすすめです、とあるので、早速夕食に食べました。シットリ食感、仄かな甘さ、噛むとモッチリ。バター、生クリームは勿論、はちみつも入っているようです。おいしい。

Dc120309

二日目は軽くトースト。パリッとなりました。香りは少し弱くなりますが、これはこれで美味。

Dc120219

2018年9月13日1号店がオープンパン、3年で111店舗を目指し、すごい勢いで全国展開中、広島が40店舗目です。

パンを入れる紙袋は見た目どこも似たり寄ったりですが、ここのお店は底に厚紙があり、パンを入れるビニールが大きくて扱いやすい。持ち運ぶ間に変形しないようにという思いやりもあるのでしょう。電話予約できるのが便利、また買いに行こう。

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

きなこ@一本堂

一本堂大町店が遠くへ移転、久し振りに高陽店(こちら)へ。

Dc113014
きなこ、380円。期間限定、初めてです。

Dc120101
きなこ色、風味も勿論きなこ。

Dc120102
トーストするといい色に。

Dc120103
バターとも合います。

気に入ったのですが、今月の食パン、昨日購入、11月でした。

*****

Dc113016
イギリス食パン、360円。ここで買うのは初めて。

Dc120107
ハード系ですが、まあ穏やかな方です。

*****

大町店なき今、時には高陽店に行こうと思います。

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

考えた人すごいわ

Dc112718

食べたかった高級食パン、遂に手に入れました。
なんともユニークな店名、とてもパン屋とは思えません。
以前デパートの催事で売っていましたが、購入できず。
なかなか買える日は巡ってこないだろうと思っていたら・・

Dc112801

何と、四番目の店舗が広島に。

Dc112714

昨日、そろそろ落ち着いたかと思い行ってみました。
12時過ぎに、2時からの整理券をゲット。

Dc112806

fabuleur は、架空の、本当とは思えない、嘘みたいな、途方もない。
createur は、創案者、製造元、独創的な芸術家。
Il est は英語の、He is / It is 、He (It) は ce createur を指している?
と思いますが、パンではなく製造者を自画自賛する宣伝文句なのか?

上の左側:
Dc112808

同じく右側:
Dc112809

Dc112721
魂仕込(こんじこみ)、800円+税。
Dc112723
先ずは仰せの通りそのまま食べます。フワフワほんのり甘い。
Dc112803
次の日は軽くトースト。柔らかさはそのまま。
Dc112805
バターを塗りましたが、あまり変化無し。

Dc112810

購入は、朝から配布される、引き渡し券(開店~)、整理券(午後)を持っている人優先。18時からの販売は先着順。なお、今週から電話予約を始めたとのこと。来月、近くにオープンする同業者の「に志かわ」が電話予約をやっているからではないでしょうか。詳細はホームページに出ています。

で、結局、私が食べた食パン専門店を比較すると、<乃が美(こちら)、一本堂(こちら)、キューブ・ザ・ベーカリー(こちら)、食パン道(こちら)、ねこねこ食パン(こちら)、考えた人すごいわ>、どれも美味しい、結局は好みになるのかな。まだ食べていないのが、五日市の「季のわ」、先ほど書いた「に志かわ」。こちらは電話で予約済み、近いうちに報告します。「季のわ」は物好きな私でも購入のハードルが高いようです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧