パン

2019年4月22日 (月)

ベーコンちーず・ごま@一本堂

一本堂広島高陽店(こちら)、に新商品がありました。

Dc042109
ベーコンちーず食パン、お値段チョット高くて、600円。
Dc042114
チーズもベーコンもたっぷり。
Dc042201_1
サクサクでいい香り。

Dc042110
ごま食パン、380円。
Dc042113
ゴマたくさん、ゴマ風味ほんのり。
Dc042203_1
チーズを塗ったら、チーズ風味に。プツプツ食感よし。

サンドイッチ用に切れるのはこれだけでした。以前も紹介した、
Dc042104
乳酸菌入り食パン、340円。10枚切り。
Dc042127_1
買ってきてすぐ食べると、一層美味しい。

高陽店、よく新商品を作っています、また買いに行こう。

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

トミーズ「あん食」

Dc041103

トミーズは、1977年、パンの激戦区・神戸で創業、以来40年以上神戸の人に愛されているパン屋だそうです。4店舗あり、東灘区の「魚崎本店」、神戸の中心・三宮に「三宮店」と「三宮東店」、隣の灘区に「六甲道店」。

Dc041104
北海道産小豆の粒あんを、生クリームが入っているクリーミーなパン生地に混ぜ合わせた食パンです。そのまま食べても美味しい。

Dc041105
こんがりトーストすると、外側はカリッ、中はモチっとする食感を楽しむことが出来ます。

Dc041201
バターを塗ると、あんバター風になります。

天満屋緑井店の、春の諸国うまいもの味くらべ(4月10日~15日)にて購入。あん食は10日のみの販売、限定60袋。一時間ほどで売り切れだったようです。天満屋緑井店での販売は多分初めて、そごう広島店では原則、第2と第4の土曜日・日曜日に売っています。

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

シニア向きの菓子パン@タカキ

パン好きのシニアの方に向けてとびきりのおいしさを楽しむ菓子パンシリーズ、というものが4月1日にタカキベーカリーから発売されました。

Dc040906
生地よりも餡が多いつぶあんぱん
Dc040911
メーカーの説明:旨みと香りが高い北海道十勝産(生産者限定)のこだわりの小豆を使用。丁寧に炊き上げたつぶあんを、口どけのよい生地で包み込みました。生地より餡が多いので、こだわりのつぶあんの味を存分にお楽しみいただけます。メーカ希望小売価格(税込)、149円。
Dc040912
生地より餡が多いか?

Dc040905
たまご味が濃い昔ながらのクリームパン
Dc040909
メーカーの説明:昔ながらの濃い卵味のクリームを使用したクリームパン。ぽってりとしたクリームとしっとりとしたパン生地がよくあいます。オリジナルで配合したクリームを、焼き上げる前と後の2段階で加えているので、パン生地の中にクリームがたっぷりと詰まっています。メーカー希望小売価格(税込)、138円。
Dc040910
クリームは旨いが、量が少ないのでは。

Dc040802
塩味のパイに甘い粒あんが絶妙なあん餅パイ
Dc040805
メーカーの説明:上品な甘さ、小豆の風味が楽しめる北海道十勝産の小豆を使用。丁寧に作り込んだ自家製あんともっちり感が特長の自家製もちとあわせ、ほんのり塩味を効かせたパイ生地で包み焼きあげました。生地の塩味が、つぶあんやもちの素朴な甘みを引き立てます。メーカー希望小売価格(税込)、138円。
Dc040806
なかなか見事なハーモニーです。

Dc040904
きなこ好きさんが大喜びするきなこあんぱん
Dc040907
メーカーの説明:白あんベースで作った自家製きなこあんと濃厚なきなこペーストを、コクのあるたまごたっぷりの生地で包みこみました。表面にも焙煎きなこをふりかけ焼き上げているので、どこを食べてもきなこ味。きなこ好きな方におすすめです。メーカー希望小売価格(税込)、149円。
Dc040908
これは意外に美味です。

Dc040801
上品な甘さがあと引く黒豆ぱん
Dc040803
メーカーの説明:上品なやさしい甘みと風味が特長の北海道産黒豆をたっぷりと使用。素朴でしっとりとしたパン生地と合わせているので、黒豆のおいしさが引き立ちます。飽きのこないあとをひくおいしさです。メーカー希望小売価格(税込)、138円。
Dc040804
シンプルで旨い。

どれもそこそこに美味しいパンです。でも、また買うかは微妙。

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

ペスカのパン(その4)

本当にお久し振りの、ペスカ(こちら)のパン。

Dc040401
ぶどうパン、130円+税。
Dc040402
ブドウがたくさん入っています。

Dc040408
かぼちゃ、210円+税。
Dc040409
かぼちゃがそのまま入っていて、風味が素晴らしい。

Dc040405
米粉バンズ(2個)、100円+税。

Dc040406
米粉クランベリー、90円+税。
Dc040407
このパンは以前食べました。

米粉パンはモチモチ食感、美味しい。

ペスカ、はイタリア語で「桃」だそうです。

Dc031201

近くを通ったら又寄ってみよう。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

ヤマザキの薄皮ミニパン(その20)

3月のNEWアイテム。

『薄皮黒みつゼリー&きなこクリームパン』
Dc040306
メーカーの説明:山梨のご当地銘菓「桔梗信玄餅」の味をイメージした薄皮ミニパンです。薄皮生地で黒みつゼリーときなこクリームを包みました。
Dc040307
桔梗信玄餅がどのようなものか知らないので、その関連についてはなんとも言えない。ただ、黒みつときなこが融合して、甘さ控え目で美味しいパンになっている。

最近、新製品は月一つになったようです。プレミアムも久しく見ないし、ひょっとして売り上げが落ちているのか? まだまだ頑張って、美味しい楽しい商品を作って欲しいと思います。

*****

ひょんなことからこのパンの存在を知って、以来嵌まりました。NEWアイテムは勿論、定番もちょくちょく食べています。その「ひょんなこと」&これまでに食べた薄皮ミニパン、へのリンクは<こちら>。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

ご予約パン屋くるくる(その2)

ご予約パン屋くるくる(こちら)、今回は予約をして。

Dc040514
かぼちゃクリームチーズ。
Dc040515
かぼちゃとクリームチーズ、合います。

Dc040512
紅茶ホワイトチョコ。
Dc040513
紅茶の風味がいいですね。

Dc040510
メロンパン。
Dc040511
柔らかいような固いような、面白い食感。

Dc040506
ほうれん草チーズ。
Dc040507
ほうれん草のいい味わい。

Dc040504
おから。
Dc040505
シンプルで旨い。

Dc040508
あんこクリームチーズ。
Dc040509
これ、前回買ったのと似ているが、ちょっと違うかな。

ここのベーグルは柔らかめ、フワッとしていてモッチリ。
昨日の記事に書いた「おます珈琲」の Bread blend(ブレッドブレンド)とともに頂きました。ちょっと苦みも感じますが、爽やかな味わい、少し冷めてくると甘味が出てきます。満足のランチです。

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

願船坊の朝活⑪&パン

今朝は願船坊の朝活(こちら)に参加、11回目なります。昨年の9月半ばが最初ですから、半年を超えました。家を出る時も明るくなっている季節になり、楽に出発できます。いつものようにまず、讃仏偈のおつとめ。次に住職のチェロ演奏、バッハ:無伴奏チェロ組曲3番から「サラバンド」と「アルマンド」、このアルマンド、いい曲です。朝のお寺の本堂、凜とした雰囲気で、心に染み入ります。三曲目は、季節にピッタリの「さくらさくら」。最後に、坊守さんのオルガン伴奏で、恩徳讃。

*****

今日の朝食は、急に行くことになったので準備なし。

Dc040308
偶々家にあったパンと果物を持参。
Dc040309
某所のキャラメルラテを添えました。
カフェラテにキャラメルソースを入れただけのもの。まあ美味。

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

グテ

Dc021301

安佐南区緑井三丁目11-26、毘沙門通り、信金の向かい。

Dc021302

恐らくこれまでで一番よく行っているパン屋だと思います。
なので、書いた記事も一番下にあるようにたくさんです。

Dc021304

しかし、最近記事が少ないのは、同じパンを買っているから。

Dc021303

よく買うパンは・・

Dc012701
ブドウとオレンジ、360円+税。
Dc012703

Dc031602
ブドウとハニーベリー、380円+税。
Dc031603

この辺りが我が家の定番です。

Dc030508

スタンプカードがあり、200円でスタンプ一つ。
一杯になると、どれでもパンを一つ貰えます。
その時は、一番高いパンにします。

Dc032510
クルミとイチジクのライ麦パン、460円+税。
Dc032601

この記事は、グテについての振り返り(まとめ)です。

種類が豊富で、お値段手頃、これからもお世話になるでしょう。

以下はこれまでに書いた記事へのリンクです。
食べたパンは100種類を軽く超えていると思います。

グテ   グテのパンたち   グテのパンたち(その2)
グテのパンたち(その3)  グテのパンたち(その4)
グテのパンたち(その5)  グテのパンたち(その6)
グテのパンたち(その7)  グテのパンたち(その8)
グテのパンたち(その9)  グテのパンたち(その10)
グテのパンたち(その11) グテのパンたち(その12)
グテのパンたち(その13) グテのパンたち(その14)
グテのパンたち(その15) グテのパンたち(その16)
カルピスバター
グテのパンたち(その17) グテのパンたち(その18)
サンドイッチBOX@グテ
グテのパンたち(その19) グテのパンたち(その20)
グテのパンたち(その21)             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月24日 (日)

リナータのパン(その4)

実に久し振りの、スペイン石窯工房リナータ(こちら)のパン。

Dc032409
豆パン、140円。
Dc032418_1
豆より、白餡の主張の方が強い。

Dc032411
ウインナーマヨ、220円。
Dc032414

Dc032407
プチウインナー、109円。

Dc032406
チョコパンマン、170円。

Dc032410
あんバターフランス、129円。
Dc032417

Dc032412
明太フランス、150円。
Dc032416

以下は以前紹介したもの。

Dc032408
くるみパン、190円。
Dc032422
昔は、120円、小さかった。

Dc032413
枝豆エピ、200円。
Dc032415
昔は、120円、これも小さかったような。

パン売り場もイートインスペースも広く、繁盛しているようです。

| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

Bake bagel & sweets

ベーグルのベイク、2018年11月にオープンしたお店。西区楠木町四丁目5-21、大芝小学校の北。一方通行の狭い道、判りにくいところ。以前、森のべーぐる団(こちら)、その前は、IKUパン(こちら)があったところです。
Dc032209
お抹茶&あんこ、280円。
Dc032210_1
Dc032211
ダブルチョコレート、250円。
Dc032213
中にホワイトチョコが入っています。
Dc032214
ピーナツバター、280円。
Dc032215
Dc032216
コーヒーキャラメル、250円。
Dc032217
Dc032218
クリームチーズ&あんこ、300円。
Dc032219
Dc032220
プレーン(はるゆたか)、250円。
Dc032221
プレーンには、小麦の種類によって三種類、
他に、はるゆこい、きたのかおり。
昨日娘が買ってきてくれました。
全体的に外皮が薄く硬めで、中はフワフワ。
今朝軽く焼くと、外皮が程よくパリパリに。
近いうちにお店に行って色々買ってみよう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧