グルメ

2018年3月15日 (木)

スシロー広島古市店

Dc031411
安佐南区古市一丁目25-24、古市3丁目交差点北東角。南から。

Dc031412
北側入り口。

Dc031413
あさりと筍の茶碗蒸し。

Dc031414

Dc031416

数の子松前漬け、
極上まぐろ大トロ。

Dc031417Dc031418
濃厚うに包み、煮あなご。

Dc031419Dc031420
まぐろ、梅ひじきいなり。

Dc031421Dc031422
厚切り焼き鯖、
黒門伊勢屋のわさびなす。

Dc031423Dc031424
生えび、たまご。

初スシロー、お手頃価格でたらふく食べれます。昨夜のこと、平日でも大賑わいでした。次は充実デザートもたくさん食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月14日 (水)

うふ家

Dc031401

安佐南区川内五丁目21-44。はじめは「俺ん家」という店名。それ以前は、緑井に移転した「さんや」がありました。二軒右隣には「東海」。さらに右(東)にダイキ。

Dc031405
オーソドックスな、そば肉玉、734円。
Dc031409
オタフクソースで甘め。

Dc031406
店名にもなっている、うふ、990円、ただいまちょっと値下げ中。
Dc031407
うふ、とはフランス語で卵のこと、中から卵がトローリ。
Dc031408
たまごW、キャベツ、おもち、山芋、大葉、お肉、チーズ、麺半玉。

若くもないが年でもない女性一人で切り盛り。それでも仕事は早く手際がいい。新感覚のお好み焼き、色々食べてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月13日 (火)

弁当@餃子家龍

Dc031304

昨日気づきました、餃子家龍古市店(こちら)のお店の前に、「手作りお弁当」の幟。

Dc031317

早速買いに行きました。出来たてアツアツ餃子家龍弁当、680円。もち豚餃子、春巻き、唐揚げ、食べれる祇園パセリ、中華くらげ、広島菜キムチ、国産コシヒカリ、三島食品ゆかり。これはなかなかのものです。注文を受けてから作るので、本当に出来たてアツアツ、つまり、そこそこ待ち時間があります。でも待つ価値はあります。

この辺りランチ・弁当激戦区になりつつあります。
お勧めは、クレールのランチ弁当、ただし数量限定で入手困難。
最近出来た、六角いろり、内容が日替わりなのがいいところか。
ちょっと歩けば弁当チェーン店もあります。
食べるなら、クレール、佐竹家(こちら)もいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木)

福割子@一福

Dc030814

割子三枚、季節のデザート、が福割子、850円。定食セット(舞茸ごはん・小鉢)にすると、+220円。なかなか充実したセットです、が、お味の方はまあお値段なりだと思います。特に舞茸ごはんには期待したのですが・・・

Dc030811

一福緑井天満屋店にて。一福はそごう広島店にもあります(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

竹りん

島根・鳥取への旅、その10。

Dc1126147

中海にある島・大根島にある由志園。松江市八束町波入1260-2。

Dc1126146

美しい日本庭園です。

Dc1126153

竹りんはそこにある蕎麦と季節料理のお店。

Dc1126154

お店からきれいなお庭が見えます。庭の中に入るには800円(ボタンと紅葉の季節は、1000円)の入園料が必要ですが、このお店は外です。つまり、入園料不要で、お庭を眺めながら食事が出来ます。

Dc1126145

ざる蕎麦、1100円。まずは先付、味噌胡麻豆腐。

Dc1126152

出雲国の蕎麦は美味しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

焼助

Dc022301

安佐北区深川六丁目3-20、高陽中央通りと深川通りの三叉路、少し東の南側。年配の夫婦が切り盛りしている。主に男性が調理しているが、女性にも一定の役割があり、二人で流れるように焼いていく。もう何十年もやっているのだろう。横長の大きな鉄板で、場所により作業が異なる。恐らく温度が違うと思われる。

Dc022303

そば肉玉入り、700円。焼くとき結構押さえつけていたが、中はふんわりしている。野菜も意外に多い。味はあっさりしている。

Dc022305

実は、「ゴ・エ・ミヨ」にこのお店が出ていてその存在を知った。しかし、本に出るような派手さはなく、しっかり地域に定着した、普段着のお店だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

季節料理「一膳」

Dc022101

安佐北区可部五丁目12-3。右側の道を進むとすぐ国道183号線、ちょっと左に行くと191号別れ交差点。入り口は左奥・・・

Dc022102

入り口右に日替わり御膳の掲示・・・

Dc022105

この内容で900円? からあげと豚かつ or 南瓜とほたるイカ、日替わり御膳が二種類あるのか? だとすると、南瓜とほたるイカ、だけではさびしい、などと考えながらお店に入りました。

Dc022104

これで900円は立派です。お味もなかなか。お腹もいっぱい。

一時頃でしたが、そこそこ混んでいました。お客は年配の人が多いという感じ。法事の話をしているのが二組、そのような利用が多いのかもしれません。しっかり地域に定着しているお店のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

からあげ食堂「黒べえ」

Dc022014

3年ほど前に出来たお店、やっと行くことが出来ました。

Dc022011

チキン南蛮定食、790円。

Dc022013

当然揚げ立て、値段を考えると頑張っていると思います。

ご飯、味噌汁、おかわり一杯無料。他に定食が8種類ほど。夜は居酒屋的な利用も出来るようです。

安佐南区緑井二丁目8-16、緑井二丁目交差点(毘沙門通り、南西に文明堂、北東にセブン)を北へ一筋行って西へ、一筋行って北へ、すぐ右手、以前カマル・カフェというインド料理屋がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

Duozo ドゥオーゾ

Dc021913

エリザベト音大の南の道を東へ、すぐ南側。

DUOZOランチ、1200円。

Dc021906
ミニサラダ、野菜のフレッシュマリネ。

Dc021909
自家製パン。

Dc021907
音戸ちりめんじゃこと小松菜の和風スパゲッティ。ちりめんじゃこ沢山。
Dc021908
広島のおいしい醤油で作った自家製そばつゆのソース。パスタの茹で具合が絶妙で、ちりめんじゃこととの相性よし、なかなかの美味です。

Dc021911
コーヒー。

Dc021912
ピッコロドルチェ。

パスタは7種類から選びます。惹かれる名前のものが幾つかありました。昔ながらではないナポリタン、とか、Duozoの白いミートソース、など。また食べに行かねばなりません。

Dc021921

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

福袋@ニシナ屋珈琲

Dc121716

ニシナ屋珈琲(こちら)の福袋、二種類あります。これまで二度ほど、とってもお得なものを買いました(こちら)。今年はちょっと高級な、スペシャリティ福袋。

Dc021202
TABI は「よい」という意味。マイルド。

Dc021203
樹齢100年の木から。やわらか。

Dc021204_2
ジャワ島(ジャバ)+ニカラグア。まろやか。

Dc021205
マールブラッシュ(白い海)。コクと酸味。

Dc021206_2
ガヨ高地で栽培。程よい苦みと甘さちょっと。

いずれも美味なる珈琲でした。

いつも行くニシナ屋は牛田の本店(東区牛田早稲田一丁目9-32)、今回注文したのも本店、でも何故か、ラベルにはなかまち店と書いてあります。送料・決済手数料無料なので送って貰いました、そのためでしょうか。なかまち店については上のリンク先にちょっと書いていますが、また何時か詳しく紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧