グルメ

2019年2月15日 (金)

美彩和食にいだや

Dc021510

安佐南区中筋二丁目1-2、アストムライン中筋駅からを東へ300メートル弱でしょうか、歩いて5分ぐらいです。

Dc021511

とりそぼろ入り親子丼、800円、を選択。

Dc021513

丼もサラダも味噌汁も、なかなかの旨さだと思います。

Dc021514

鶏肉の少し濃いめの味付け、他がサッパリしているのでいいバランス。

カウンターが10席ほど、テーブルが三つ、ひとつは個室のようになっています。お昼ちょっと前に行って、先客が若そうなカップルと男の一人客。昼を過ぎると、女性グループが二組、賑やかになりました。2016年10月開店、店主は酔心の出身のようで、あまり立地のいいところではありませんが、頑張っていいるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

冬のごちそうブッフェ@フリュティエ

Dc021423

ANAクラウンプラザホテル1階のフリュティエ、久し振りです。

Dc021422

何時もの如く、沢山のご馳走。私が食べたのは・・

Dc021410
上左:冬の根菜で作る温かラタトゥイユのホットサラダ。上右:小松菜と軟らかく仕上げた蕪のエチュベ。エチュベとは、素材の持つ水分を使って蒸しながら煮る調理法、日本語でいうと、蒸し煮。手前は、野菜と海藻のサラダ、すりおろしにんじんドレッシング。

Dc021411
ステーキ丼(これ、超美味)、根菜と鶏モモ肉のホワイトシチュー。

Dc021416
手前:熱々蒸し物の取り合わせ蒸籠スタイル、三種類ありました。左:ぷっくり仕上げた牡蠣と占地のココットピラフ。ココットは仏語で鍋のこと。右上:野菜とコンニャクのサラダ、ゴマドレッシング。

Dc021419
クロワッサン、チョコデニッシュ、バニラレーズンロール、バゲット、ホイップバター。ニンジンとリンゴのジュース。

Dc021420
デザートとカプチーノ。

Dc021421
最後に果物。右上はオマケのケーキ。

まだまだ美味しそうなものが沢山あったのですが、お腹パンパン。冬のごちそうブッフェは今月末まで、もう一回行きたいような・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

日本橋天丼「金子屋」

Dc020804

西区扇二丁目1-45、LECTのフードコートにあります。数日前記事にした、日本橋海鮮丼つじ半(こちら)、これは二つのお店がコラボしたもので、その片方のお店がここです。LECTでは仲良く隣り合わせ。国内10店舗ほど、アメリカや台湾にも進出していて、ほとんど店名は、日本橋天丼金子半之助、なのですが、ここはフードコートにあるためか、日本橋天丼金子、になっています。

Dc020806

上天丼、980円+税。なかなかの美味しさです。カラッと揚がっていて、「秘伝の丼たれ」が旨くて、ご飯と好相性。

他に、天丼(900円)<舞茸・海老二尾・いかと小粒のかきあげ・卵・のり・ししとう>、上天丼は、舞茸の代わりにきす、江戸前天丼(1200円)は、きすの代わりに穴子、になります。

何故か最近 LECT によく行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 6日 (水)

中華楼

Dc020608

安佐北区可部四丁目15-32、安佐北区役所の南、ちょっと奥まった判りにくいところにあります。屋上の看板は遠くから目立っているのですが。

Dc020607

今日もまた、天津飯、650円。天津飯大好きです。たっぷりの餡、小エビがそこそこはいっていて、美味しく頂きました。野菜は何を頼んでも付いてくるようです。昔知人がここの大盛はすごいといっていました。挑戦してみたいような・・・

古江にも同じ名前の中華料理店、何か関係あるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝活7&朝マック(5回目)

一ヶ月ぶりに、願船坊の朝活(こちら)に参加、、7回目なります。まずいつものように、讃仏偈のおつとめ。次に住職のチェロ演奏、バッハ:無伴奏チェロ組曲5番からサラバンド&クーラント、季節の歌として、冬景色&早春賦。最後に、坊守さんのオルガン伴奏で、恩徳讃。7時終了、明るくなって、清々しい気持ちで行動開始。で、朝食は他に開いている店も無く、今日もマックです。

Dc020602

孫の好物、プチパンケーキ、りんごソース、200円。プレミアムローストコーヒーM、150円がアプリクーポンで、120円。一度食べてみたかった、三角チョコパイ黒、120円がアプリクーポンで、110円、チョコがトロトロでした。
朝7時から開いているお店、他に無いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 5日 (火)

日本橋海鮮丼「つじ半」

Dc020503

西区扇二丁目1-45、LECT<フードコート>にある、東京日本橋・海鮮丼の有名店、つじ半広島レクト店です。つじ半という店名は、つけ麺「めん徳 二代目 つじ田」と、日本橋の天ぷら店「金子之助」とのコラボなので、双方から取って組み合わせたとのこと。どういうコラボなのかはよく判りませんが、二人の店主は友人とか。

本店と同様、メニューは「ぜいたく丼」のみ。4種類あって、梅(880円)、竹(980円)、松(1280円)、特上(1580円)、全て外税。本店はもっと高いようです、恐らく内容が違うのでしょう。

梅に蟹をのせると竹、さらにイクラをのせると松、さらにウニをのせると特上、のようです、よく判りません。悩んで、松にしました。

Dc020505

見た目はネギトロを思い出させます。八種類程度の海鮮が入っているとのこと。何故か小さく刻んだキュウリが入っていて面白い食感です。数の子のような感じもありました。黄身醤油をかけ掻き混ぜて食べるので、全てが渾然一体となり口の中が幸せ一杯。上から見ると判りにくいかもしれませんが、海鮮はうずたかく盛られています。

Dc020506

お盆の左上にある刺身は、海鮮が無くなってくる頃ご飯にのせ、右上のポットに入っている鯛だしをかけ、お茶漬けにして食べます。

Dc020507

これがまた何とも美味です。次回は特上を食べるぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月31日 (木)

炭焼牛たん東山

Dc013109

南区松原町1-2、広島駅の ekie DINING にあります。

Dc013103

牛たん三昧ランチ、1490円+税。

Dc013104

普通の牛たんにプラス、塩味と味噌味が付いています。どれもそれぞれに美味しい。スープにもタンが入っていて、いいお味。量も結構あって、「麦飯大盛無料」にしておけばよかったと後悔。次回は大盛だ!

本場仙台に二店舗、福岡にも二店舗、大阪に一店舗、あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月29日 (火)

創作中華「とんずりん」

Dc012907

創作中華、呑み喰い処、桐梓林(とんずりん)。桐梓林は中国の場所の名前のようです。左上にある文章は:

ひっそり佇む ほのかな灯り 
あなたの隠れ家 とんずりん
見つけてくれて ありがとう 
百年たっても 好きでいてね
そんな癒しの場所で ありたいと 
今日も真心込めた 一皿を
心ゆくまで 心灯るまで

詩なのでしょうか、判るような判らんような。店の前に大きな車が止まっていますが、店の駐車場ではなく、コインパークです。

Dc012904

最近中華料理屋に行くと、中国ではなく日本発祥の、天津丼を注文してしまいます。学生時代によく食べました。

Dc012905

天津丼、800円。たっぷりのあん、薄味で、玉子とご飯といいコンビです。セットとは書いてなかったのに、サラダなどが付いてきました。スープが特に美味、このお店の料理は旨いのではないかと思います。

Dc012901

接客の女性も感じがよく、いいお店です。また行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

ビッグホーンステーキ

Dc012401

西区扇二丁目1-45、LECTの一階にあります。

Dc012404

ランチ限定メニュー、ビッグホーンロースステーキ(120g)、1000円+税。一応肉を食べたという気になります。値段を考えたら、そんなに文句を言ってはいけないでしょう。お昼は他に、牛カルビ焼肉ランチ(900円)、デミグラスハンバーグランチ(900円)、チキン南蛮ランチ(880円)、があります。

富士見町の方にもお店がありましたが今は閉店したようです。チェーン店のような、そうでもないような、よく判りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月23日 (水)

台湾料理「福来順」高陽店

Dc012301

安佐北区深川二丁目42-17、安佐北区スポーツセンターの少し北。以前、吉車深川店(こちら)がありました。壁の上にあるマークはその名残、取るのが面倒だったのでしょうか。

Dc012302

天津飯定食、880円+税。このセットでこの値段、コスパよし。このお店はどの料理も量の多いのが特徴のようです。

Dc012304

この玉子、よく見て下さい。紐状の卵焼きでご飯をぐるぐる巻きにしています。どうやって作るのでしょう?

従業員は現地の人で、台湾語(?)が飛び交っていました。

深川店とあるように、県内に幾つか店があります。県外もあちこちに存在し、チェーン店なのでしょうか、よく判りませんでした。ただ、県内は「ふきじゅん」と読み、県外は「ふくらいじゅん」のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧