« お菓子の工房 Charm シャルム | トップページ | 而今 純米吟醸 山田錦火入 »

2020年4月29日 (水)

新型コロナ対策に独裁国家の優越?

記憶を持たない民族には未来もない。
(陸秋槎〈りくしゅうさ〉)
  ◇
 中国には「集中力量ベン大事」(力を集中させ、大事〈だいじ〉を成す)という言葉がある。社会主義の優越性を謳(うた)う神話だと中国の作家は言う。「全国一盤棋」(国は一つの盤面)という語と相まって、「どこかで捨て駒は出るもの」という気風につながる。この危うさを人々が心に刻むその「手助け」をする責務が物書きにはあると。新型コロナ禍に関する寄稿(稲村文吾訳、「文藝」夏季号)から。

鷲田清一による折々の言葉 朝日新聞 2020.04.29

*****

最近、新型コロナ後が色々言われている。
民主国家より独裁国家の方が対応出来やすい。
という事例が多く、結果、独裁国家が勢力を伸ばす。
いや、それは一時的なものになるという意見も。
短期的には兎も角、長期的には、独裁の欠点が出る。
大凡一致しているのは、コロナ後の世界情勢、
アメリカの地位が低下するということは間違いなさそう。
トランプは自国ファーストなのだから。
そうなると世界はどうやって協力できるのか?
リーダーシップを取るところは出てくるのか?

|

« お菓子の工房 Charm シャルム | トップページ | 而今 純米吟醸 山田錦火入 »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お菓子の工房 Charm シャルム | トップページ | 而今 純米吟醸 山田錦火入 »