« 湖畔遊 | トップページ | カレー@彩蓮 »

2020年3月26日 (木)

ご安全に

■炭鉱労働者の挨拶から
 集団内では当たり前の習慣が、外部の人から見るともの珍しい、ということがあります。業界特有の挨拶(あいさつ)なんかもそうです。
 山口県徳山の工場に〈今日も一日「ご安全に!」〉という看板が掲げてありました。一般に「安全」には「ご」をつけないので、珍しい使い方と言えるでしょう。
 私が「ご安全に」を知ったのは20年ほど前。原発作業員の挨拶として、雑誌に紹介されていました。もっとも、元をたどれば、ずっと古くからある挨拶のようです。
 関西電力のウェブサイトによると、ドイツの炭鉱労働者の挨拶が由来だそうです。1953年に住友金属工業が使い、鉄鋼業界などに広まったとのこと。私が今回見た看板は化学メーカーのものでした。
 安全確認が最重要の職場では、「ご安全に」は広まるべくして広まったのでしょう。「安全第一」では少し硬い。「お大事に」のような柔らかさを持たせた言い方です。
 安倍首相も使っています。第1次内閣の時、出身会社の製鉄所を訪れて「皆さん、ご安全に。工程課厚板係の安倍晋三です」。仲間意識をくすぐる挨拶だったのでしょう。

朝日新聞 be on Saturday 2020年02月22日
(街のB級言葉図鑑)飯間浩明(国語辞典編纂者)

|

« 湖畔遊 | トップページ | カレー@彩蓮 »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 湖畔遊 | トップページ | カレー@彩蓮 »