« いなりあげもち@もち吉 | トップページ | スギタベーカリーのパン⑦ »

2020年3月 5日 (木)

月決

■全国的には「月極」が主流

 「月極(げっきょく)」という名の、全国規模の駐車場チェーンがある――というのは有名な冗談です。「月極(つきぎめ)駐車場」の看板はどこにでもあるので、勘違いしていた人もいるはず。
 契約を1か月ずつ決めることを「月決め」と言いますが、駐車場の表記は「月極」。昔は「きめる」を「極める」とも書き、変わった表記ではありませんでした。明治時代の二葉亭四迷「平凡」にも〈金額をも極(き)めて〉と出てきます。
 戦後の漢字表では「極」は「きめる」とは読まなくなりましたが、全国の看板では依然として「月極」が主流です。戦後教育を受けた人にとっては、「月極」は謎の看板になってしまいました。
 一方、地方によっては「月決」と書いた看板を見ることがあります。有名なのは高知県です。高知新聞の調べでは、「極」より「決」が1割ほど多い印象とのこと。たしかに、戦後の表記ルールには合います。
 今回の写真は、北海道・旭川で撮影しました。このように、「月決」は北海道や青森県などでも見かけます。地理的な要因などで、よその影響を受けにくく、独自の表記が保たれているのでしょう。

朝日新聞 be on Saturday 2020年02月01日
(街のB級言葉図鑑)飯間浩明(国語辞典編纂者)

|

« いなりあげもち@もち吉 | トップページ | スギタベーカリーのパン⑦ »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いなりあげもち@もち吉 | トップページ | スギタベーカリーのパン⑦ »