« おこわ「よしき」 | トップページ | ブルーベリーコンポート »

2020年3月18日 (水)

サル化した人間

 サル化した人間の特徴は「過去を反省しない」「未来に対して見通しを持たない」ことです。だから、悔恨もないし不安もない。どれほど失敗しても同じ失敗を繰り返すし、「こんなことを続けていたらそのうちたいへんなこと」になるとわかっていても、「こんなこと」を続ける。「前にこれで失敗して手痛い思いをしたこと」も「そのうち起こるかもしれないたいへんなこと」にもリアリティーを感じることができない。
 こんな生きづらい時代ですから、「過去のことは忘れたい 未来のことは考えたくない」と思ってしまうことは止められません。でも、「後悔に苛まれたくない、不安に怯えたくない」という人は、それと同時に、遠い記憶の中を逍遥したり、未来に夢を描いたりすることもあきらめなければならない。それがどれほど多くのものを失うことなのか、それについては少し立ち止まって考えた方がいいと思います。

内田樹の研究室、のブログ 2020-03-17『サル化する世界』についてのインタビューから。全文はこちら

*****

『サル化する世界』、近いうちに読むつもりです。

|

« おこわ「よしき」 | トップページ | ブルーベリーコンポート »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おこわ「よしき」 | トップページ | ブルーベリーコンポート »