« たいせつな作業 | トップページ | コロナ後の世界に警告 »

2020年3月29日 (日)

湖畔遊温泉

高知への旅、その4。

Dc031042
前に似たような写真を出しましたが、中央がロビーとレストラン、右奥の煙突がある所が大浴場になります。

Dc031039_20200329225501
適応症が書いてあります。奥の東屋が大浴場前の休息所。

Dc031043
大浴場入口。

Dc031045
これが大浴場。「大」とはいえないかも知れませんが、10人ぐらいは入れるでしょう。夕方浸かっていたら、7・8人の団体がやって来ました。

Dc031044
隣には何故か水風呂。飲用可能な地下水と書いてあります。

温泉分析書によると、ナリウムー塩化物冷鉱泉、24.5℃、ph7.9(弱アルカリ性)、溶存物質8837mg、23㍑/分。

”敷地内から湧き出る黄金色の自家源泉をかけ流し。国内でも非常に珍しい、天然にごり湯アイソトニック(等張性)温泉。温泉の浸透圧が人の身体と同じため、身体への負担がもっとも少ないとても優しい温泉。また、ミネラルが豊富でツルツルとした滑らかな浴感”

とっても気持ちのいい温泉でした。冷泉といっても、ぬるぬるツルツルがすごい。愛媛県大洲市肱川の小籔温泉が過去最高でした。さーたんの独り言(こちら)の trip 温泉、2012年4月に書いています。

|

« たいせつな作業 | トップページ | コロナ後の世界に警告 »

温泉・宿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たいせつな作業 | トップページ | コロナ後の世界に警告 »