« カレー@彩蓮 | トップページ | 言葉で死体を埋めることも… »

2020年3月27日 (金)

音楽の部屋@湖畔遊

高知への旅、その2。

湖畔遊は、十年ほど前、温泉が出て、レストランを始め、昨年、宿泊出来るようになりました。二組限定ですが、ユニークな施設です。

音楽の部屋 musics room(音に浸る、湯に浸る、部屋です)

Dc031036
ロビーを奥に進むと見えてくる建物、手前半分が音楽の部屋です。二階部分がある奥半分はリネン室など。右に行くと川、左に進みます。

Dc031014 
玄関を入って右が部屋、素晴らしい音響装置があります。”史上最高傑作とされる真空管「WE300B」が搭載されたUESUGIアンプ”、といわれてもよく判りません。が、いい音(音楽)を聴くための音響空間がそのままお部屋になっています。

Dc031015_20200327211201
ソファーに座ると、特等席、臨場感のある音楽を聴くことができます。

Dc031031
カーテンを開けるとテラス。鳥の囀りが聞こえます。奥が露天風呂。

Dc031028
玄関の奥に、洗面所、シャワー室、露天風呂。

Dc031079
ボタンを押すと十分ぐらいでお湯が一杯に。汲み上げたばかりの自家源泉で鮮度抜群、新鮮な温泉力を愉しむことができます。夜空も綺麗でしたが、朝の爽快さも素晴らしい。何度も入りました。

Dc031033
川の方から見るとこんな感じ。

音楽聴くための部屋です。宿のCDもたくさんありますが、お気に入りを家から十数枚持って行き、時間の許す限り音楽に浸り、素敵な時間を過ごしました。

|

« カレー@彩蓮 | トップページ | 言葉で死体を埋めることも… »

温泉・宿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カレー@彩蓮 | トップページ | 言葉で死体を埋めることも… »