« ピザハット | トップページ | ふくら焼 あごだし醤油 »

2020年1月27日 (月)

断食ー安楽死

朝日新聞 be on Saturday 2020年1月18日
(生老病死)山奥の僧院で感じた厳しさ
山折哲雄(宗教学者)

 断食や木食(もくじき)の歴史は、おそらく人類誕生のときまでさかのぼるだろう。それは飢餓と死の意識の発生とともに古いにちがいない。だが今、それは問わない。ブッダもガンジス上流の乾燥地帯で経験し、イエスもイスラエルの砂漠でやっている。古代中国の山岳寺院にも資料がのこされてきた。ヨーロッパ大陸の僧院でも、修道規則の中の詳細な食事規定としてあらわれてくる。それら東西古今の記録を集大成し、システム化すれば、今日の世界に出回る食事論議の中身に、血を通わすことができるだろう。
 忘れもしない。1976年の冬、クリスマスを前にフランスのリヨンからグルノーブル行きの急行にのり、寒村ヴォワロンに着いた。ここはスイスとの国境に近く、グランド・シャルトルーズ修道院への登り口で、俗世の人間を近づけない秘境だ。1084年に建てられた有数の修道士僧院は、厳しい日課をつらぬく。肉食禁止、独房、苦行用の毛シャツ、深夜における睡眠の中断などで知られる。作家スタンダールの故郷で、自伝的小説『アンリ・ブリュラールの生涯』にも出てくる。同名のリキュールの製造元としても知られる。
 朝早く、ハイヤーにのって山上に向かう。濃霧をついて渓谷の急斜面をはいのぼる。地上に突出する巨大な岩石、見上げるばかりに屹立(きつりつ)する石灰岩の断崖の連なり、渦巻く大気の中から突如あらわれる真っ黒な樅(もみ)の林……。私はこれまで、そのような山や森の奇抜な景観をみたことがなかった。そこは、われわれの山の神や祖霊たちが鎮まるような、生やさしい世界ではなさそうだった。山ふところに人間や家々が抱かれているなどという牧歌的な感覚は、日本の山にはあっても、ここシャルトルーズ僧院の景観にはあてはまりそうにない。むしろトーマス・マンのいう「魔の山」に近い、と実感したのだった。
 車が止まった先には、何とも無愛想な看板が立っていた。
  ここからは静寂の聖域
  シャルトルーズの砂漠
  一切の車、人間の通行を禁ず
 そのときのことを思いおこし、見たばかりのNHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」のシーンに重ね合わせている。

*****

山折先生、NHKスペシャルを見たのですね。シーンに重ね合わせてどうだったのか。コメントは来週かな?

|

« ピザハット | トップページ | ふくら焼 あごだし醤油 »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピザハット | トップページ | ふくら焼 あごだし醤油 »