« ヤマザキの薄皮ミニパン(その26) | トップページ | Gateau de Voyage »

2019年12月11日 (水)

渡辺万由美

11月5日放送、プロフェッショナル仕事の流儀
芸能プロダクション社長、渡辺万由美

芸能プロダクション、渡辺、といえば、ナベプロを思い出します。が、番組では半ばまでそのことには触れません。渡辺万由美は芸能プロとは関係ない仕事をしていたそうです。しかし、何かの繋がりで木村佳乃を紹介され、感じるものがあったのか、彼女の為に1995年会社(トップコート)を設立。翌年テレビドラマでデビュー、ブレイクする。それ以後少数精鋭で、芸能プロダクションの仕事をするようになった。現在、芸能界に疎い私でも知っているタレントが所属している。中村倫也、杏、松坂桃李、菅田将暉、尾上菊之助、など。撮影現場にひょっこり姿を見せたり、ユニークな社長のようです、どこがユニークなのかは私には判りませんが。自分の目の届く範囲で仕事をして、タレントはこれ以上増やさないとのこと。
番組後半、彼女の出自が明らかにされます。予想通り、一時期隆盛を誇った、渡辺プロダクション創業者・渡辺晋の娘なのです。育った家庭の紹介があり、この環境によって、彼女のタレントを見る目が養われたのでしょう。

気になったので、ナベプロを調べてみました。今でも結構力を持っているようです。現在、持ち株会社の渡辺プロダクショングループというものになっていて、翼下に幾つかの会社があります。渡辺晋の妻・美佐はグループ会社の名誉会長兼代表。代表取締役会長は晋・美佐夫妻の長女・吉田美樹(渡辺ミキ、ワタナベエンターテインメント社長、この会社が芸能プロの仕事をしています)。代表取締役社長は次女の渡辺万由美(トップコート社長)、チャッカリこんな処に名前があります、が、番組ではこのことには全く触れませんでした。番組の主眼は渡辺万由美とはいえ、この一族のことをもっと掘り下げてほしかったと思います。

番組の最後はお決まりの質問・プロフェッショナルとは:
自分は何者であるのかを分かっている人。
他人と比べて出来ないことはする必要もないし、
何が出来て何が得意なのか、まず自分を知ることが
プロフェッショナルへの第一歩だと思ってます。
が、答えでした。芸能プロの社長のこと、タレントのこと?

|

« ヤマザキの薄皮ミニパン(その26) | トップページ | Gateau de Voyage »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマザキの薄皮ミニパン(その26) | トップページ | Gateau de Voyage »