« 西国街道もち | トップページ | WRAP STICK サラダチキンとベーコン »

2019年11月13日 (水)

近畿と関西、何が違う?

10月12日放送の、NHK「チコちゃんに叱られる!」、の話題のひとつ。チコちゃんの答えは、「今は、近畿は国内用、関西は国外用、知らんけど」、でした。以下は、井上章一・国際日本文化研究センター教授の解説(この人面白い本を書いてます、読んだのは、京都ぎらい・ミッションスクールになぜ美人が多いのか<共著>・大阪的)。

近畿の「畿」は五畿七道の「畿」、都とか王宮という意味。五畿とは、大和・山城・河内・摂津・和泉、つまり、近畿は今で言う首都圏、現在の、京都府・奈良県・大阪府・兵庫県に当たる。

関西は、関東という表現が先に出来て、それに対するもの。「関」は関所の関。関東は、愛発(あらち)関・不破関・鈴鹿関より東、つまり、首都圏に対する未開地・田舎というような意味。明治になり、天皇が東京に行き、都と関東の関係が逆転、箱根関より西が首都圏に対するものになった。

現在、近畿には上記2府2県に滋賀県が入り、関西は更に三重県が入るかどうか微妙、ものによっては関西にも中部にも属している。

近畿の音は、英語の kinky(変態の・風変わりな)を連想させ、外国向けには使われなくなっているとのこと。合同庁舎近畿経済産業局の英語表記は、近畿が Kansai になっている。近畿大学は Kindai University、など。

kinky 絡みで、近畿グレートリング、というプロ野球チームも取り上げられていました。優勝したのに、次の年には「南海ホークス」になっています、キンキーとは関係ないかもしれませんが。この野球チーム、戦前は、南海軍・近畿日本軍、戦後は、グレートリング・南海ホークス・福岡ダイエーホークス・福岡ソフトバンクホークス、と変わっています。

「チコちゃんに叱られる!」、面白い!

|

« 西国街道もち | トップページ | WRAP STICK サラダチキンとベーコン »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西国街道もち | トップページ | WRAP STICK サラダチキンとベーコン »