« 平凡はひとつの達成 | トップページ | さくら さくらん »

2019年10月28日 (月)

嫌韓嫌中言説

日本の前には、強権政治による成功モデルと、民主政治による成功モデルの二つがあることになる。
 嫌韓嫌中言説はこの二つの成功モデルに対して、競争劣位を味わっている日本人の「嫉妬」から生まれたものだと私は見ている。そして、「嫌中言説」が抑止され、「嫌韓言説」だけが選択的に亢進しているのは、この二つのモデルからの二者択一を迫られた時に、日本の政官財メディアの相当部分が「どちらかを選べというなら、韓国モデルより中国モデルの方がいい。民主政体より強権政体の方が望ましい」という選択を下したということを意味している。だから、嫌中言説の抑制と嫌韓言説の亢進が同時的に起きたのである。

内田樹の研究室、のブログ 2019-10-28 China Scare から。

|

« 平凡はひとつの達成 | トップページ | さくら さくらん »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平凡はひとつの達成 | トップページ | さくら さくらん »