« 新感覚かき料理の会 2019 | トップページ | そば庄出雲 »

2019年10月 8日 (火)

以字点

■漫画で使う記号ではない
 お寺で売っているお札(ふだ)をぼんやり眺めていたとき、奇妙な記号がついているのに気づきました。
 「あっ、チョンチョンだ」
 お札に書かれた「奉」の字が、「水」の左右の部分のような記号で挟まれています。
 この記号はたまに目にします。金閣寺や銀閣寺を訪れると、入場券代わりにお札をくれます。このお札でも、「金」「銀」の文字がチョンチョンに挟まれています。
 あるいは、家庭の戸などに貼る「立春大吉」「鎮防火燭(ちんぼうかしょく)」のお札。これも、「立」「鎮」の字の左右にチョンチョンがあります。
 漫画で使う記号(漫符〈まんぷ〉)にも似ています。物を目立たせるとき、チョンチョンを並べて表現します。でも、さすがに別物でしょう。
 『新版 仏教学辞典』によると、この記号は「以字点(いじてん)」と言います。由来としては、梵字(ぼんじ)の「イ」の変形、「以」の字、「水」の字、さらには四天王を表す、などの説がありますが、真相は不明です。
 詳しいことは分からなくても、何か神聖な意味合いがあるのだろう、とは想像できます。漫符のように字を目立たせる効果もあるのでは。

朝日新聞 2019年9月28日 (街のB級言葉図鑑)
以字点 飯間浩明(国語辞典編纂〈へんさん〉者)

|

« 新感覚かき料理の会 2019 | トップページ | そば庄出雲 »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新感覚かき料理の会 2019 | トップページ | そば庄出雲 »