« 糸賀喜 | トップページ | 韓国お菓子 »

2019年10月25日 (金)

語られたがる言葉たち

「語られたがる言葉たちが、語られるのを待っている気がするんです」谷賢一(脚本)

 福島第一原発事故をめぐる戯曲「2011年:語られたがる言葉たち」から。賠償金の有無、被曝(ひばく)差別、避難先でのストレスなど被災者たちの間に生じた亀裂と悲鳴。東京から視聴率のとれる画像を求められる中、現場を取材する地元テレビの局員はこう言い、地道な聞き取りを続ける。そして時には「誰かがノックし続けねっきゃ、開かねえ扉もあんでしょう」と迫っていく。

朝日新聞、鷲田清一による「折々のことば」2019年10月7日

|

« 糸賀喜 | トップページ | 韓国お菓子 »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 糸賀喜 | トップページ | 韓国お菓子 »