« 喜速久(きわく) | トップページ | 年中太陽が輝くとしたら・・ »

2019年10月16日 (水)

「わたし」

あさってから手紙がくるよ/あしたのことが書いてある/あしたってつまりきのうのこと/あしたのわたしはごきげんですか(多田智満子)

 「おととい」からも手紙はくる。だから「きのうのわたしはごきげんですか」とも。「わたしをあしたに渡しかね/すすむつもりであとすさり」。詩人は「わたし」を一つの〈物語〉に綴(と)じないで、あさっての「わたし」に、おとといの「わたし」に涼やかに言問う。それぞれの時を慈しみつつ。詩「夏の手紙」(『封を切ると』所収)から

朝日新聞、鷲田清一による「折々のことば」2019年10月4日

|

« 喜速久(きわく) | トップページ | 年中太陽が輝くとしたら・・ »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 喜速久(きわく) | トップページ | 年中太陽が輝くとしたら・・ »