« Coke ON アプリ | トップページ | 糸賀喜 »

2019年10月23日 (水)

人生という物語

「みんな勘違いしてんだ。人生に物語はねえの。ぶつぶつ、ぶつぶつ、途切れ途切れに、脈絡のない物事が起こるばっかで」谷賢一(脚本)

 劇作家は福島第一原発事故後に見聞きしたさまざまの言葉を繫(つな)ぎ、戯曲《福島三部作》を書いた。その第3部「2011年:語られたがる言葉たち」から。元町長の妻は、テレビ局員の義弟が取材に来た時、こう告げた。原発反対から受け入れに転じ、今は意味不明のことを口走るようになった夫。納得や断念の時間すら押し流されて。

朝日新聞、鷲田清一による「折々のことば」2019年10月5日

|

« Coke ON アプリ | トップページ | 糸賀喜 »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Coke ON アプリ | トップページ | 糸賀喜 »