« 梅おろしまぜそば@さんや | トップページ | すし辰緑井本店 »

2019年9月18日 (水)

毎日学校(職場)へ行くのは中毒?

「学校へ毎日行くのは、中毒と同じだ」(佐々木幹郎の父)

 高校の美術教師だった父は、孫が不登校になっても何も言わなかったと、詩人は言う。詩人が昔、美大を受験しようとした時も、絵が好きならそのための金は他のところで稼げとも。学校という〈枠〉の外でもがきながら羽ばたく姿を、背後からじっと見守っていた。成人が毎日職場に通うのも「中毒」? 一度は考えてみたいこと。

朝日新聞、鷲田清一による「折々のことば」2019年9月12日
詩人の随想集『パステルナークの白い家』から

*****

詩人は父の教育のやり方で詩人になったのだろう。孫はどうなったのか? 随想集には書いてあるかも、読んでみようかな。

|

« 梅おろしまぜそば@さんや | トップページ | すし辰緑井本店 »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅おろしまぜそば@さんや | トップページ | すし辰緑井本店 »