« 一本堂大町店閉店・移転 | トップページ | 飛騨かぼちゃ »

2019年9月 7日 (土)

倫理的無秩序

人間の本性は「処罰されない」ことが保証されている環境でどうふるまうかによって可視化されるということである。
 「今ここでは何をしても誰にも咎められることがない」とわかった時に、人がどれほど利己的になるか、どれほど残酷になれるか、どれほど卑劣になれるか、私は経験的に知っている。そして、そういう局面でどうふるまったかを私は忘れない。それがその人間の「正味」の人間性だと思うからである。
 平時では穏やかで、ほとんど卑屈なように見えていた人間が、「何をしても咎められない」状況に身を置いた瞬間に別人になって、人を怒鳴りつけたり、恥をかかせたりという仕事にいきなり熱心になるということを私は何度も見て来た。「そういう人間」の数はみなさんが思っているよりずっと多い。そして、彼らがどれほど「ひどい人間」に変貌するかは、平時においてはまずわからないのである。
 だから、私は人間を簡単に「咎められない」環境に置かない方がいいと思っている。できるだけ、法律や常識や「世間の目」などが働いていて、簡単にはおのれの攻撃性や卑劣さを露出させることができない環境を整備する方がいいと思っている。
 今の日本はそうではない。一種の倫理的な「無秩序」状態になっている。
 倫理的にふるまう人(正確には「倫理的にふるまう人が一定数いないと社会は維持できない」ということを知っている人)を「かっこつけるんじゃねえよ」と冷笑することが批評的な態度だと勘違いしている人たちがすでに言論の場では過半を占めようとしている。
 このような無秩序がこのまま続くのかどうか、私にはわからない。
 続くなら日本にもう未来はないということしかわからない。

内田樹の研究室、のブログ 2019-09-05
[週刊ポスト」問題について、から(2/2)

|

« 一本堂大町店閉店・移転 | トップページ | 飛騨かぼちゃ »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一本堂大町店閉店・移転 | トップページ | 飛騨かぼちゃ »