« 恵壱のカリー麺 | トップページ | 陸奥八仙 V1116 »

2019年8月31日 (土)

徴用工問題

韓国は信を失い、日本は礼を失った(2/2)
田中均 日本総合研究所 国際戦略研究所 理事長/元外務審議官
朝日新聞 論座 2019年08月27日

 まず重要なのは徴用工問題だ。
 私はいくつかの原則を確認することが重要と思う。
 第一に、大法院の独立は侵せない。
 第二に、個人の請求権は消滅しているわけではない。
 第三に、日韓両国は日韓基本条約で相手国に対する請求権を放棄した。
 そして第四に、現在生じている国内法と国際法の齟齬を解消する責任は韓国政府にある。
 この齟齬を解消するのは簡単ではないが、最も正統的なのは韓国政府が元徴用工に対する支払いを行うことだ。支払義務を日本企業に持っていくわけにはいくまい。この齟齬を解消するためには時間がかかるかもしれないが、韓国政府がこのような原則を確認すれば日本との間の問題はほぼなくなる。

*****

日韓基本条約、とはどんな条約なのか。詳しく調べる必要あり。

|

« 恵壱のカリー麺 | トップページ | 陸奥八仙 V1116 »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恵壱のカリー麺 | トップページ | 陸奥八仙 V1116 »