« 骨盤を持ち上げる | トップページ | 表記上のすぐれた発明 »

2019年8月27日 (火)

一麺天に通ず

Dc082709

中区胡町2-25、もみじ銀行本店の南。一風変わった店名です。それは、ここの店主が修行した店が「世界が麺で満ちる時」(2015年5月開業)、さらに、そこの店主の修業先が、「人類みな麺類」(2012年4月開業)、と繋がっています。ここは2019年7月開業です。11時半開店の5分後に到着、12席のカウンターになんとか滑り込めました。直後に6人の待ち客。

Dc082707

メニュートップの、醤油ラーメン・カツオ、720円、サイドメニュートップの、追い飯、130円。鰹の香味油と特製醤油のスープ、麺は加水率高そうで油になじんでツルツル、チャーシューは薄くて大きい生ハムのようなものが2枚、硬くもなく柔らかくもないメンマ、海苔一枚、中央にネギ、その上に削り節少々。全体的に旨味は控え目、醤油由来なのか甘味が立っている。スルスルと食べることができました。

Dc082708

追い飯の上には、ゴマ、麩、大葉。そこにスープを投入。これ又、ズーズーズーと胃の中へ。チョット味変が出来ればもっとよかったのでは。

Dc082703

メニューは他に、醤油ラーメンの、エビ(750円)、オレンジ(750円)、オレンジと貝(850円)。油そば(煮玉子付・1.5玉も同料金)の、カツオ(850円)、エビ(900円)、オレンジ(850円)。次があれば、オレンジ、かな。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

|

« 骨盤を持ち上げる | トップページ | 表記上のすぐれた発明 »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 骨盤を持ち上げる | トップページ | 表記上のすぐれた発明 »