« 俺ん家 | トップページ | おます珈琲(3回目) »

2019年8月 2日 (金)

歯は食後でなく食前に磨く&水を飲む

口内のpH値が酸性のときに歯磨きすると、化学的・物理的摩耗によって歯のエナメル質が損傷する。まったく歯磨きしないより食後に歯磨きするほうが悪いくらいだ。食前に磨くか、次の「水を飲む」を試そう。

食後すぐに、コップ一杯の水を飲むか、口内のpH値を元に戻すようなもの(チーズかヨーグルトを少々)を食べよう。これで酸が歯のエナメル質を攻撃する時間を減らせる。食事の回数を減らす、あるいは軽食やおやつを食べないのもいい。

ヴァイバー・クリガン=リード著「サピエンス異変」
第二章のまとめから引用、その4&その5。

*****

口の中が酸性の時、歯磨きをするのはよくない、ということは以前にも聞いたことがある。しかし、食後には歯を磨きますよね。

|

« 俺ん家 | トップページ | おます珈琲(3回目) »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俺ん家 | トップページ | おます珈琲(3回目) »