« 悲しみに埋まる | トップページ | 表現の不自由展・その後 »

2019年8月10日 (土)

鮎飯目指して、野趣拓

Dc080901

野趣拓(こちら)、六回目になります。

Dc080902
まずビール。

Dc080903
地蛸、蔓紫。

Dc080904
鱧、モロヘイヤ。下に茄子が隠れています。
Dc080905

Dc080906
神雷 夏生原酒 八反錦 純米酒。
享保元(1716年)創業、広島県神石高原町の三輪酒造。

Dc080910
天然鯛・小鰯、ズイキ。

Dc080912
こどもピーマン、白瓜、甘鯛鱗焼き。

Dc080913
賀茂金秀、夏の想い出。杜氏金光秀起の隠し酒。
東広島市黒瀬町、金光酒造、明治13(1880)年創業。

Dc080915
鰆のカラスミ。

Dc080916
煮穴子、冬瓜。下に茄子。
Dc080918

Dc080922
鮎飯。
Dc080923
今回はこれをリクエスト。
Dc080925
お焦げ、炙った油揚、旨い。

Dc080926
桃と自家製ヨーグルトのシャーベット、ハブソウ茶。

相変わらずどれも美味しい料理でした。
お酒も、店主のセレクトで美味。神雷はオーソドックス、
広島一だと思っている賀茂金秀は味のバランスが絶妙。

又機会を見つけていこうと思います。

*****

これまでの訪問へのリンク:
野趣 拓  
野趣 拓 (二回目)  
野趣 拓 (三回目)  
野趣 拓 (四回目)  
野趣 拓 (五回目)

|

« 悲しみに埋まる | トップページ | 表現の不自由展・その後 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悲しみに埋まる | トップページ | 表現の不自由展・その後 »