« 酔心(毘沙門店) | トップページ | 鮎飯目指して、野趣拓 »

2019年8月10日 (土)

悲しみに埋まる

ひと言でいうと、癒(いや)されたくないんです。(柳美里)
   ◇
16歳の時、劇団・東京キッドブラザースの主宰者、東由多加(ひがしゆたか)(当時39歳)と出会い、暮らし始めた。その後別れるが交流は続き、末期癌(がん)の東を懸命に看病するも失う。そして19年、「わたしはまだ悲しい」と作家は言う。「悲しみは時が癒してくれる」という言葉は悲しみを蔑(ないがし)ろにしている。悲しみに埋(うず)まらないとその後もないと。

朝日新聞、鷲田清一による「折々のことば」 2019年8月10日
宗教学者・山折哲雄との対談録『沈黙の作法』から。

|

« 酔心(毘沙門店) | トップページ | 鮎飯目指して、野趣拓 »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 酔心(毘沙門店) | トップページ | 鮎飯目指して、野趣拓 »