« 『そのうちなんとかなるだろう』あとがき | トップページ | ○活 »

2019年7月14日 (日)

かわうそ寄席

Dc071304
獺祭(だっさい)の旭酒造で、かわうそ寄席、なる催しが、昨日開催されました。場所は山口県岩国市周東町獺越2167-4、山奥です。写真の左の建物が本社蔵、この12階のホールで行われました。

Dc071303
2009年12月に蔵見学に行ったことがあります。その時は古い酒屋らしい建物でした(こちら)。

Dc071302
蔵の川向こうに、以前行った時には、 かわうそ亭という蕎麦屋がありました(こちら)。綺麗になってる、と思ったら、これは獺祭ストア本社蔵とのこと。隈研吾が設計したそうです。蕎麦屋の方は下松の方で降松(くだまつ)という名前でやっていると聞きました。

Dc071305
本社蔵の前にあります。御影石が酒米の形、ステンレスの球体は二割三分を作るために精米された白米を表しています。

Dc071334
この大きなエレベーターで上下移動。3トンまで、酒のタンクが積める。

Dc071301
会場、参加者は90人ぐらいだと思います。

Dc071313
昨年の会は豪雨被害のためなし。今年で15回目。

Dc071311
ずっと、鳳樂師匠だそうです。羽織を着ている間は撮影可。「禁酒番屋」と「湯屋番」の二席。

Dc071319
落語のあとは懇親会。

Dc071326
場所は同じところです。

Dc071324
なかなかのおつまみが出ました。

Dc071329
獺祭のお菓子もあります。

Dc071332
宴の途中で、ここには書けないような、鳳樂師匠の艶話、大受け。

Dc071325
お酒は8種類。獺祭のほぼ全種類。右から、純米大吟醸磨き二割三分遠心分離、純米大吟醸磨き二割三分、純米大吟醸磨き三割九分遠心分離、純米大吟醸磨き三割九分、純米大吟醸45、磨き三割九分スパークリング、純米大吟醸スパークリング45、試スパークリング45。

Dc071314
左端のものは、「試」とあるように、まだ市販されていないもの。

お酒はどれも美味しいのですが、飲み比べてみると、三割九分ぐらいが、お米の味がはっきりしていて、私的には好みでした。

Dc071335
この駅の近くに、獺祭の精米工場があり、そこからバスでの送迎。

Dc071337
昨日は大雨のため、岩徳線が30分の遅れ。

往復に時間が掛かり、ほぼ一日仕事でしたが、楽しく過ごしました。

|

« 『そのうちなんとかなるだろう』あとがき | トップページ | ○活 »

お酒」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『そのうちなんとかなるだろう』あとがき | トップページ | ○活 »