« 亀齢 Check「銀」 | トップページ | おろしそば@築地藪そば »

2019年7月24日 (水)

参院選投票率

与野党ともに敗北を喫した。そう言われても仕方あるまい。
48・80%。今回の参院選の投票率は5割を切り、1995年の44・52%に次ぐ、戦後2番目の低さとなった。
候補者すべての得票の合計を棄権が上回ったことになる。議会が民意を正当に反映しているか疑われかねない。
自民党は選挙区の改選数74のうち5割にあたる38議席を獲得した。しかし、棄権した人を含む有権者全体に対する絶対得票率は2割を切っている。
安倍首相は「国民の皆さまからの力強い信任をいただいた」と胸を張るが、与党、野党の別なく、代議制民主主義の基盤を掘り崩す深刻な事態と受け止めるべきだ。
朝日新聞2019年7月24日(社説)
投票率48.80% 政党が「棄権」に負けた、から

*****

今回の選挙結果をどう解釈すれば、力強い信任、になるのだろうか。強引な物言いが目立つ安倍首相ではある。権利を行使しない有権者も悪いが、投票率が低い方が有利とみる自民党の思惑もあるのではないか。

|

« 亀齢 Check「銀」 | トップページ | おろしそば@築地藪そば »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亀齢 Check「銀」 | トップページ | おろしそば@築地藪そば »