« ラ・ミステールのパン(その2) | トップページ | 七夕お酒の会 »

2019年7月 8日 (月)

仮親

かつては多くの大人が、一人の子と仮の(擬似的な)親子関係を結んでいた。田中優子

「仮親(かりおや)」という風習である。妊娠5カ月の祝いに帯を巻いてくれる帯親。出生時の取り上げ親、乳つけ親、名づけ親。故あって子を引き取る「拾い親」。それに「守姉(もりあね)」といって隣家の娘などが子育てを引き受けたと、江戸文化研究家は教える。子どもが生まれれば、誰の子かにこだわるより先にみなで手塩にかけて育てた。コミュニティの未来のために。『カムイ伝講義』から。

朝日新聞、鷲田清一による「折々のことば」 2019年6月30日

|

« ラ・ミステールのパン(その2) | トップページ | 七夕お酒の会 »

新聞雑誌など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラ・ミステールのパン(その2) | トップページ | 七夕お酒の会 »