« 乞食は三日すればやめられない | トップページ | 国家生命保険 »

2019年7月 1日 (月)

華鳩×TOMOE FUSION "R" plus 2019

Dc052512  榎酒造
 広島県呉市の音戸
 明治32(1899)年創業

 ワイン樽を使って日本酒を熟成
 榎酒造の華鳩を使った三本目

 微かにワインの香り
 色合いも少しだけワイン色

 味わいは濃厚
 日本酒とワイン両方の旨さ
 コクが口中に広がり
 最後は強めの酸でキレていく

Dc070101

Dc070102 Dc070103

*****

広島の三次ワイナリーのTOMOEブランドで活躍した樽、
コンディションの良い使用済のものに
様々な味わいの日本酒を詰めて熟成させたのが
「フュージョン」シリーズ、以下これまでに飲んだもの。

西条鶴×TOMOE フュージョン (こちら
華鳩×TOMOE フュージョンW 2018 (こちら
西條鶴×TOMOE フュージョン Light (こちら
華鳩×TOMOE フュージョン 貴醸酒 (こちら

|

« 乞食は三日すればやめられない | トップページ | 国家生命保険 »

お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乞食は三日すればやめられない | トップページ | 国家生命保険 »