« へんくつや可部店 | トップページ | ざるうどん@丸亀製麺 »

2019年4月18日 (木)

久し振りの、野趣 拓

Dc041601

ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版、で星一つ獲得しました。このことを確信していたので、本の発売前に行こうと思っていたのですが、諸事情で訪問できず。出版から一年ほどが過ぎてやっと、三日前、15日のことです。

ミシュランの評:店主がこだわるのは旬の素材が持つ、味や食感を生かす事だ。例えばスズキと淡竹の潮汁なら実は骨ごと加えて旨味を引き出し、甘鯛なら鱗の香ばしさが心地よい松笠揚げに仕上げるなど。春には自ら山で採る山菜料理を出すことも。調理に実直に向き合う主の姿に好感が持てる。

Dc041612

中区堺町二丁目1-11、むさし土橋店の裏側、少し南になります。カウンター5席、小上がりに掘りごたつ式のテーブル二つ。先客が居て写真が撮れず、代わりにこれまでアップしていない厨房を。

Dc041602
先ずは生ビール(小)。

Dc041603
先付。タイラギ、コゴミ、アスパラ、下に隠れてヨモギ豆腐、上に載っているのは花山葵。

Dc041606
椀物。若竹煮。筍に隠れているのは原木椎茸。

Dc041608
神雷 RISING SUN 純米 山田錦
享保元(1716年)創業、広島県神石高原町の三輪酒造

Dc041610
造り。平目、鰺。上に載っているのは、山葵菜(高菜と同じく芥子菜の一種)、葉山葵、水菜の花。

Dc041613
夢倉敷60、生酛純米、備前朝日米100%
1909(明治42)年創業、岡山県倉敷市の渡辺酒造本店
これは超美味、五味が揃っていて、チョット酸が強い

Dc041810
でんちょう鰈の卵とじ。
別名:レンチョウ鰈、アカシタビラメ、舌平目、牛の舌。

Dc041617
手前、烏賊の卵。奥、イカの軟骨(足と胴体の接続部分)。

Dc041811
猪肉、胡椒。下中央、姫川山椒。右下、野蒜味噌。

Dc041626
筍ご飯。
Dc041618
浅利も入っています。
Dc041624

Dc041629
酒粕のムース。

先月まで、5000円と6500円のコースでしたが、今月から、6500円と8000円のコースになりました。これは8000円のコース、充分にその価値が有ります。

*****

大型連休も通常通り、4月29日から5月4日まで営業。
ただ、5月20から6月1日まで、奥さん出産のため休業、
こういう休み方、いいですね。

これまでの訪問へのリンク:
野趣 拓  
野趣 拓 (二回目)  
野趣 拓 (三回目)  
野趣 拓 (四回目)  

|

« へんくつや可部店 | トップページ | ざるうどん@丸亀製麺 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« へんくつや可部店 | トップページ | ざるうどん@丸亀製麺 »