« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

カレーまぜそば@鶏そば一休

鶏そば一休(こちら)でランチ。

カレーまぜそば、820円+税。
Dc043002
玉葱、筍、モヤシなど、野菜たっぷり、いい食感。左に黒く写っているのは刻み海苔。カレータレは下に隠れていて、程よい辛さ、太めの麺との相性よし。美味しく頂きました。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

負けず嫌い

「負けず嫌い」は、間違った日本語だと言われることがある。負けず、というのは、負けない、ということだから、負けず嫌いは、負けないことが嫌いだということになって、負けたら嬉(うれ)しいことになってしまい、その本来の意味とは真逆のことになる。だから、負けず嫌いではなくて、「負け嫌い」と言わなくてはならないという。/ま、そうなのだ。間違った言い方なのだ。どうしてそうなったかはよく分からないのだが、「雨が降らない前に洗濯物を取り込んでおく」など言ってしまうように、言いたいことを先走って言ってしまって、論理的には破綻(はたん)してしまうことがままある。/負けるのが嫌だ。負けたくない、という思いが強いあまりに、つい、負けず嫌いと言ってしまう。「負けじ魂」などという言い方がある。辞書は、そういう言葉からの類推による誤用という。

金田一秀穂「巷の日本語」―サライ2019年4月号―より抜粋

| | コメント (0)

2019年4月29日 (月)

田中六五

Dc042614 安政2(1855)年創業
 福岡県糸崎市の白糸酒造

 酒名の田中は蔵元の性であり
 田んぼの中にある蔵だから
 六五は精米歩合65%
 意図的に吟醸にしなかった

 はね木搾り―木の槽と石の重し
 味わいが穏やかになります
 ほのかに甘い香り
 米を思わせる柔らかな旨味
 微かな渋みと丸みを帯びた酸
 極上の旨さ

Dc042804

Dc042806

| | コメント (0)

2019年4月28日 (日)

のんき節

敗戦後の初の総選挙は昭和二十一年(一九四六)四月十日に行われ、「のんき節」の石田一松が当選した。日本初のタレント代議士の誕生ということになる。
♯ 男なら 男なら
  何をいつ迄(まで)未練じゃないか
  敗けた戦争の責任負って
  官吏代議士 みなやめろ
毎日のようにこれを聞かされていたある代議士が怒り狂って「芸人風情(ふぜい)が生意気だ!」といったので、石田一松はこの初の総選挙に立候補して見事に当選、議員バッジを光らせて、ハハのんきだねェーと「のんき節」を痛烈に歌いつづけた。
♯ 闇(やみ)肉 闇酒 闇のお米で
  生きてるお方は 欲に目がくらみ
  配給の食糧で生きてる奴は
  栄養失調で目がくらむ
  ハハ のんきだねェー
その少しあとに流行した珍教育勅語というのもあった。
「民惟(おも)うに、わが公課公租(税金のこと)国に収むること宏大に、配給を絶つること深刻なり。わが官僚よく誅(ちゅう)によく求(きゅう)に、億兆紙幣をくずにして、世々その非をなせるは、これわが国体の精華にして、頽廃(たいはい)の淵源(えんげん)実にここに存す。民草貧民父母に分かれ、兄弟に離れ、夫婦野合し……」
あとはすっかり忘れたが、たしかおしまいは「虚名護持」であったと覚えている。

朝日新聞 be on Saturday 2019年4月13日号 半藤一利の(歴史探偵おぼえ書き)「空きっ腹、胸に刻んだのんき節」から抜粋

| | コメント (0)

ビッグ安古市店のお寿司

先日、友人の強い「ばら寿司」プッシュで食べてみました。
Dc031805
穴子のちらし寿司、297円+税。確かに、安くてそれなりに旨い。

その後、こんなものも買ってみました。

Dc042501
お座布いなり、79円+税。お座布、京言葉で座布団のこと、多分。
お座布いなり、座布団のようないなり寿司、多分。
上から、山菜、五目、梅、わさび。

Dc042502
細巻、79円+税。家で半分にカット。ネギトロ、サーモンマヨ。

お昼には冷凍食品よりいいかもしれません。

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

パンにはバター

パンには、特に食パンには、バターだと思います。
普段、雪印北海道バターです。
一時期、カルピスバターを使いました。
近所のパン屋が業務用を分けて呉れたのです(こちら)。
デパートなどで売っていますが、高価!

と書いておきながら、以下はバター以外のものの紹介。

Dc021602
これお気に入りです。
Dc021603
ハード系に合うと思います。
Dc122202

Dc020907
バターが溶けないパンに塗るためのもの。
Dc020908

チョット変わりダネを一つ。
Dc121815
これもハード系のパンに合います。
Dc122201
ゴマの風味がなんとも言えません。

でも結局はバターです。バターに勝るものはありません。

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

博多食堂のぼせもん

Dc042611

この19日に開店したばかりのお店。のぼせもん、は夢中になる人ぐらいの意味? 昔九州に住んでいた時は、お調子者という意味でも使っていたような?

Dc042606t

お昼過ぎ、大盛況。王貞治さんからの花!

Dc042610

メニューのトップ、博多中華ソバ(中州ブラック)、700円+税。中洲の老舗中華ソバ屋の看板メニューだそうです。優しい醤油味、麺は柔らかめ、部厚いチャーシュー二枚、同じぐらいの大きさのシナチク二つ、後半唐辛子を振りかけると更に美味しくなりました。

ランチメニューは他に、博多ちゃんぽん(800円)、中州とんこつラーメン(700円)、博多皿うどん(800円)、博多もつニラソバ(900円)、のぼせもん激辛麺(800円)、博多一口焼き餃子(350円)、博多ブリ餃子(400円)、中州黒チャーハン(500円)、黒半チャーハン(280円)、白ごはん(100円)。メニューの最初に、創業昭和29年 博多・中洲ホウテン食堂の味、と書いてあります。

Dc042608

Dc042613
お店は東南角。

食べてみたいメニューがたくさん、また行こう。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

*****

また行って、博多ちゃんぽん、を食べました(こちら)。
三回目、中洲黒チャーハンと餃子を食べました(こちら)。

| | コメント (0)

2019年4月25日 (木)

とろまーじゅ@どるちぇ ど さんちょ

Dc042302

DOLCE DE SANCIO(どるちぇ ど さんちょ)という札幌のチーズケーキ専門店。そこのチーズタルトが、とろまーじゅ、です。

Dc042303

いろいろな種類があります。

Dc042305

しっかり焼かれたザクリ食感のタルト。そこに入っているのは、とろけるチーズクリーム、それぞれに異なったチーズが使われているとのこと。上には、ふわりスフレ。美味なる上品なお菓子です。

そごう広島店、初夏の大北海道展(4月23日~5月6日)にて購入。

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

名古屋土産

Dc041632
名古屋で売ってる伊勢土産、私の大好物。
Dc041634
賞味期限が短いのでチョットだけ。

Dc042119
名古屋といえばこれ。
Dc042205_1
上、左から、白(砂糖と米粉)、黒(黒糖)、茶(抹茶)、
下、左から、上がり(上がり餡=上質のこし餡)、桜(桜の仄かな香り)。

Dc042123
これも名古屋名物ですね。

東京土産としては何度か貰ったもの。
Dc042117
シュガーバターの木、の、名古屋地区限定品。
Dc042207_1
愛知県西尾、日本有数の抹茶の里だそうです。

お嫁ちゃんが嵐のコンサートのために名古屋へ、のお土産。
たくさんアリガトサンです。

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

牛肉ラーメン@山椒屋

山椒屋(こちら)にて、牛肉ラーメン、880円。

Dc042301

スープにいろいろな香辛料が浮かんでいて、見るからに辛そう。そして実際に辛い。ただ、その中に様々な刺激を伴った旨味がある。麺は先日のザージャン麺と同じ、ねばモチッとした面白い食感。牛肉はしっかり味付けされた小さいものがバラバラと入っています。辛さは大丈夫だったのですが、頭から汗が噴出、恐らく山椒のためでしょう、スープの完飲は断念、私としては滅多にないことでとても残念。

一時過ぎ、他の客が居なくなったので、ザージャン麺と汁なし担担麺の違いについて、店主に質問。四川への思い入れを熱く語ってくれましたが、要は、同じ起源を持つもののようです。他に以下のことを話してくれました。偶々私が食べた二つ、ザージャン麺と牛肉ラーメンは店主が四川で習得したもので、他のメニューは日本の四川料理の名店で習ったということ。チャーシュー麺、ねぎそば、担々麺、全て食べてみようと思います。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年4月22日 (月)

ベーコンちーず・ごま@一本堂

一本堂広島高陽店(こちら)、に新商品がありました。

Dc042109
ベーコンちーず食パン、お値段チョット高くて、600円。
Dc042114
チーズもベーコンもたっぷり。
Dc042201_1
サクサクでいい香り。

Dc042110
ごま食パン、380円。
Dc042113
ゴマたくさん、ゴマ風味ほんのり。
Dc042203_1
チーズを塗ったら、チーズ風味に。プツプツ食感よし。

サンドイッチ用に切れるのはこれだけでした。以前も紹介した、
Dc042104
乳酸菌入り食パン、340円。10枚切り。
Dc042127_1
買ってきてすぐ食べると、一層美味しい。

高陽店、よく新商品を作っています、また買いに行こう。

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

ジャージャー麺@東海

麺工房東海(こちら)にて、ジャージャー麺、980円。

Dc042102

程よい辛さ、肉味噌の旨味、美味しく頂きました。

先日、山椒屋でザージャン麺を食べてから(こちら)、肉味噌がかかった麺料理について調べてみました。結局、よくは判りませんでしたが、中国の「炸醤麺(ジャージアンミエン)」というものが元のようです。炸醤麺は、豚ひき肉にみじん切り野菜を混ぜて黃醤や甜麺醤などで味付けをした肉味噌をかけた麺料理。ここから彼方此方でいろいろ変化したようです。日本での呼称は、ジャージャ麺、ジャージャン麺、ジャージャー麺、(盛岡)じゃじゃ麺、など。ザージャン麺も汁なし担担麺も、同系統の料理なのでしょう。

今日は店主・王明春さんが居ないだろうという情報があったので、ジャージャー麺は食べれないと思っていました。手打ちが売りなのですが、店主しか打てないのです。しかし、メニューにありました。ただし、「手打ち」が消されて「機械打ち」に、その為、100円安くなっています。

Dc120301_2

ポイントカードが一杯になっていたので、二人分無料。

店主が居ない理由は・・・

Dc042103

こちらは、麺工房、ではなく、飯店、です。行ってみたい!

なお、麺工房東海は現在お昼の営業だけになっています。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

紀土 純米吟醸酒

Dc041638  1928(昭和3)年創業
 和歌山県海南市の平和酒造

 紀土 ―KID―
 純米吟醸酒 春の薫風
 瓶の色もラベルも春を感じさせる
 春の期間限定商品

 一言で言うと上品
 仄かにいい香り
 口当たり柔らか
 全体的に控え目な旨さ
 穏やかな甘さも感じ
 最後にチョット渋み

Dc041801

Dc041802

| | コメント (0)

2019年4月19日 (金)

ざるうどん@丸亀製麺

Dc041904

今日は冷たい麺を食べたくてウロチョロ、結局行き着いたのはここ。

Dc041903

ざるうどん(並)、290円。いわし天、140円、を添えました。
この二つ、チョット相性がよくなかったような。

丸亀製麺イオンモール広島祇園店にて。
安佐南区祇園三丁目2-1、三階のフードコートにあります。

| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

久し振りの、野趣 拓

Dc041601

ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版、で星一つ獲得しました。このことを確信していたので、本の発売前に行こうと思っていたのですが、諸事情で訪問できず。出版から一年ほどが過ぎてやっと、三日前、15日のことです。

ミシュランの評:店主がこだわるのは旬の素材が持つ、味や食感を生かす事だ。例えばスズキと淡竹の潮汁なら実は骨ごと加えて旨味を引き出し、甘鯛なら鱗の香ばしさが心地よい松笠揚げに仕上げるなど。春には自ら山で採る山菜料理を出すことも。調理に実直に向き合う主の姿に好感が持てる。

Dc041612

中区堺町二丁目1-11、むさし土橋店の裏側、少し南になります。カウンター5席、小上がりに掘りごたつ式のテーブル二つ。先客が居て写真が撮れず、代わりにこれまでアップしていない厨房を。

Dc041602
先ずは生ビール(小)。

Dc041603
先付。タイラギ、コゴミ、アスパラ、下に隠れてヨモギ豆腐、上に載っているのは花山葵。

Dc041606
椀物。若竹煮。筍に隠れているのは原木椎茸。

Dc041608
神雷 RISING SUN 純米 山田錦
享保元(1716年)創業、広島県神石高原町の三輪酒造

Dc041610
造り。平目、鰺。上に載っているのは、山葵菜(高菜と同じく芥子菜の一種)、葉山葵、水菜の花。

Dc041613
夢倉敷60、生酛純米、備前朝日米100%
1909(明治42)年創業、岡山県倉敷市の渡辺酒造本店
これは超美味、五味が揃っていて、チョット酸が強い

Dc041810
でんちょう鰈の卵とじ。
別名:レンチョウ鰈、アカシタビラメ、舌平目、牛の舌。

Dc041617
手前、烏賊の卵。奥、イカの軟骨(足と胴体の接続部分)。

Dc041811
猪肉、胡椒。下中央、姫川山椒。右下、野蒜味噌。

Dc041626
筍ご飯。
Dc041618
浅利も入っています。
Dc041624

Dc041629
酒粕のムース。

先月まで、5000円と6500円のコースでしたが、今月から、6500円と8000円のコースになりました。これは8000円のコース、充分にその価値が有ります。

*****

大型連休も通常通り、4月29日から5月4日まで営業。
ただ、5月20から6月1日まで、奥さん出産のため休業、
こういう休み方、いいですね。

これまでの訪問へのリンク:
野趣 拓  
野趣 拓 (二回目)  
野趣 拓 (三回目)  
野趣 拓 (四回目)  

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

へんくつや可部店

Dc041702

安佐北区可部南三丁目1-23、可部街道(国道183号線)安佐市民病院前交差点を東、すぐ南側。

Dc041704

昔このお店でお好み焼きを食べた記憶があります。今日は午後も遅く、軽いものをと思い、焼きそば、680円、にしてみました。ですが、結構ボリュームがあり、そばの食感もよく、美味しく完食、満腹。結局、お好み焼きと同じぐらいの量だったかもしれません。

| | コメント (0)

2019年4月16日 (火)

麺彩 kitchen あひる食堂

Dc041604

4月8日、麺屋市川商店(こちら)が山の方へ移転オープン。

Dc041607

今度のお店は広い、写真に写っているところが10席、左の方にテーブル席3つ、後ろの方に六畳の小上がりが二つ、一つは何も置いてなくキッズスペースのような感じ。

メニューは移転前とほぼ同じようです。

Dc041611

まだ食べたことのない汁なし担々麺、680円、追っかけご飯、80円、をオーダー。3辛(基本の辛さ)にしました。「激辛ラー油」、「花山椒」、「激辛」の三つが添えられていますが、必要なし。程よい辛さです。

Dc041616

安佐南区山本四丁目13-53、春日野団地に行く途中の道です。「あひる」は真ん中、左が「あゆみ」(デイサービスセンター)、右が「ゆくる」(肩こり・腰痛・全身もみほぐし)、何か関係があるのか偶然なのか、三つともひらがな三文字。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年4月15日 (月)

椎茸の肉巻き

我が家の新メニュー。

Dc031015

椎茸以外に、左には大葉と餅、真ん中には大葉、右には大葉とチーズ、も入っています。酒肴にもピッタリの美味しい一品です。

| | コメント (0)

6Pチーズ@KRAFT

最近、チーズ専門店に行くこともなく、近くで手に入りやすいものを食べてます。

チェダーチーズ。
Dc012607
チェダーチーズ100%使用。コクがあります。

モッツァレラチーズ。
Dc021508
モッツァレラチーズ65%以上使用。柔らか、食べやすい。

カマンベール入り。
Dc021704
カマンベール6%以上使用、なので、「入り」です。クリーミー。

どれも、希望小売価格320円+税。

KRAFTはアメリカの会社、日本での商品展開は森永乳業。
プロセスチーズを最初に作ったのはKRAFTのようです、このことに関して調べると面白いかも。

スーパーのチーズ売り場に行くと、種類の豊富さに驚きます。
結構楽しめそうです。

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

広島おもてなし御膳@かなわ

Dc062804

友人御夫妻、遠方より来たる、かなわにてランチ。
御夫妻は穴子御膳。
私は先月食べた(こちら)ので、今日は、広島おもてなし御膳。

Dc041415

Dc041417

Dc041423

Dc041421

Dc041425

家の奥さんは、新はんなり弁当。

Dc041419
クリックで少し拡大します。ご飯とお汁付き。

川越しに、少し残っている桜と、綺麗になりつつある新緑を愛で、
友と語り合いながら、美味しい優雅なひとときを楽しみました。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

山椒屋

Dc041308

入口の右、山椒屋の右に、ザージャン麺。はて、これは?
営業中看板の左下に以下のような説明が書いてあります:
「中国より本場の味が遂に上陸! 四川・重慶で有名な麻辣麺」
店に入ってメニューを見ると、写真付きで上から、牛肉ラーメン(880円)、チャーシュー麺(880円)、ねぎそば(780円)、ザージャン麺(680円)、担々麺(830円)、です。メニューの書き方は、ザージャン麺が一押しとは思えません。メニュー表の一番上には、四川省・こだわった本場の味、の文字、全て四川風のようです。

Dc041306

で、結局、ザージャン麺を注文。辛さは普通でいいですか、と聞かれたのですが、初めてということで、仰せの通りに。暫くして目の前に置かれたものは、見た目汁なし担担麺、食べても汁なし担担麺です。チンゲンサイはユニークですが、他に何が違うか判りません。麺はチョット粘りがあるものでした。

年齢不詳の女性が店主、若い男性が補助、のようです。これだけ四川を謳っているからには、現地で修行したのでしょう。他のメニューも食べてみようと思います。

この3月に開店、安佐南区西原一丁目1-4、麺屋市川商店(こちら)があったところ。その市川商店は、安佐南区山本に移転、麺彩 kitchen あひる食堂、という店名になっています。4月8日に開店したばかり、こちらにも行かなければ。

*****

後日追加:
「牛肉ラーメン」食べました(こちら
「棒々鶏涼麺」を食べました(こちら

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

 

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

トミーズ「あん食」

Dc041103

トミーズは、1977年、パンの激戦区・神戸で創業、以来40年以上神戸の人に愛されているパン屋だそうです。4店舗あり、東灘区の「魚崎本店」、神戸の中心・三宮に「三宮店」と「三宮東店」、隣の灘区に「六甲道店」。

Dc041104
北海道産小豆の粒あんを、生クリームが入っているクリーミーなパン生地に混ぜ合わせた食パンです。そのまま食べても美味しい。

Dc041105
こんがりトーストすると、外側はカリッ、中はモチっとする食感を楽しむことが出来ます。

Dc041201
バターを塗ると、あんバター風になります。

天満屋緑井店の、春の諸国うまいもの味くらべ(4月10日~15日)にて購入。あん食は10日のみの販売、限定60袋。一時間ほどで売り切れだったようです。天満屋緑井店での販売は多分初めて、そごう広島店では原則、第2と第4の土曜日・日曜日に売っています。

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

ランチ@一休

今日は特別な事情でお昼がすごく遅くなりました。
「年中夢求」の鶏そば一休(こちら)、なんと通し営業です。

Dc041107
私は、煮干しブラック、750円+税。見た目とは違ってマイルド。

Dc041109
奥さんと娘は、鶏白湯味玉入、780円。ここのメンマ、部厚くて美味。

Dc041106
孫は、お子様ラーメン、550円。
帰る時に、大きめのカプセルに入ったオモチャを貰いました。

昼食難民になりそうでしたが、2時半過ぎに、
美味しいランチを食べることができました。

3時からは替え玉が無料になるそうです。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

シニア向きの菓子パン@タカキ

パン好きのシニアの方に向けてとびきりのおいしさを楽しむ菓子パンシリーズ、というものが4月1日にタカキベーカリーから発売されました。

Dc040906
生地よりも餡が多いつぶあんぱん
Dc040911
メーカーの説明:旨みと香りが高い北海道十勝産(生産者限定)のこだわりの小豆を使用。丁寧に炊き上げたつぶあんを、口どけのよい生地で包み込みました。生地より餡が多いので、こだわりのつぶあんの味を存分にお楽しみいただけます。メーカ希望小売価格(税込)、149円。
Dc040912
生地より餡が多いか?

Dc040905
たまご味が濃い昔ながらのクリームパン
Dc040909
メーカーの説明:昔ながらの濃い卵味のクリームを使用したクリームパン。ぽってりとしたクリームとしっとりとしたパン生地がよくあいます。オリジナルで配合したクリームを、焼き上げる前と後の2段階で加えているので、パン生地の中にクリームがたっぷりと詰まっています。メーカー希望小売価格(税込)、138円。
Dc040910
クリームは旨いが、量が少ないのでは。

Dc040802
塩味のパイに甘い粒あんが絶妙なあん餅パイ
Dc040805
メーカーの説明:上品な甘さ、小豆の風味が楽しめる北海道十勝産の小豆を使用。丁寧に作り込んだ自家製あんともっちり感が特長の自家製もちとあわせ、ほんのり塩味を効かせたパイ生地で包み焼きあげました。生地の塩味が、つぶあんやもちの素朴な甘みを引き立てます。メーカー希望小売価格(税込)、138円。
Dc040806
なかなか見事なハーモニーです。

Dc040904
きなこ好きさんが大喜びするきなこあんぱん
Dc040907
メーカーの説明:白あんベースで作った自家製きなこあんと濃厚なきなこペーストを、コクのあるたまごたっぷりの生地で包みこみました。表面にも焙煎きなこをふりかけ焼き上げているので、どこを食べてもきなこ味。きなこ好きな方におすすめです。メーカー希望小売価格(税込)、149円。
Dc040908
これは意外に美味です。

Dc040801
上品な甘さがあと引く黒豆ぱん
Dc040803
メーカーの説明:上品なやさしい甘みと風味が特長の北海道産黒豆をたっぷりと使用。素朴でしっとりとしたパン生地と合わせているので、黒豆のおいしさが引き立ちます。飽きのこないあとをひくおいしさです。メーカー希望小売価格(税込)、138円。
Dc040804
シンプルで旨い。

どれもそこそこに美味しいパンです。でも、また買うかは微妙。

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

のどぐろ&イカ

Dc032905

知り合いが送ってくれました。

Dc032906

冷凍とはいえ、新鮮な感じです。

Dc040916
凄く脂がのっています。
Dc040918
さすが高級魚・のどぐろ、超美味です。

Dc033014
イカはこのようにして食べました。
Dc033013
酒肴にピッタリ。

まだ冷凍庫に残っています。楽しみ。

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

ペスカのパン(その4)

本当にお久し振りの、ペスカ(こちら)のパン。

Dc040401
ぶどうパン、130円+税。
Dc040402
ブドウがたくさん入っています。

Dc040408
かぼちゃ、210円+税。
Dc040409
かぼちゃがそのまま入っていて、風味が素晴らしい。

Dc040405
米粉バンズ(2個)、100円+税。

Dc040406
米粉クランベリー、90円+税。
Dc040407
このパンは以前食べました。

米粉パンはモチモチ食感、美味しい。

ペスカ、はイタリア語で「桃」だそうです。

Dc031201

近くを通ったら又寄ってみよう。

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

生姜ラーメン@佐竹家

久し振りの、佐竹家(こちら)。冬限定、極太麺メニューに、生姜ラーメン、800円、があったので食べてみました。

Dc040701

たっぷり野菜のあんかけラーメンです。丼の右上にちょっと覗いているように、極太というほどではなく、多少太め。チャーシューは噛み応えがあり美味、三枚も。そして、なんといっても野菜がたくさん、食べても食べてもなくなりません。スープは生姜風味が強からず弱からず、ちょうどいい頃合いです。とろみがあるのでなかなか冷めず、最後まで熱々を食べることができました。

Dc040702

食後の珈琲付です。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

ヤマザキの薄皮ミニパン(その20)

4月のNEWアイテム。

『薄皮黒みつゼリー&きなこクリームパン』
Dc040306
メーカーの説明:山梨のご当地銘菓「桔梗信玄餅」の味をイメージした薄皮ミニパンです。薄皮生地で黒みつゼリーときなこクリームを包みました。
Dc040307
桔梗信玄餅がどのようなものか知らないので、その関連についてはなんとも言えない。ただ、黒みつときなこが融合して、甘さ控え目で美味しいパンになっている。

最近、新製品は月一つになったようです。プレミアムも久しく見ないし、ひょっとして売り上げが落ちているのか? まだまだ頑張って、美味しい楽しい商品を作って欲しいと思います。

*****

ひょんなことからこのパンの存在を知って、以来嵌まりました。NEWアイテムは勿論、定番もちょくちょく食べています。その「ひょんなこと」&これまでに食べた薄皮ミニパン、へのリンクは<こちら>。

| | コメント (0)

冷凍食品②

用事がない日の家ランチ、パンでなければ冷凍食品。

Dc012704
ビビンバ
Dc012706

Dc030307
ザ・パスタ(ミートソース)
Dc030308

Dc120205
どん兵衛(昆布だし)
Dc120206

Dc122101
上海焼きそば
Dc122104

Dc121602
焼きビーフン
Dc121604

前回の冷凍食品の記事(こちら)でも書きましたが、冷凍といって侮ってはいけません。技術の進歩は凄い。これからもちょくちょくお世話になるでしょう。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

ご予約パン屋くるくる(その2)

ご予約パン屋くるくる(こちら)、今回は予約をして。

Dc040514
かぼちゃクリームチーズ。
Dc040515
かぼちゃとクリームチーズ、合います。

Dc040512
紅茶ホワイトチョコ。
Dc040513
紅茶の風味がいいですね。

Dc040510
メロンパン。
Dc040511
柔らかいような固いような、面白い食感。

Dc040506
ほうれん草チーズ。
Dc040507
ほうれん草のいい味わい。

Dc040504
おから。
Dc040505
シンプルで旨い。

Dc040508
あんこクリームチーズ。
Dc040509
これ、前回買ったのと似ているが、ちょっと違うかな。

ここのベーグルは柔らかめ、フワッとしていてモッチリ。
昨日の記事に書いた「おます珈琲」の Bread blend(ブレッドブレンド)とともに頂きました。ちょっと苦みも感じますが、爽やかな味わい、少し冷めてくると甘味が出てきます。満足のランチです。

| | コメント (0)

安川緑道公園の桜

Dc040503

クリックで拡大します。今が盛り、花見をしている人多数。

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

花見2019&おます珈琲

Dc040413
晴天の今日、花見に行きました。平日にも拘わらず、結構な人出。

Dc040420
場所は広域公園。芝桜もありました。

Dc040423
向こうの丘には、市立大学や修道大学。

Dc040424
しだれ桜もソコソコきれい。お弁当を食べ、寛いだ数時間でした。

帰りに、おます珈琲(こちら)へ。
Dc040411
2種類購入(700円と680円)。以下はラベルに書いてある説明。
Bread blend (ブレッドブレンド)ーーパンに合うように作ったブレンド。優しく甘く、スッキリとした味わい。特にクロワッサンや食パンに合います。
おますブレンド――濃厚なコクと甘味。お店からのメッセージが込められたコーヒー。

明日から飲みます。楽しみ。感想は後日。

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

ランチ@ニューハーンディ

インド料理 NEW HAANDI(こちら)で、二度目のランチ。

Dc040313

今日は奮発して、一番高価なミニランチ、1050円。ナンだけではなく、ライス付、このチョットのご飯が最後に満足感をもたらします。カレーは9種類から二つ選択、チキン&インドひよこ豆。サラダ。ドリンクは13種類から一つ、やはりインド料理にはチャイでしょう。満足のランチ、そして、お腹ポンポコリン。

Dc040301

ここの料理、かなり美味しいと思います。

| | コメント (0)

願船坊の朝活⑪&パン

今朝は願船坊の朝活(こちら)に参加、11回目なります。昨年の9月半ばが最初ですから、半年を超えました。家を出る時も明るくなっている季節になり、楽に出発できます。いつものようにまず、讃仏偈のおつとめ。次に住職のチェロ演奏、バッハ:無伴奏チェロ組曲3番から「サラバンド」と「アルマンド」、このアルマンド、いい曲です。朝のお寺の本堂、凜とした雰囲気で、心に染み入ります。三曲目は、季節にピッタリの「さくらさくら」。最後に、坊守さんのオルガン伴奏で、恩徳讃。

*****

今日の朝食は、急に行くことになったので準備なし。

Dc040308
偶々家にあったパンと果物を持参。
Dc040309
某所のキャラメルラテを添えました。
カフェラテにキャラメルソースを入れただけのもの。まあ美味。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

亜麻猫

Dc031125  嘉永5(1852)年創業
 秋田市の新政酒造

 蔵発祥の六号酵母使用
 酒米は秋田県産米のみ
 生酛純米酒のみを醸す

 このお酒は白麹仕込
 焼酎に使う麹です
 その為独特の酸味

 開栓直後は生硬な感じ
 次第に熟れてきて
 程よい酸味とうまみとコク

Dc033101

Dc033102

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

6Pチーズ@雪印

Dc020803
昔からあるもの。1954(昭和29)年発売とのこと。

Dc121404
ゴーダチーズ配合、確かにコクと旨みがあります。

Dc031104
カマンベールが少し入って柔らかでクリーミー。

もう一つ、塩分15%カットという製品がありますが、未食。

最近は近くのスーパーで手に入るプロセスチーズばかりです。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »