« 町屋イタリアンぎをん椿庵 | トップページ | クリスマス2018 »

2018年12月23日 (日)

吉例顔見世

南座顔見世鑑賞ツアー、その6。

Dc112825

いよいよ南座です。三年近くの休館からこの11月に新開場。

Dc1121138

昔を知らないので、どう変わったのか判りません。

Dc1121155

南座も初めて、歌舞伎も初めて、という私です。

Dc112830

外観も、内観も、伝統を受け継ぎつつも、モダンな感じもします。

Dc122301
クリックで拡大します。

昼の部を鑑賞。そこを拡大すると・・・

Dc122302
クリックで拡大します。

果たして理解できるのか、と不安になっていましたが、こんなものが・・

Dc1121130

おかげでよく判りました。ただ、ちょっとしゃべりすぎですが。
連獅子が印象に残りました。役者は愛之助がピカイチ。

Dc112833
お昼はお弁当。
Dc112835
豪華でした。

10時30分開演、途中3回の休憩があり、終演が15時30分。
しかし、長いと感じることもなく、充分楽しめました。

後日譚:
偶々図書館で、ちゃぶ台返しの歌舞伎入門、という本を見つけました。
これはなかなかに優れた入門書だと思います。
鑑賞した後に読んだので、そういうことかと納得することが多々。
大衆芸能でありながら、色々捻りがあって面白い。
次回は事前学習をしっかりしてから行こうと思います。

|

« 町屋イタリアンぎをん椿庵 | トップページ | クリスマス2018 »

観光」カテゴリの記事

県外グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吉例顔見世:

« 町屋イタリアンぎをん椿庵 | トップページ | クリスマス2018 »