« ふるさと納税@対馬2018 | トップページ | 純米吟醸 MISA33 »

2018年12月 8日 (土)

1泊100万円の宿坊も

888年の創建で、「徒然草」にも登場する世界遺産の仁和寺(にんなじ、京都市)は、今春から外国人富裕層向けに宿泊業を始めた。料金は1泊100万円で2階建ての数寄屋建築「松林庵」で1日1組(最大5人)の限定だ。境内の古い家屋を1億6千万円かけて宿坊に改築。「そんな人が!という人からお話も来ています」と同寺の大石隆淳執行。最初の宿泊者も「世界的な著名人」だった。実績は5組ほどだが、世界各地から問い合わせがある。希望すれば別料金で、雅楽や舞楽を鑑賞したり、写経や生け花などの伝統文化を体験したりできる。仁和寺では代々、皇室関係者が住職を務めた。

朝日新聞 2018年12月6日
「花街のごひいきはインバウンド 1泊100万円の宿坊も」 から

最近(実は昔から?)、富裕層相手の商売が多いですね。
貧乏人は指をくわえているだけ!
こんな社会でいいのか、これが資本主義社会の現実なのか。

|

« ふるさと納税@対馬2018 | トップページ | 純米吟醸 MISA33 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1泊100万円の宿坊も:

« ふるさと納税@対馬2018 | トップページ | 純米吟醸 MISA33 »