« 富山ブラック | トップページ | ひろしま旬彩「鶴乃や本店」 »

2018年11月11日 (日)

清荒神清澄寺

姫路・宝塚への旅、その5。

ホテルで朝食後、公演まで時間があるので、清荒神清澄寺(きよしこうじんせいちょうじ)に行きました。

Dc1103100
山門。

Dc1103101
講堂。

Dc1103102
拝殿。

Dc1103103
社務所(多分)。松も建物も立派。

Dc1103106
本殿。

Dc1103104
資料館、朝早いので、開館していませんでした。ここと売店、モダンな建物ですが、境内の中で調和しています。

参道には数多くにお店がありました。朝早くても開いているところがあり、人気の程がうかがわれます。火の神、台所の神、として知られ、地元では荒神さんの愛称で呼ばれているそうです。

|

« 富山ブラック | トップページ | ひろしま旬彩「鶴乃や本店」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2206241/74581141

この記事へのトラックバック一覧です: 清荒神清澄寺:

« 富山ブラック | トップページ | ひろしま旬彩「鶴乃や本店」 »