« ヤマザキの薄皮ミニパン(その14) | トップページ | アストラムラインパン@SUNNY SIDE UP »

2018年10月 5日 (金)

麺屋宗&骨付鶏一鶴

Dc100509

福屋八丁堀店、秋の全国うまいもの大会(10月4日~16日)に出店中のお店。2007年創業、高田馬場に本店、都内に支店二つ。どこもカウンターだけの小さなお店ですが、催事には積極的に出店しているようです。

Dc100511

らぁ麺(塩)、864円。麺は柔らかめ、意図的にそうしているのかもしれない、鶏と魚介の旨みを凝縮しこだわりの塩をブレンドしたスープにあっている。穂先メンマは柔らか、チャーシューは歯応えがある。愕きはないが、よくまとまった一杯。

*****

ついでに、ではなく、どちらかというと、こちらがメイン。

香川の、骨付鶏一鶴。

Dc100513_2
おやどり、1009円。店員さんが、固いけど大丈夫ですか、の念押し。

Dc100515
ひなどり、895円。こちらは柔らかくジューシー。

夕食で美味しく頂きました。香川で食べた時より胡椒が強いような。

*****

両店とも、第一会期10日まで。

相変わらずいつものように、551 HORAI は長蛇の列でした。

|

« ヤマザキの薄皮ミニパン(その14) | トップページ | アストラムラインパン@SUNNY SIDE UP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2206241/74335091

この記事へのトラックバック一覧です: 麺屋宗&骨付鶏一鶴:

« ヤマザキの薄皮ミニパン(その14) | トップページ | アストラムラインパン@SUNNY SIDE UP »