« ら~めんや天金 | トップページ | 秋の京都展@三越 »

2018年10月26日 (金)

湯本温泉

山口県へ一泊二日の旅、その3。

Dc102032

この日の宿は、玉仙閣、詳細は後日。

明るい内に到着した目的は、元湯につかること。市営公衆浴場が、恩湯と礼湯、二つありますが、現在恩湯は建て替え中。

Dc102037

湯本温泉街を南北に流れる音信(おとずれ)川、この先南の外れに有名な大谷山荘、玉仙閣は北の外れ、赤い橋が八千代橋、ほぼ真ん中。橋の左に恩湯がありました。更に左、木々が茂っている左に見える建物が礼湯。

Dc102034

入浴料200円。浴槽は10人も入れないぐらい。先客一人、後から3・4人、地元の人のようです。お湯はちょっとヌルッとした気持ちのいいもの。ただ、恩湯の方は足下湧出で最高のお湯でした。一年後には復活の予定、その頃に行こうと思います。湯本温泉は雰囲気がよく、泉質も申し分なく、この辺りでは一二を争う温泉ではないでしょうか。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の trip 温泉に
ブログ「山口県へ一泊二日の旅」、へのリンクあり。

|

« ら~めんや天金 | トップページ | 秋の京都展@三越 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2206241/74478937

この記事へのトラックバック一覧です: 湯本温泉:

« ら~めんや天金 | トップページ | 秋の京都展@三越 »