« 冷やしまぜめん@リンガーハット | トップページ | Bakery Papaw ポーポー »

2018年9月 2日 (日)

獺祭「島耕作」

Dc081108_2獺祭の山口県旭酒造
7月の西日本豪雨で浸水停電の被害
通常では出荷できないものを
漫画家弘兼憲史の協力を得て
被災地支援も盛り込んだお酒を販売
新聞で取り上げられ大人気
8月10日の売り出し日でほぼ完売

50%精米から磨きその先へまで
全てこのラベルで売られているとのこと
飲んでも私の舌ではどれか判りません
マイルドな味わいの最後にちょっとの苦み
この苦みがなんなのか・・・

Dc083104

Dc083105

*****

「獺祭 島耕作」売り上げの一部を義援金に <8月31日 朝日新聞>
 全国的に人気の「獺祭(だっさい)」の蔵元、旭酒造(山口県岩国市)の桜井一宏社長が30日、西日本豪雨で被災後に販売した日本酒の売り上げの一部を、義援金として広島県に届けた。湯崎英彦知事が、2900万円の目録を受け取った。
 同社は、豪雨による川の氾濫(はんらん)などで浸水被害を受けた。停電にも見舞われ、当時発酵タンクにあった約50万リットルの温度管理が難しくなったという。そうした中で、地元・岩国市出身の漫画家弘兼憲史さんの協力を得て、人気漫画「島耕作」をラベルに描いた「獺祭 島耕作」の販売を決めた。
 1本(720ミリリットル)につき200円を被災地に寄付することにし、これまで約58万本を出荷。広島、山口、岡山、愛媛の4県に、同額ずつ義援金として届けることにしたという。桜井社長は「笑顔で楽しい日常を取り戻してもらうきっかけになる形で使ってほしい」と話した。

*****

山口産の日本酒 11年連続出荷増 11%増、海外8割伸びる
<8月30日 日本経済新聞 地域経済>
 山口県酒造組合がまとめた2017酒造年度(17年7月~18年6月)の日本酒出荷量は8116キロリットルで前年度比11.1%増と、11年連続で増加した。県内出荷は14%減と振るわなかったが、県外と海外が大きく伸びた。全国的には日本酒の消費は伸び悩んでいるが、山口は中小規模の蔵が独自のブランドを売り込み、人気を集めている。
 17年度出荷は県内が1674キロリットル、県外が5376キロリットル(前年度比12%増)、海外が1066キロリットル(同79%増)。酒造組合に所属する24の蔵が連携し酒米の調達や販路拡大、PR活動を積極的に進めている成果が出ている。
 海外出荷は米中韓を中心に純米吟醸など特定名称酒の引き合いが強く、10年前の15倍近くに増えた。「獺祭(だっさい)」の旭酒造(岩国市)をはじめ、「東洋美人」の澄川酒造場(萩市)などが輸出を強化している。

|

« 冷やしまぜめん@リンガーハット | トップページ | Bakery Papaw ポーポー »

お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 獺祭「島耕作」:

« 冷やしまぜめん@リンガーハット | トップページ | Bakery Papaw ポーポー »