« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

お出汁専門店「馬場ちゃん」

Dc063009

一階(荒井屋)ではありません、右の階段を上がって二階。

Dc063017
入口を入って左(道路側)、奥のカウンターで頂きました。

Dc063018
右側も同じような作りになっています。写真右の棚にはサインボール。

Dc063010
注文はタッチパネルです。もちろん店員さんも来ます。

Dc063011
炙り明太子のお茶漬け、1000円+税。

Dc063012
好みとしては、明太子をもっとしっかり炙って欲しかった。

Dc063015
ガトーショコラは最初のお盆の右上にありました。ドリンク付き。

定番のお茶漬け(トッピングなし)、700円、日替わりランチ(今日は、チーズと大葉のミルフィーユカツ)、790円、から、一番高いのが、A5和牛コウネの茶漬け、1300円。高くないもので軽くランチ、にいいでしょう。

Dc062313
クリックで拡大します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月29日 (金)

ソイラテ

Dc062601

見ても何か判らない写真でしょうが、ソイラテが流行っているとかで、自宅でやってみました。これは結構いけます。

ソイ・ラテとは、珈琲に豆乳を投入したもの。似た言い方で、カフェ・ラテは、イタリア語の造語で、ラテはミルクの意味のイタリア語ラッテから。となると、ソイ・ラテは大豆(豆乳)とミルクが一緒になったものになりそう。内容からいうと、カフェ・ソイというべきでは。

ソイラテの本家(?)、スターバックスのものを飲んでみました。
Dc062605
ソイラテ(S)、380円+税。砂糖を入れませんでした、まあまあ。

Dc062607
紙屋町シャレオ店にて。2001年開店の広島1号店。
Dc062606
開店当初は大混雑、今は落ち着いています。

ドトールでも飲んでみました。呼び方が違って、豆乳ラテ(S)、310円。
Dc0611111
砂糖を投入、とても美味しく感じました。

濃い珈琲で作るのが極意のようです。自宅で毎日やっています。
他の店のものも飲んでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月28日 (木)

あべのハルカス

大阪・京都・滋賀に行きました、2018、その2。

Dc061108

近くで見上げると、すごい高さです。「ハルカス」は「晴るかす」、古語で「晴れ晴れさせる」という意味。

Dc061126

あべのハルカス美術館がある16階から専用のエレベータで60階に上がります。すごい速さですが、それを感じることはありません。

Dc061119

60階から絶景が見えるはずだったのですが、小雨模様で、遠くは見えません。これは北西方向、下に見えるのは天王寺公園・動物園・市立美術館など、その左に通天閣が見えます。

Dc061122

一部にガラス床があり、真下が見えます。怖い! もっと怖い目に遭いたい人には、屋上のヘリポートに行くツアーや、屋上の狭いデッキを歩いて空中に身を乗り出す「エッジ・ザ・ハルカス」というものもあります。別料金です。

Dc061125

58階には、天空庭園、奥はカフェダイニングバー「SKYGARDEN300」、があります。59階には、グッズショップ SHOP HARUKAS 300 があり、下りのエレベータはここから乗ります。この3フロアーが、ハルカス300。入場料1500円。

天気がよくなかったのは残念でしたが、まあまあ満足しました。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の trip 温泉に
ブログ「大阪・京都・滋賀に行きました、2018」、へのリンクあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

井出商店

Dc062710

そごう広島店、夏の全国うまいもの大会(6月21日~7月3日)に出店中。和歌山ラーメンといえばここ!という超有名店。どこかの催事で食べたと思っていたが、調べてみるとどうも未食のようなので行きました。

Dc062711

スープが濁っているように見えるが、味は割にスッキリ、本場もこんな色なのか? 麺はちょっとモチモチ、食べやすい。チャーシューはまあ普通かな。広島ラーメンに似ているが、豚骨臭が少し、滅多に胡椒は使わないのだが、後半ちょっと投入、相性がいいようでマイルドに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月26日 (火)

松本幸司の世界観

Dc060509

大変ユニークな店名、何を売っているのか判りません。

Dc062608

この3月にオープンした、コッペパン専門店です。注文してから作ってくれます。狭い店内、10人入ったらギュウギュウ、2~3人のイートインスペースもありますが(外から見える右側)、立ち食いです。

Dc062615
ピーナツバターとジェリー、220円+税。
Dc062616

Dc062613
北海道産あん、160円。
Dc062614

Dc062617
野菜たまご、280円。
Dc062618

Dc062619
たまごサラダ、240円。
Dc062620

Dc062621
ピリ辛担々麺、380円。
Dc062622

Dc062611
マツモトバターサンド、350円。
Dc062612

どれもそれぞれに美味しいが、ピリ辛担々麺が一番気に入りました。

Dc062610
こんな紙袋に入れてくれます。
眼鏡の下の文字:HAPPY KOJI PHYLOSOPHY

Dc060515
上下ともクリックで拡大します。
Dc060520

何故今コッペパンなのでしょう? このお店のすぐ近くに、コッペパン専門店・パンの大瀬戸3号店があります。共存共栄できるのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

佐竹家

佐竹家(こちら)、時々は行っているのですが、久しく掲載してないので、今日家族で食べた、夏向きのメニューを紹介します。

冷やし中華、800円。
Dc062501
写真は1玉ですが、2玉まで同料金。

おろし冷麺、800円。
Dc062503
写真は1玉ですが、これも2玉まで同料金。

ざるめん、700円。
Dc062502
写真は1.5玉、これは3玉まで同料金。

自家製麺だから出来ることです。
お腹をすかせて、2玉、3玉に挑戦してみよう。

Dc062504

何時頃からか、食後珈琲のサービスあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月24日 (日)

belle equipe ベル・エキップ

Dc062424

久し振りに、日欧工夫料理ベルエキップでディナー。

Dc062422

安佐南区緑井二丁目15-16、緑井第一公園(写真の左奥)の南。

Dc062409

Dc062413

Dc062415

Dc062417

Dc062419

Dc062421

どの料理も美味しく頂きました。特に最後のアイスクリーム、絶品。

ただ、過去のディナーやランチに比べると、満足度が低かった、何故か? 久し振りで、期待が大きかったからかもしれません。

*****

これまでのベル・エキップをまとめてみました。

ランチ一回目(こちら)。
ディナー(初)(こちら)。お店内部の写真あり。
ランチ二回目(こちら)。
ランチ三回目(こちら)。
ランチ四回目(こちら)。
カレー ランチ(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月23日 (土)

アオババ

Dc062302

4月末にオープンしたお店、最近ベトナム料理店が増えています。

Dc062310

外も内もベトナムっぽい、店員さんもベトナム(多分)。

Dc062306

ベトナム麺ランチセット。お好みの汁麺(「フンボーフエ」辛い牛肉うどん、を選択)+日替わりごはん or フレッシュサラダ+ミニデザート、880円(麺によって値段が異なる)。辛さは穏やか、うどんほど太くないひしゃげた丸麺、見ての通り具沢山、牛肉柔らかい。サラダのドレッシングが旨かった。

ランチは他に、フォーランチセット。
夜に行って、本格的ベトナム料理を食べようと思います。

Dc062312
福山店は2016年9月、岡山店は2017年6月にオープン。
上海にも2010年12月オープンのお店があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月22日 (金)

ピッコロ

大阪・京都・滋賀に行きました、2018、その1。

Dc061132

第一目的地、あべのハルカス。でも先ずは腹拵え。

Dc061109

大阪梅田の地下街で人気のカレー屋さん、あべのハルカスに支店があるというので行きました。洒落たお店です。

Dc061112

シャンデリアからはフォークやスプーンがぶら下がっています。外の通路には千成り瓢箪。店内はかなりの広さです。

Dc061113
オムライス(ビーフシチューソース)、1180円。

Dc061114
愛もりカレー、1080円。ピッコロの定番! 左側が「スペシャルビーフカリー」、右側が「スタンダードビーフカリー」、の二種類が楽しめる。香りがよく、そこそこの辛さで、コクがあり、なかなかの美味しさです。

*****

6月上旬の旅行記、ぼちぼちアップします。

さーたんの独り言本家(こちら)の trip 温泉に
ブログ「大阪・京都・滋賀に行きました、2018」、へのリンクあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月21日 (木)

Joli fils ジョリーフィス

Dc062017

安佐南区伴中央二丁目1-8、伴入口交差点北東角、南西側に川中醤油。2015年4月、500メートルぐらい南から移転。この店でも前の店でも何度か購入しました。15年ぐらい前から、美味しいケーキを作っています。

Dc062015

入口を入って右奥にイートインスペース。

Dc062016

正面にケーキのショーケース、左側には焼き菓子など色々。

Dc050802
茶っ葉、380円。

Dc050803
モンブラン、380円。

Dc050804
雅、380円。

Dc050805
ガトーショコラ、370円。

Dc062019
ティラミスヌーボー、420円。

Dc062018
メロンの王子、650円。

Joli fils は仏語で「可愛い息子」、店主に可愛い息子がいて、今は一緒にケーキを作っているようです。

Dc062314
煙突の右にイートインスペース。

Dc062315

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

六角

Dc062005

佐伯区石内東四丁目1-1、THE OUTLETS HIROSHIMA にあるお店です。映画を見たあとの昼食、色々なお店がありますが、ほとんどがお馴染みの名前。で、聞いたことのないここにしました。

Dc062011

白もりそば(大)、700円。廣島安芸府中発祥の白そば、江戸時代から名物としてあったそうです。そば粉を挽くとき石臼の軸に一文銭を入れると実だけを挽いてそばが白くなるとのこと。風味にさほど特徴的なものはありません。薬味がセルフだったので色々試してみると、意外に七味が合いました。食器が店名と同じ六角!

Dc062013

そば湯とセルフの漬け物で仕上げ。

帰りに聞くと、六角というお店はここにしかないとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

51 CURRY CAFE

Dc061904

広電西広島駅の北の通りに、今年の2月に開店したお店。入ってすぐにカウンター席、中が調理場。間口は狭いがずっと奥まであり、テーブル席が幾つか見えました。そこそこ広さはあります。

Dc061907

初めてなのでベーシックな、チキンカリー、950円。サラッとしたスパイシーなカレー、ハーブとナッツが香りと食感にいい感じを出しています。

Dc061910

サービスでミニラッシー、濃厚でドロッ、美味です。

Dc061903

今月限定の、すだちと鬼おろしの鯖キーマカレー、というものがありました。食べてみたい、今月中にもう一回行くか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

びっく李

Dc061801

中区堀川町5-13、福屋の南、細い通りを入った所、向かいが釜八です。中華居酒屋と謳っています。4月の中頃オープンのようです。

Dc061802_2

入口横の看板。安い! でも、ご飯ものは欲しくなかったので・・・

Dc061805

温玉旨辛ラーメン、680円。まさに旨辛、辛さもちょうどいい程度。麺が私好みの、ボソボソになる一歩手前の食感、美味しく頂きました。

次回は安いご飯ものを食べてみよう。

広島駅北口から近い、中華居酒屋「美味軒」と同じ経営のようです。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

patisserie Nome パティスリー・ノーム

Dc061701

今年の一月に開店したお店。安佐南区祇園六丁目21-19、ホームセンターのコーナン広島祇園店向かい。オーナーシェフは、廿日市のコンディトライ・フェルダーシェフで10数年修行したそうです。

Dc061710
プリン。

Dc061711
ティラミス。

Dc061712
カフェノア。

Dc061713
タルトフレーズ。

Dc061714
サンマルク。

Dc061715
オランジェ・テ。

Dc061716
シェヴァルツヴァルド。

父の日に子供たちが買ってきてくれ、みんなで美味しく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

こちら安佐南区ラブゴルフ前拉麺屋

安佐南区相田六丁目29-10、ラブ・ゴルフ・クラブ内にあるちょっと変わったラーメン店です。下、駐車場からの光景。

Dc061601

右側、ゴルフクラブに行く階段を上ると・・

Dc061602

建物に入らずに、左へ、との案内。右に曲がると・・

Dc061603

右を見ると・・

Dc061612

この二階です。緑色の階段を上がると、やっと入口。

Dc061604

内部は・・・

Dc061605

左側にカウンターがあります。

Dc061606

ここは、「スター&プラチナ」というお店(こちら)の二号店。本店は、「ジョジョの奇妙な冒険」というマンガ一色。こちらは店名から判るように、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」関連のものが一杯。

Dc061607

あご塩拉麺、750円、を頂きました。濃厚且つ爽やかなスープ、麺によく絡みます。ほろほろチャーシューも美味です。

Dc061609

奥の漬け物コーナーに、早い者勝ちの切り落としチャーシュー。結構分厚いものもあり、食べ応えあり。

Dc061610

お茶漬けセット(小ご飯)、+150円。中・大も同料金。

Dc061611

このスープ、ご飯とも好相性。

他に、本店から継承した原点の味「オリジン」、広島一ガツ盛りな塩拉麺「天下一塩拉麺」、夏季限定「アゴアゴのつけ麺」、など、食べてみたいものがあります。また近いうちに行こう。

いつの間にか、土日だけの営業になっています。ナビさんが連れて行ってくれますが、狭い道です。ご注意を。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月15日 (金)

コーネ焼弁当@焼肉充

Dc061507

和牛コーネ焼弁当、の幟がずっと気になっていました。先日、幟の横の看板を読むと、月水金の11時半から販売と書いてあります。ここは駐車場、突き当たりに見えるのがお店です。

Dc061508

階段を上がって二階、弁当もそこで販売されています。

Dc061504

包みの手前を拡大すると・・

Dc061506

2018年のミシュランガイドには掲載されていません。

Dc061505

美味しいお肉がたっぷり、ご飯が余るということはありません。ただ、同じものを食べ続けるのは少ししんどいものがあります。途中、野菜を食べ、ショウガをかじり、下の方にカルビが3切れほど入っていて、これは救いでした。お値段1000円、これはお得だと思います。

このお店、初めはランチに行きました(こちら)、夜にも一度訪問(こちら)、その後ランチがなくなり、何時頃からか弁当を販売するようになっています。旨い肉を食べさせる評判のいいお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月14日 (木)

紫陽花&モーニング珈琲

Dc061218

毎朝、このような道を散歩しています。紫陽花がきれいです。

Dc061212

生えている場所で微妙に色が違います。

Dc061213

額紫陽花が特に好きです。

Dc061202

Dc061211_2

Dc061216

Dc061217

今日は珍しく途中で珈琲を飲みました。

Dc061408

めざましテレビで当たったのです。

Dc061401

紫陽花はもうしばらく楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月13日 (水)

10 GOOD Coffee & sandwiches その2

10グッド コーヒー & サンドイッチ(こちら)。今日は、時間的なこと、お店の混み具合、を考えて、テイクアウトにしました。

Dc061306
パニーニ。
Dc061307
断面では判りにくいので・・
Dc061308
パンプキン、ベーコン、チーズ。

Dc061309
食パン。タンドリーチキン。

ともに650円、美味しい。前回食べたバゲットに比べボリューミー、特に食パンは半分でもかなりの量です。

残るはベーグルサンド、近いうちに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

ネオクラシッククローバーの石畳

Dc060516

ネオクラシッククローバー、は長崎のお菓子屋さん。江戸時代創業の団子屋「清水茶屋」から連綿と続いているとのこと。途中、六本木クローバーという名前になったりして、時代に応じて進化して、現在、雲仙市の本店以外に、諫早市や長崎市にも店舗を構えています。

Dc060518

このお菓子がメディアに取り上げられ、大ブレイク。先日、そごう広島店の大九州物産展で購入しました。

Dc060519

バニラスポンジ、チョコレートスポンジ、生クリーム、ミルクチョコレートのガーナッシュ、の4層を二段重ね。これは美味しい、とても美味しい。1500円ぐらいでしたが、また出店したら必ず買いに行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月11日 (月)

ヤマザキの薄皮ミニパン(その12)

6月のNEWアイテム、二種類同時発売です。

ブルーベリージャム&ヨーグルト風味クリームパン。
Dc060601
メーカーの説明:小さな果実に養分をぎゅっと凝縮したワイルドブルーベリーのジャムとヨーグルト風味のクリームを包みました。ブルーベリージャムの程よい酸味とヨーグルド風味クリームの爽やかな風味をお楽しみいただけます。
Dc060604
ジャムとクリームの相性がいいですね。

薄皮白桃ゼリー入り白桃クリームパン。
Dc060602
メーカーの説明:山梨県の特産である白ももの果汁・果肉入りのゼリーと山梨県産白もものピューレ入りクリームを混ぜ合わせたクリームを包みました。甘くてフルーティーな味わいをお楽しみいただけます。
Dc060603
ゼリーの主張がちょっと弱いと感じました。

プレミアム薄皮が一年ぐらい販売されていません。
その代わりにNEWアイテムを二種類同時に出したのかな。

*****

ひょんなことからこのパンの存在を知って、以来嵌まりました。NEWアイテムは勿論、定番も食べています。その「ひょんなこと」、これまでに食べた薄皮ミニパンへのリンクは<こちら>にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月10日 (日)

人間臨終図巻(下巻)⑥

山田風太郎の著書、p.155

死を無と断定することは、人間の心を侮辱することだ。
――パストゥール――

*****

山田風太郎の著書、p.157

今日も愚直な雪がふり
小屋はつんぼのやうに黙りこむ。
小屋にゐるのは一つの典型、
一つの愚劣な典型だ
――高村光太郎『典型』――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

人間臨終図巻(下巻)⑤

山田風太郎の著書、p.103

生はやがて終わるからこそ、人間は生をエンジョイするのである。死こそ生の最高の味付けだ。
――オーソン・ウエルズ――

*****

山田風太郎の著書、p.126

いまだ生を知らず、いずくんぞ死を知らん
――『論語』――

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 8日 (金)

人間臨終図巻(下巻)④

山田風太郎の著書、p.55

生は有限の道づれ旅
死は無限のひとり旅

*****

山田風太郎の著書、p.84

幸福の姿は一つだが、不幸のかたちはさまざまだ、とトルストイはいった。同じように、人は、生まれて来る姿は一つだが、死んでゆくかたちはさまざまである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

タル鶏天ぶっかけ@丸亀製麺

タル鶏天ぶっかけ(並)(冷)、640円-100円(クーポン券)。

Dc060702

結構大きな鶏天が五つものっかっています。これだけでボリューム満点。タルタルソースが意外にうどんと好相性。お腹一杯になりました。鶏天の油が効いたようです。

Dc060704

丸亀製麺、イオンモール広島祇園店にて。安佐南区祇園三丁目2-1、三階のフードコートにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 6日 (水)

羽根屋 純米大吟醸50 翼

Dc052419
創業大正5(1916)年
富山市の富美菊酒蔵
四季醸造の蔵
全てのお酒を大吟醸と同じように醸す

酒米は富山県産五百万石

「翼」のように軽やかな口当たり
フレッシュな味わい
フルーティーな甘さもある
最後にほのかな渋みが余韻を残す

Dc060402

Dc060409

Dc060415_2
インターナショナル
ワインチャレンジ2016

純米大吟醸の部にて
金メダルを受賞

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

organic VEGIMO 野菜食堂

Dc060502

5月28日にオープンしたばかり。無農薬、新鮮野菜がウリ。

Dc060503

お店に入るとすぐ左に二人用テーブルがポツンと一つ。奥に進むと、右側にキッチン、左側に二人用のテーブルが11。左奥に個室、四人用と二人用のテーブル。今日の昼、満席で、男は三人だけでした。

Dc060506
デリプレート〔4種〕、1130円。玄米か自家製ベジブレッドを選択。ベジデリ3品、ノンベジのデリ1品。下中央、自家製コロッケ、ラスクを使った自家製パン粉、味噌ベースのオリジナルソース。デリプレート〔3種〕、970円、というものもあり、ノンベジのデリ1品がありません。

Dc060507
カレープレート、1030円。発芽玄米、ヴィーガンのオリジナルスパイスカレー、カリカリの牛蒡チップス他8種の季節の揚げ野菜。

ランチは他に、野のバーガープレート、1180円。ベジモオリジナルのベジバーガー、スープとポテトフライ付き。サラダプレート、860円。豆サラダ、ナッツサラダ、スパイシーサラダ、豆腐チーズサラダ、の4種類、スープ、玄米 or 自家製ベジブレッド付き。

説明にやたら「自家製」や「オリジナル」が出てきます。それだけ力を入れているのでしょう。ただ、見て判ると思いますが、健康志向の女性にはいいかもしれませんが、男には量的に不満が残ります。

Dc060505
下の部分を拡大。
Dc060514

アミューズメント施設運営のプローバホールディングスが無農薬野菜を使ったメニューを出す同社初のレストランをオープン、とニュースに出ていましたが、料理の方は愛知の、ベジモあいち、ベジモファームB、organic Vegimo deli & 豊橋、ベジモ有機農業スクール、などをやっている会社が絡んでいるようです。これから色んな所に進出するのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

らーめん「おいげん」

Dc060407

そごう広島店、大九州物産展(5月29日~6月5日)に出店中。

Dc060410

豚骨ラーメン、756円。典型的な博多ラーメン、でしょう。チャーシューは少し炙っているようです。薄くてホロホロ崩れます。個人的好みでいえば、もう少し厚くて、強く炙ってある方がいいかな。

Dc060411

2012年9月創業の、福岡市中央区警固にあるカウンター13席のお店。催事出店中、実店舗はどうなっているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

ニチレイの冷凍炒飯

Dc052630
テレビコマーシャルでとてもうまそうに見えた。
Dc052632
この状態のものをレンジでチンで・・・
Dc052633
見た目もにおいも食欲をそそります。お味もそこそこ。

Dc052402
別の炒飯も買ってみました。
Dc052502
こちらもチンするといい香り。
Dc052503
こちらの方が旨いかも。

Dc052631
調子に乗ってピラフも食べてみました。
Dc052701
こちらはさらにいいにおいがします。
Dc052703
冷凍技術の進歩は凄いですね。

*****

余談ですが、私の父親はニチレイに勤めていました。戦前のことなので、採用されたのは日本水産です。戦後、日本冷蔵が日本水産から分離、日本水産が食品、日本冷蔵が氷、という役割分担でした。氷は漁船用が主で、人が使う氷も作っていました。ところが、氷の需要が減ったのでしょう、今や日本冷蔵(ニチレイ)は食品がメインになっているようです。世の中、数十年で大きく変わるのですね。これから先、もっと激しく変化するのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 2日 (土)

辰屋

Dc060203

西区横川町三丁目2-21、横川駅南口すぐのアーケード街・クロスロードの中にあります。飲食店の入れ替わりが激しい所ですが、ここは創業1978年の老舗です。立喰、と書いてありますが、立喰カウンターの奥に椅子が四つあります。常連の年配者のためにあとから作ったそうです。

Dc060205

梅入りうどん、460円。いなり・角寿司、各100円。ほのぼの美味しいうどん、麺はちょうどよい歯応え、酢が強めに効いた酢飯がさわやか。

「うどん」と「そば」以外に、中華そば(580円)、カレーライス(580円)、などもあり、メニューは超豊富です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

Tonnon トンノン のパン(その3)

トンノン(こちら)のパン。

Dc020207
あんドーナツ。
Dc020208

Dc060104
キーマカレーパン。
Dc060105

Dc020209
クイニーアマン。
Dc020211

以上3つは、袋に2つ入って100円というお得セットで購入。

Dc020204
揚げ明太、160円。
Dc020205

Dc060103
みみショコラ、120円。
Dc060108

Dc060107_2
ぐるぐるあん食パン、240円。
Dc060110

ここのパンは安くて美味しい。近ければもっと行くのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »