« 聖地巡礼 Rising ①/4 | トップページ | 聖地巡礼 Rising ③/4 »

2018年4月20日 (金)

聖地巡礼 Rising ②/4

聖地巡礼シリーズの二冊目。
内田樹と釈徹宗の対話が中心の本。以下は内田の発言。

この海洋の自然力の活用ということは平家滅亡から七〇〇年抑制されるんですけれど、それが幕末にまた復活してくる。勝海舟と坂本龍馬は幕末に操船技術を高めて、海洋を自由に行き来できる技術が日本が生き延びるためには絶対に必要だということを言い出しましたね。これは平家滅亡以来の海洋の自然力の再発見だったと思います。
日本の歴史を見ると、「野性の力、自然の力なんて別になくてもいい」という人工的というか、都会的な文化が栄える時代がありますね。平安時代がそうだったし、室町時代もそうだったし、江戸時代もそうだった。そういう都市文化的な政治体制は、必ず野性のエネルギーを制御できる種族によって滅ぼされる。都市文化と自然力信仰って、そういうふうに互い違いに現れるものじゃないですか。(p.82~p.83)

都市文化とは京都、自然力信仰とは熊野・伊勢・福原(大輪田泊)。

|

« 聖地巡礼 Rising ①/4 | トップページ | 聖地巡礼 Rising ③/4 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖地巡礼 Rising ②/4:

« 聖地巡礼 Rising ①/4 | トップページ | 聖地巡礼 Rising ③/4 »