« 私たち、戦争人間について ⑤/7 | トップページ | 私たち、戦争人間について ⑦/7 »

2018年4月13日 (金)

私たち、戦争人間について ⑥/7

「群衆」は、しばしば犯罪的行為を行う。単独であれば宮殿に火をつけたり、店舗を荒らしたりできないが、群衆の一員になって巧みな暗示を与えられると、一瞬のうちに残忍で凶暴になり、容易に略奪や殺人もやってのけてしまえると指摘されている。
しかし、その一方で、群衆は何かのために自らを顧みない犠牲的な、無私無欲な行いもすることができるともいう。特に、栄光とか、名誉とか、信仰、祖国などといったことに関する感情に訴えれば、人々は見事に自発的に動くのであり、歴史というのはそうしで作られていくのだ

石川明人 「私たち、戦争人間について」 p.203

|

« 私たち、戦争人間について ⑤/7 | トップページ | 私たち、戦争人間について ⑦/7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2206241/73085448

この記事へのトラックバック一覧です: 私たち、戦争人間について ⑥/7:

« 私たち、戦争人間について ⑤/7 | トップページ | 私たち、戦争人間について ⑦/7 »