« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

明治チョコレートBOX

Dc011613

明治はいろいろなチョコレートを出しています。これらはすでにあるチョコレートを一口サイズにしたものでしょう。

Dc010909

上から、明治ミルクチョコレートBOX、明治ストロベリーチョコレートBOX、明治ブラックチョコレートBOX。どれもそれぞれに美味しいが、好みはブラック。もう一つ、明治ハイミルクチョコレートBOX、というものもあるようです。

明治さんは楽しませてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

稽古照今

けいこしょうこん。過去の出来事や先人の教えから学び、現在の事象に照らし合わせて教訓を活かす。訓読「古(いにしえ)を考え、今に照らす」

宗教関係の本を読んでいて出会った言葉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月26日 (月)

シュシュ可部店

Dc022610

安佐北区可部四丁目6-3、安佐北区役所の少し北。

Dc022607

右上が入り口、美味しそうなパンが並んでいます。

Dc022608

反対側から。この写真を撮った位置にイートインスペース。

Dc022604

イートインスペースの一番奥から、かなりの広さです。

Dc022605

今日はここで朝食。パンセット(180円までのパン3個)、450円(+税)。私が選んだのは、下から時計回りに、ベーコン&目玉焼き、170円。豆パン(金時豆ゴロゴロ)、150円。幻のクリームパン、160円。飲み物は10種類ぐらいの中から選択、280円ですが、セットで150円。カフェオレを頂きました。

惹かれるものがあったので購入。

Dc022612
ゴマダンゴ、380円。
Dc022614
こしあんたっぷり。

Dc022611
ぽてとっち、350円。
Dc022615
ポテトが入っています。

ここは以前「マルコポーロ(こちら)」があったところ、実は名前が変わっただけ。祇園にある「めーるにしむら(こちら)」の支店です。本店がシュシュになったので、今回はこちらも同じ店名に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

水木しげるロード&記念館

島根・鳥取への旅、その9。

水木しげるロードは怪獣たちがワンサカ。

Dc1126113

馴染みのあるものないものいろいろ。

Dc1126124

電話ボックスもユニーク。

Dc1126142

余りに多くて途中で写真を撮るのを諦め。

Dc1126139

水木しげる記念館。賑わっていました。

Dc123011
クリックで拡大します。

館内、撮影禁止の所あり、撮影可の所あり、どういう基準なのでしょう。

Dc1126128
一反木綿の上にのって写真を撮ると、浮かんでいるように見えます。
Dc1126127p

Dc1126137

お庭がきれいでした。この庭園、妖界につき立ち入り禁止、の札。

Dc1126141

入館料、700円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月24日 (土)

焼さば棒寿司

Dc022317

天満屋緑井店の九州物産展(2月21日~26日)にて購入。

Dc022319

焼さば棒寿司は予想通りの味、焼いてあるので穏やかな味わいになっている。青高菜巻きはスッキリさわやか、高菜のシャキシャキ感がグッドです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

焼助

Dc022301

安佐北区深川六丁目3-20、高陽中央通りと深川通りの三叉路、少し東の南側。年配の夫婦が切り盛りしている。主に男性が調理しているが、女性にも一定の役割があり、二人で流れるように焼いていく。もう何十年もやっているのだろう。横長の大きな鉄板で、場所により作業が異なる。恐らく温度が違うと思われる。

Dc022303

そば肉玉入り、700円。焼くとき結構押さえつけていたが、中はふんわりしている。野菜も意外に多い。味はあっさりしている。

Dc022305

実は、「ゴ・エ・ミヨ」にこのお店が出ていてその存在を知った。しかし、本に出るような派手さはなく、しっかり地域に定着した、普段着のお店だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

Boulangerie101BRIO

Boulangerie 101 BRIO (こちら)、実に久しぶりです。

Dc021915

外も内もあまり変わっていないようです。

Dc022002
国産小麦のトラディショナル、320円。
Dc022005
プルーン&クルミ。

Dc022006
チョコレートフランス、220円。
Dc022007

Dc022008
Brioのクリームパン、260円。
Dc022009
これは昔もありましたが、こんな大きくはなかった。

一時期エピを求めてよく行きました。エピは消えてしまったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月21日 (水)

季節料理「一膳」

Dc022101

安佐北区可部五丁目12-3。右側の道を進むとすぐ国道183号線、ちょっと左に行くと191号別れ交差点。入り口は左奥・・・

Dc022102

入り口右に日替わり御膳の掲示・・・

Dc022105

この内容で900円? からあげと豚かつ or 南瓜とほたるイカ、日替わり御膳が二種類あるのか? だとすると、南瓜とほたるイカ、だけではさびしい、などと考えながらお店に入りました。

Dc022104

これで900円は立派です。お味もなかなか。お腹もいっぱい。

一時頃でしたが、そこそこ混んでいました。お客は年配の人が多いという感じ。法事の話をしているのが二組、そのような利用が多いのかもしれません。しっかり地域に定着しているお店のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月20日 (火)

からあげ食堂「黒べえ」

Dc022014

3年ほど前に出来たお店、やっと行くことが出来ました。

Dc022011

チキン南蛮定食、790円。

Dc022013

当然揚げ立て、値段を考えると頑張っていると思います。

ご飯、味噌汁、おかわり一杯無料。他に定食が8種類ほど。夜は居酒屋的な利用も出来るようです。

安佐南区緑井二丁目8-16、緑井二丁目交差点(毘沙門通り、南西に文明堂、北東にセブン)を北へ一筋行って西へ、一筋行って北へ、すぐ右手、以前カマル・カフェというインド料理屋がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

Duozo ドゥオーゾ

Dc021913

エリザベト音大の南の道を東へ、すぐ南側。

DUOZOランチ、1200円。

Dc021906
ミニサラダ、野菜のフレッシュマリネ。

Dc021909
自家製パン。

Dc021907
音戸ちりめんじゃこと小松菜の和風スパゲッティ。ちりめんじゃこ沢山。
Dc021908
広島のおいしい醤油で作った自家製そばつゆのソース。パスタの茹で具合が絶妙で、ちりめんじゃこととの相性よし、なかなかの美味です。

Dc021911
コーヒー。

Dc021912
ピッコロドルチェ。

パスタは7種類から選びます。惹かれる名前のものが幾つかありました。昔ながらではないナポリタン、とか、Duozoの白いミートソース、など。また食べに行かねばなりません。

Dc021921

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

グッドオーブンのベーグル

久し振りの、グッドオーブン(大昔はこちら)(ちょっと前はこちら)。

Dc020701

先日の昼過ぎ、前を通ると、閉店していませんでした。喜んで寄ってみると、残っていたのはこの三種類だけ、全部で、7・8個のみ。まあ、手に入るだけでラッキー、そして、三つとも初対面なので購入。

Dc020706
上、米粉プレーン、158円+税。

Dc020704
右下、ライ麦オレンジいちじく、176円+税。

Dc020705
左下、全粒粉くるみと山葡萄、185円+税。

ここのベーグルはなかなかに美味。私の行動範囲かから離れている、昼前に売り切れる、ということが問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

境港さかなセンター

島根・鳥取への旅、その8。

Dc1126110

新鮮なお魚がたくさん。

Dc1126112

同行者と半分っこ。

Dc1126164

早速この日の夕食で、美味美味!

Dc1126197

二・三日楽しむことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

バレンタイン2018

Dc021501

今年のバレンタインも身内からだけ。

Dc021505
クァウテモック(ベルギー)。

Dc021506
モンサンクレール(東京/自由が丘:口博啓が立ち上げたお店)。

Dc021511
シルス・マリア(横浜/みなとみらい)。日本酒を使った生チョコ。

Dc021509
同じく、シルス・マリア。広島の八天堂とコラボ。

Dc021514
遠くに住む孫から手作りの品。
Dc021517

いずれも高価で貴重なもの。少しずつ有り難く頂いております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

汁なし担々麺@東海

麺工房東海(こちら)の汁なし担々麺、初めてです。

Dc021512

汁なし担々麺セット、850円。辛さはさほどではありません。ゴマが効いています。なかなかの美味しさだと思います。ご飯を投入しても旨い。麺を大盛りに出来るそうですが、これだけで十分すぎる量でした。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

中華そば「きたぎ」

Dc021403

今月開店したばかり、笠岡ラーメンのお店。「きたぎ」とは、店主の出身地、岡山県の北木島からのようです。 開店当初、その北木島出身で店主の友人でもある千鳥大悟、その関係で、又吉直樹や渡辺直美からの花輪があったそうです。

Dc021402

中華そば(大)、800円。メニューは他に、中華そば(並)、700円、むすび、100円、のみ。笠岡ラーメンは昔、有名店「坂本」、ラーメン司(こちら)で食べたことがあります。まさにその時と見た目が同じです。この鶏肉が特徴、かなり歯応えのある美味しい肉です。麺は本場と違うような気がしないでもありませんが、ムニッとしていてスープに絡みます。スープは見た目ほど醤油が強くなく、ネギと好相性。後半、一味を入れると、引き締まりました。

中区立町5−2、福屋から中の棚の方に入り、最初の三叉路を南へ、すぐ西側。以前、「やまね(こちら)」があったところ。このやまね、ラーメン横丁七福神から立町に移転したのに、また七福神に戻ったという話を聞きましたが・・・・・

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

鉄板チャーハン@麺匠春晴

麺匠春晴緑井店(こちら)。お店に入ると、鉄板チャーハンのポップ。一気に引き込まれました。しかし、これだけでは少ない。でも、ラーメンも食べると多いかも。小ラーメンはないとのこと。で、頑張って、煮干し辛まぜそば、と組み合わせました。

Dc021306

まず、鉄板チャーハン、300円、がやってきました。目の前で玉子をかけ、固まらないうちに食べてくださいとのこと。とろとろ玉子が絡んで絶妙、ハフハフ言いながら美味しく頂きました。

Dc021311

しばらくして、煮干し辛まぜそば、800円、到着。以前、「辛」が入っていない、煮干しまぜそばは食べました。煮干しと鶏の旨さが一緒になっています。それに辛さが加わってさらに美味しく感じましした。ただ、辛さそのものは少し辛いかなという程度、辛さに異様に反応する私の体がほんの少し汗をかくぐらいです。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

福袋@ニシナ屋珈琲

Dc121716

ニシナ屋珈琲(こちら)の福袋、二種類あります。これまで二度ほど、とってもお得なものを買いました(こちら)。今年はちょっと高級な、スペシャリティ福袋。

Dc021202
TABI は「よい」という意味。マイルド。

Dc021203
樹齢100年の木から。やわらか。

Dc021204_2
ジャワ島(ジャバ)+ニカラグア。まろやか。

Dc021205
マールブラッシュ(白い海)。コクと酸味。

Dc021206_2
ガヨ高地で栽培。程よい苦みと甘さちょっと。

いずれも美味なる珈琲でした。

いつも行くニシナ屋は牛田の本店(東区牛田早稲田一丁目9-32)、今回注文したのも本店、でも何故か、ラベルにはなかまち店と書いてあります。送料・決済手数料無料なので送って貰いました、そのためでしょうか。なかまち店については上のリンク先にちょっと書いていますが、また何時か詳しく紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

湯喜望 白扇

島根・鳥取への旅、その7。

お泊まりは皆生温泉です。

Dc1126101

皆生温泉神社にお参り。説明板には以下のようなことが書いてあります。戦国時代末期に命名された「海池(かいけ)村」の名が、江戸時代末期、「皆生村」と改名されたことが「皆生」の名の由来。昔、出雲の稲佐の浜から泡になって流れた魂たちが流れ着き、新しい身体と心が蘇生して皆、生まれ変わったこのことから「皆生」と呼ぶようになったとの言い伝えも残っている。 皆生温泉神社のご祭神の一神である大国主命は、医療、薬、そして縁結びの神様でもあり、皆生温泉は長寿にあやかれる有り難い温泉である。しかし、神社の由来については何も書いてありません。おそらく、新しいものなのでしょう。

Dc112699

泊まったのはこちら、神社の近く、海岸沿いにあります。

Dc112665

露天風呂付きのお部屋。

Dc112669

ズワイ蟹一枚付会席。ゆっくり寛ぎました。

詳細は、さーたんの独り言本家(こちら)の trip 温泉に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

純米吟醸「ゆきの美人」三郷錦

Dc012603大正8(1919)年創業
秋田市の秋田醸造

秋田の希少な酒米
三郷錦を全量使用
精米歩合50%

柔らかな旨味
さわやかな酸味
口一杯に弾け
サッと消えていく

開栓後次第にマイルドに
ますます飲みやすくなる

Dc013005

Dc013010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

SUPER!FRIDAY@吉野家

Dc020902

私、ソフトバンクのスマホユーザーです。吉野家の牛丼並盛(380円)が貰えるという、先週混雑でニュースになったこのキャンペーン、行ってみました。11時半、車を使わずに。駐車場は少し余裕、店内はかなり混雑。お持ち帰りの人も多い。注文してすぐに出てきました。

Dc020906

吉野家の牛丼、二回目です。昼食難民になりそうだったとき駆け込んだ10年近く前が一回目。牛丼以外はお茶があるだけ。周りを見ると、牛丼だけを食べている人(つまり、ただで食べている人)が半分ぐらいでしょうか。食べながら思うに、お昼がこれだけではちょっとさびしい。なので、お持ち帰りが多いのかな。スーパーフライデーは過去一度、セブンでアイスクーリームを貰ったことがあります。そのときは感動し、また行こうと思いましたが、最終週でした。今回のキャンペーン、まだ二回ありますが、多分行かないでしょう。

Dc020903

安佐南区古市一丁目26-2、吉野家54号線古市橋店にて。このお店の前の国道は、昔54号、今は183号、そして古市橋は少し離れたところ、だから、183号線古市店、にすべきでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

湯布院の風

Dc122301

湯布院の風、からは何のことか判らないでしょうが、これです。

Dc010502
あらびきウインナーとロースハム。

Dc012601
ミートローフ。上はおまけの、広島名物「がんす」。

頂き物、いいお値段のものでしょう、美味しく頂きました。

プリマハムの製品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

Tonnon トンノン のパン(その2)

トンノン(こちら)のパン。

Dc011919
バジルベーコン、200円。
Dc011920

Dc011921
フロマージュビスケット、220円。
Dc011923

*****

Dc011924
ソフトブリオッシュ(チョコ)。
Dc011925

Dc011926
黒豆スティック。
Dc011927

この二つ、「お得セット」、という商品になっていて、200円。
多分昨日の売れ残り、本当にお得(半額?)です。

*****

Dc020201
チーズブレッド、240円。
Dc020203
二種類のチーズがたっぷり。
Dc020302
何もつけず、このまま美味しく食べることが出来ます。

美味しいパンがまだまだ色々、ちょっと遠いけど、また行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

鴨ねぎうどん@丸亀製麺

季節限定メニュー、鴨ねぎうどん(並)、640円。

Dc020601

厚くて柔らかい鴨肉、こんがり炒めて香ばしい葱、三つ葉と柚子が添えてあります。うどんは鴨肉の脂をまとい、ヌルツルの楽しい食感。色んな旨味が溶け込んだ汁も美味です。冬にピッタリの一杯。

丸亀製麺上安店(こちら)で頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 5日 (月)

馬肉カレー@ばってん

Dc020501

居酒屋ですが、ランチにも力を入れているようです。丼や定食などメニューが豊富。馬肉もウリのひとつ。680円が最安で、種類も多い。最高は980円。

Dc020503

馬肉カレーは二種類、ばってんこだわりカレー(馬すじを使ったこだわりのカレー)、辛かぁ!ばってんこだわりカレー(馬スネ肉を使ったちょっと辛口のカレー)、ともに980円、後者を選択。ちょっと辛口とあるように本当に辛さはちょっとだけでしたが、コクがあり馬肉に味わいがあり、まあ美味しいカレーと言えるでしょう。沢庵が添えられていて不思議な感じ。

Dc020504

お店はカウンターと小上がり、30人は入るでしょうか(一階だけで、二階があるかどうかは不明)。1時を過ぎていたのに、夜の居酒屋のような賑わい、店員さんも元気いっぱい、中国語っぽい日本語が飛び交っていました。使い勝手が良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

「賀茂泉」立春朝搾り2018

Dc020408

2月4日立春、暦の上で春の始まり。
西条の賀茂泉酒造で朝搾られたお酒が、
近所の酒屋が蔵に手伝いに行き持ち帰り。

日本名門酒会が提唱する行事で
今年が21回目、参加は全国43蔵。
年々増加、広島では、賀茂泉、だけ。

基本的に辛口だと思います。
一口目は米由来のような甘さを感じ、
その後辛旨い味わいが口中に広がり
最後に酸の素晴らしい切れで大団円。
ここ数年飲んでますが、今年が最高。

Dc020405

Dc020407

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

節分2018

今日は節分。巻き寿司を丸かじり、そして鰯も食べました。

Dc020312

お手製巻き寿司、穴子と鮭と締め鯖、の三種類。

*****

面白いものを発見。

Dc020303

普通にあるロールケーキの節分限定パッケージ。

Dc020305

スポンジもクリームもふわふわ、なかなかの美味。

恵方巻きが廃棄処分に、という報道があります。この風習、様々な問題を孕んでいるようです。このロールケーキは大丈夫かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

お菓子の壽城

島根・鳥取への旅、その6。

Dc112658

お菓子の壽城は、1993年、米子城をモデルに築城された、お菓子のテーマパークです、というのはちょっとオーバーかもしれません。

Dc112659

要するに、寿製菓のお菓子を売っているところです。この寿製菓から持ち株会社寿スピリッツが生まれ、多くの会社が寿スピリッツグループに入っています。このブログにも何度か書きましたが、貰ったお菓子を調べているとこの寿スピリッツに行き着くことがありました。有名なところでは、ルタオ、九十九島せんぺい。食べ物に関する業界は裏で繋がっていることがよくありますね。

Dc112660

お城の上の方に上がると、大山が見えます。

Dc112662

右の方には蒜山が見えているはずですが、よく判りません。

Dc1126193

寿製菓のお菓子では「因幡の白兎」が有名ですが、このお城では「とち餅」が一番人気とのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

みそらーめん@一休

期間限定、鶏そば一休(こちら)の味噌。

Dc020104

みそらーめん、730円。期間限定と書いてありましたが、季節限定でしょう、寒い季節に以前もあったと思います。ただ、味だけではなく見かけも味噌っぽくなり、美味しくなったと言えるでしょう。唐辛子が少し入っているのか、ほんのり汗をかくほど暖まりました。

Dc020101

上が昔のカード、二枚持っていて、一枚が三列目まで埋まっていました。今日それを出したら、新しいカードに替えてもいいか尋ねられました。で、貰ったのが下のカード。どちらが我々には得なのでしょう。それは兎も角、今日の支払いは、カードを交換したので、サービスの餃子を含めて、0円。これも得だったのか。

Dc020105

こちらは反対側。下の新しいものには毎回特典があります。

*****

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »