« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月31日 (水)

サロン卵と私

Dc053105

そごう広島店、本館の10階、レストラン街にあります。

Dc053115

通路が狭いところもありますが、高級な感じです。

Dc053111
春のスフレオムライス&パンケーキプレート、ビーフとマッシュルームのデミグラスソース、1280円。

Dc053109
スフレ卵のふわふわドリア、1000円。

Dc053114
チーズとミートソースのスフレオムレツラザニア、1000円。

スフレ卵を使った料理をメインにしたお店、それなりに旨い。

調べてみると、東京の日本レストランシステム株式会社が運営。40ぐらいのブランドを持ち、全国に500を越える店舗がある。都市部に多く、広島では他に、洋麺屋五右衛門、星乃珈琲店、さんるーむ、があるようです。こういう形態の会社は強いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

TROUVER (トルヴェ)のパン

TROUVER(こちら)のパン。

Dc052111
サーモン・レモン・カマンベールチーズ、320円。
Dc052117


エビ・ピスタチオペースト・クリームチーズのサンド、320円。
Dc052119

Dc052120
パストラミポークとペコリーノロマーノのサンド、320円。
Dc052121
パストラミポーク・トマト・ペコリーノロマーノ(羊のチーズ)・大葉・レタス。

Dc052122
たまごサンド、280円。
Dc052123
京都での思い出の味を再現したくて作りました。と書いてあります。

このお店の店主、京都の有名なパン屋、ル・プチメックで修行したそうです。そのお店の店主・西山逸成は、朝日新聞の「このパンがすごい!」(愛読しています)を書いている池田浩明と「空想サンドウィッチュリー」という試みをしています(本にもなっているようです)。サンドウィッチの屋台をいろいろな場所に持っていき、空想のサンドウィッチュリーをオープンするのです。sandwicherie は仏語で、サンドウィッチショップのこと。この様な師匠のもとで修行したのですから、サンドウィッチが美味しいのです。

Dc052124
アールグレイ・メープル・ホワイトチョコとくるみのパン、220円。
Dc052126
当然ですが、紅茶が見事に効いてます。

Dc052127
シナモンロール、230円。
Dc052128
素敵な風味。

どれも美味しう御座いました。近くはないが、また行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

ランチ@多々羅しまなみ公園

道の駅多々羅しまなみ公園でのランチ、昨日のことです。

Dc052843

マハタを売りにしているようです。

Dc052845

マハタラーメン、1030円。高級魚だけあっていいお値段、マハタのアラと皮が入っています。アラとはいっても結構身が付いていて、さすがに美味でした。スープは少し塩味が強く、麺はチョット縮れています。

Dc052847

連れが食べた、鯛飯うどん定食、900円。

瀬戸田PAに移動。

Dc052848

ミックスソフト、270円。
しおなみソフトとはっさくソフトのミックス。
上品な塩は八朔に負けていました。

これにてしまなみ海道への半日旅行終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月28日 (日)

塔頂体験ツアー

Dc052803

しまなみ海道、大三島と生口島に架かる多々羅大橋の塔頂に登るツアーに参加しました。手前に見える塔の本当にテッペンです。

Dc052805
ルートです。クリックで拡大します。

Dc052835
歩道から塔へ、横の入口を開けるとエレベーター。

Dc052831
塔に斜めの部分があるので床が水平になるように動きます。

Dc052826
エレベーターを降りると、このような階段を3回位上がります。

Dc052822
テッペンから隣のテッペンを見る。周りを眺めました。

Dc052819
生口島方面。

Dc052824
大三島方面。

先程のような階段を数回降りて、塔水平材へ。

Dc052829
生口島方面。

Dc052827
大三島方面。

天気もよく、素晴らしい景色でした。歩道階に降りる。

Dc052839
下に見えているのが橋の下部を点検するためのもの、動きます。

Dc052838
拍子木のようなものもあり、反響が大きくなります。

Dc052811
橋の伸縮を吸収する装置、擦れている範囲を動く。行く時に撮影。

Dc052842
見学して一時間後、確かに動いています。

Dc052852
大変お世話になった上にお土産まで。右側の下にあるのはビニール袋、タオル、手袋(見学中に使用)、クリアファイル、ティッシュ、ボールペン、上中央は塔頂体験証明書、名前が書いてあり、一緒に登った5人の写真付き。貴重な体験をさせていただき、懇切丁寧、至れり尽くせりのおもてなし、大感謝です。

*****

一昨年の秋、北備讃瀬戸大橋の塔頂にも登りました(こちら)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

グラーシュ&クネドリーキ

今週末も修道大学の公開講座へ、今日のお題は「チェコの歴史とクラシック音楽」、ビデオで音楽を聴いたり、講師の一人・中畝みのりさんのヴァイオリンの生演奏もあったりで、充実した楽しい時間を過ごしました。最後に、今日特別に食堂でチェコ料理が提供される、との紹介、先週も行ったフォレストという食堂に急いで駆けつけました。

Dc052702

サラダとデザートが付いて410円、安い。右下がチェコ料理。

Dc052701

シチューのようなものが、グラーシュ、初めて食べるものなので、この様なものだと思うしかありません。まあ、ビーフシチューです。右側の肉はハンバーグのよう、豆の下の肉はホロホロ、人参にジャガイモ、おそらくタマネギも入っているのではないでしょうか。パンのようなものが、クネドリーキ、焼いたパンではなく茹でたもの、なので、ふわふわモチモチ、グラーシュとよく合います。珍しものを食べさせて貰い、結構お腹一杯になりました。講座と食堂の連携、素晴らしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

オーサムベーカリー

Dc052502

山の製パン工房・オーサムベーカリー、天満屋緑井店、中国四国物産展(5月24日~29日)に出店中、かなりのスペースを占めています。大阪の吹田に本店、エッ! 大阪は中国四国? このパン屋、本店を含め大阪に3店舗、そして福山に進出して2店舗、この福山のお店から来たということでしょう。今後、広島にも店を出そうとしているのか? オーサム (awesome) は、恐ろしい、すさまじい、凄い、とてもいい、というような意味、すごいパン屋、ぐらいでしょうか。

Dc052512
山ののこだわり食パン、480円。「山の」の、です。
Dc052513
モチモチの食感。

Dc052509
甘ぐりのリュスティック、240円。
Dc052510
小さいけれど、栗がたくさん入っています。

Dc052507
スコーン(チョコ)、270円。
Dc052508
シットリしています。

美味しそうなパンがたくさんあったのですが、食パン類以外はその日のうちに食べるようにと言われ、あまり買うことが出来ませんでした。また機会があったら、あるいは広島市内に支店を作ったら、買いに行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

清陽軒

Dc052501

そごう広島店の大九州物産展(5月24日~31日)に出店中の久留米ラーメンのお店、昭和27(1952)年創業、出発は屋台だったそうです。福岡や熊本にも進出し、全部で6店舗あります。

Dc052503

ラーメン、749円。最初ふんわり豚骨臭、その後は気にならなくなりました。スープは穏やかで程よい旨味。チャーシューは硬くなく柔らかすぎずいい感じ。麺は少し柔らかめに茹でてあり、モチモチ。美味しい一杯でした。

Dc052504

Dc052505

この丼、深さがなく、見た目より容量が少ない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

シャア専用 赤ラーメン 豆板醤麺

Dc052402

泰将(こちら)の個性的なラーメンのひとつです。このマンガのこと、残念ながら私は全く知りません。

Dc052404

作るところを見ていると、実に様々な調味料(香辛料)を入れていました。ただ、見た目から想像するよりは辛くありません。というか、私は辛さより旨さ・コクを感じました。トマトがいいアクセントです。麺が少し茹ですぎだったのが残念、でも、スープには合っていたので意図的かもしれません。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

ラーメン食堂

Dc052310

先月末にオープンしたお店。以前「かべ3丁目」(こちら)というお店をやっていた人、見覚えのある顔です。一時期よく行きました。

Dc052313

前の店と同様メニューは豊富。豚骨醤油、塩豚骨、鶏醤油、鶏塩、みそ、など、どれにしようか迷っていると、オススメ!がありました。煮豚ラーメン、750円(+税)。スープを一口飲んで、醤油が強いと思いましたが、食べ進むうちに程よいと感じるようになりました。じっくり5時間煮込んだ煮豚はトロトロで旨い。麺は加水率が高いように見えたのですが、食感はそうではなく、私の好み。全体的に豚の風味が強いので、好みは分かれるかもしれません。

Dc052314

安佐南区上安二丁目7-65、右奥に見えているのが安小学校です。以前は寿司屋だったと思います。その名残か、暖簾のある入口を入って左が小上がりにテーブル二つ、右側にカウンター5席、夜は居酒屋メニューもあります。また他のラーメンを食べに行こうと思います。

さーたんの独り言本家(こちら)の食物にラーメン店一覧あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

アサヒ・ドライ・プレミアム・豊醸 & Dry Black

Dc050713
ドライプレミアム豊醸、焙煎仕立て。
Dc050806
まさに焙煎したような風味。さわやかな辛口で美味。

Dc050715
ドライプレミアム豊醸、薫り贅沢ビター。
Dc050716
穏やかな苦み(形容矛盾!)が素晴らしい。

先日、酒屋で新製品だと思って購入したこのビール、昨年のお歳暮用だったようです。鶴が飛んでいます。缶裏の製造年月日を見ると、去年の11月でした。新製品ではなく売れ残り! まあ美味しかったからいいけど。

去年夏、豊醸の限定醸造品は御中元用でした(こちら)。

*****

Dc042401
こちらは新製品、でしょう。Asahi DRY BLACK、ビアホール仕立ての黒。確かにドライ、スッキリしていて炭酸感強い(これも形容矛盾?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

野趣 拓 (三回目)

Dc051901

今回は過去二回よりちょっと高いコース。

Dc051903
ビールでスタート。

Dc051905
タイラギと春野菜の土佐酢ジュレ。

Dc051908
浅利の潮汁。

Dc051909
地元のお酒、何故か日頃は飲みません。

カマス、アコウ、の刺身。残念なことに写真が行方不明(撮り忘れ)。
カマスは、焼霜造り、正方形を折り畳み、丁寧な包丁仕事。
アコウは、綺麗な薄紅色で、歯触りよく超美味でした。

Dc051913
甲烏賊の飛竜頭。

Dc051915
甘鯛の鱗揚。

Dc051918
この日は地元のお酒で統一。

ジャージー牛のリブロース、これまた写真が行方不明。
三次の二本松牧場で牧草のみで育った牛。
肉らしい肉で、うまく焼いてありました。

Dc051920
ツタンカーメンの豆ご飯。
Dc051923
ツタンカーメンの豆とは、あのツタンカーメン王の墓にあったものを栽培したものだとか、真相は? えんどう豆の原種で、特徴は、花や鞘の形は、普通のエンドウ豆と同じなのですが、花の色は普通のエンドウ豆が白なのに対してワインレッド、鞘の色は濃い紫。豆ご飯にして炊き上がった時は普通の豆ご飯に見えるのですが、混ぜているとご飯が紫色になります。

Dc051926
苺のムース。

今回は肝心の写真が二枚も行方不明で残念。
この二つの料理のどちらかに、細い棒状で一見豆のように見える大根の実が載っていました。茹で加減が絶妙で美味でした。

Dc051911
先週の木曜日、我が家の大切な日のことでした。

***** 下は過去二回へのリンク。

野趣 拓  野趣 拓 (二回目)  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

フォレスト@広島修道大学

Dc052004

広島修道大学(安佐南区大塚東一丁目1-1)の公開講座に参加しました。お昼に終わったので学内の食堂へ。講座があったのは、7号館の学術ホール、県道から長い坂道を上がってバスロータリーの右に見える建物です。因みに、このロータリーの横に吉田拓郎歌碑があります(こちら)。7号館の奥に本館、その右奥に食堂棟があり、あのマリオの支店、マリオ・タヴォーラ、などもあるのですが、土曜日に開いているのはここだけ。いつでも一般人の利用可のようです。

Dc052005

フォレストランチ、410円。さすが学生食堂、安い。右手前のお汁には少し太めの麺が入っていて具だくさん。サラダもたっぷり、小さいけれどフルーツも載っていて、右はメロン、奥のちょっと見えている赤いものはスイカです。ご飯のふりかけは必要かどうか聞かれます。おかずになるものが少ないのが少し残念なところです。

公開講座はまだ数回あります。メニュー豊富な食堂です。また行って、いろいろ食べてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

麺喰 RENREN 奥野製麺所

Dc051939

中区西平塚町8-5、平和大通りの田中町交差点を広島駅の方へ、最初の信号、東平塚町交差点の西。暖簾をくぐる前に食券を購入、入ったところは何もない空間、奥に入口があります。L字型のカウンター、テーブルが二つあったかな。今年の一月に開店したお店、やっと行けました。

Dc051934

麺喰、830円。麺の量、並(300g)中(340g)大(380g)、どれも同じ値段。とはいっても、40gしか差がありません。麺増量(120g)は200円。麺喰というよく判らない名が付いていますが、つけ麺です。つけ汁は魚介豚骨、そんなに濃厚ではありません。食べ終わった時、うすくなっていて、そのまま飲めました。麺は、チラッと見えていますが、うどん並の太さです。讃岐ほどではありませんがそこそこコシがありモッチリしています。具材の中ではメンマがコリコリで美味。食べ方が書いてあり、最初の三分の一はそのまま、次にスダチを搾りかける、最後の三分の一には黒胡椒を振りかけ、スープにスダチ酢を一周、その通りにやってみましたが、スダチ酢が余分だったように感じました。

もうひとつのメインメニューが汁なし担々麺。他に、この二つを組み入れたセットメニューが幾つか、面白いのはトッピングにジャガイモのエスプーマ(200円)があること。美味しいかも、次回やってみるか。

国泰寺町の、お好み焼き・鉄板焼き「れんれん」、楠木町の、Bal RenRen、と繋がってるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

サムギョプサル@BARO

モグモグ ダイニング バロ(こちら)で二回目のランチ。

Dc051803

サムギョプサル、850円。前回は、ボッサム(茹で豚)、今回は同じ豚でも少し厚めの肉を焼いたもの、こちらの方がコクがあり旨みが強い、それぞれに美味しいと思います。

ランチの種類が増えていました。季節柄冷麺もあります、次回に。

Dc051804

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

「くどき上手」酒未来

Dc050909亀の井酒蔵
明治8(1875)年創業
山形県鶴岡市羽黒町
全量吟醸仕込の蔵

十四代の高木酒蔵の酒米
酒未来を50%精米

柔らかい味わい
初め辛さと旨味
軽い甘さが広がり
ホンノリ苦さを感じる
バランスのいい酒です
とても気に入りました

Dc051007

Dc051008

Dc051009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

オレンジチーズケーキ@赤坂トップス

Dc051601

東京のチョコレートケーキの名店、赤坂トップス、一時期福屋八丁堀店に常設売り場がありましたが、現在は毎月半ばの数日間だけの販売のようです(こちら)。今月、これまで食べたことのない季節限定のものを発見、購入してみました。

Dc051606

オレンジチーズケーキ、1383円。クリームチーズの上にフレッシュオレンジ、見た目通りの美味しさです。しっとりさわやか、ほのかな甘さで、口の中でとろけます。感動ものです。

Dc051607

来月も販売されるようです。買いに行こ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

BumBunBLauCafe

福屋八丁堀店、お江戸東京うまいもの大会(5月11日~16日)に出店しているお店、品川区旗の台にあるそうです。

Dc051503

かき氷とラーメン? カラダに良くて美味しいがテーマの飲食・美容店とのこと。体の中から美しくを目指し、なるべく天然素材を用いた食材を提供。ミシュランにもビブグルマンで掲載されたそうです。

Dc051502

醤油ラーメン、800円。チャーシューは少し炙ってあり厚め。上半分に半円形に乗せてあるのはシナチク、やわらかい。麺は緑色、ぬりこんであるスピルリナの色、モチモチでやわらかい、ひょっとして茹で過ぎ? 醤油スープは穏やか、魚介系も入っていそう。なかなかの一杯でした。塩も食べてみたい、が、明日まで。

ブンブンブラウカフェ、店名は全く意味不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

母の日ケーキ

母の日、子供達がケーキを持ってきてくれました。

Dc051409
ガトーショコラ。

Dc051404
ティラミス。

Dc051405
クリームブリュレ。

Dc051407
苺モンブラン。

Dc051406
バナナキャラメル。

Dc051408
キャラメルオレンジ。

クッキー屋サリー(こちら)のケーキです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

果実を楽しむミルフィーユ

Dc040911
横浜のフランセという会社のお菓子、頂き物です。

Dc040919
ピスタチオ、濃厚で奥深い味わいのピスタチオクリームをパイでサンドし、スイートチョコレートで包みました。ピスタチオの贅沢な香りとコクが口いっぱいに広がります。

Dc040917_2
ジャンドゥーヤ、香り高く風味豊かなアーモンドとヘーゼルナッツのクリームをパイでサンドし、ミルクチョコレートで包みました。ほどよい甘さですっきりした後味です。

宣伝文句通りのおいしさでした。

余談。このフランセという会社、シュクレイという会社と合併、社名はシュクレイになり、フランセという名前は消滅しますが、このお菓子は残るそうです。元々両社とも寿スピリッツグループです。この寿スピリッツは持ち株会社、はじまりは米子市の寿製菓、代表的なお菓子は「因幡の白うさぎ」。その後、製造工程を見学できる大型販売施設「お菓子の壽城」を作りました。本当のお城のようで目立っています。このブログにも書いたことがありますが、貰ったお菓子を調べているとこの会社に行き着くことが何度かありました。有名なところで、ルタオ、九十九島せんぺい、など。食べ物に関する業界は裏で繋がっていることがよくありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

船上で稚鮎を楽しむ会@かなわ

Dc051203

昨夜のことです。最初の案内は、稚鮎を食す会、正式案内は、船上で稚鮎を楽しむ会、行ってみると、稚鮎と初夏を楽しむ会。戸田料理長がコロコロ変えたのか? 稚鮎料理がひとつだったためか?

Dc051214

今回のお酒、全て広島県神石高原町、三輪酒蔵の神雷。右から、純米吟醸・酒米は千本錦・黒ラベル・精米歩合55%、純米・千本錦・青ラベル・60%、RISING SUN・純米・無濾過生酒・山田錦・赤ラベル・65%、三温至福・純米・八反錦・緑ラベル・60%、純米・八反錦・白ラベル・60%。

Dc051239

好みは、RISING SUN、燗で出された三温至福の常温。

Dc051218
左から、流しトマト、烏賊うに和え、たまご豆ふ、夏大根花丸胡瓜もろみ和え、かきチーズ。もろみ、特に旨し。

Dc051219
鯵叩き、割正油、生姜。

Dc051221
稚鮎炙り、蓼酢。

Dc051228
お品書きにはない、稚鮎南蛮。

Dc051229_2
蓬餅(下に隠れています)、鶏、筍、スナック豆、かき、蕗。

Dc051233
芋、蛸、南瓜。

Dc051234
牛しゃぶそうめん。

Dc051238
水ようかん。

美味しい料理と、旨酒。よく飲みました。幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

醍醐のしずく

Dc050608千葉県の寺田本家のお酒、
これまでに飲んだのは三種類
五人娘しぼったまんま
このリンク先にいろいろ書いています
五人娘無濾過純米酒
無添加・無濾過「香取」

このお酒は独特です 精米歩合90%
菩提酛という昔の製法
菩提酛については下& 菩提酛「三諸杉」 にも
なんといっても甘酸っぱい
そして甘さよりも酸っぱさが勝っている
当然キレがよくクイクイ飲める
癖になりそうな味わいです

Dc050611

Dc050612

Dc050613

Dc050602

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

Bread Factory K のパンたち(その2)

ブレッドファクトリーケイ(こちら)のパン。

Dc031717
シャティーヌ・ノワ、320円。Dc031802
栗とクルミ。

Dc031718
オランジェ・ノア,280円。
Dc031801
オレンジピール入り。

Dc071903
あんバターK、200円。
Dc071904
粒あん、無塩バター。

Dc071905
季節のフォカッチャ、220円。
Dc071906
枝豆・ベーコン・チーズ・岩塩。

Dc071907
ナンチーズカレー、220円。
Dc071908
チーズ二種類。

Dc051001
パン・オ・リブラン(1/2)、140円。
Dc051002
玄米・モッチリ食感と香ばしさ。

Dc051003
瀬戸内レモンとクリームチーズのライ麦パン、280円。
Dc051006
ハチミツとブラックペッパー。

ここのパンはどれも美味、ちょっと遠いが又行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

わさびパスタ@泰将

Dc050903

泰将(こちら)は私的にはラーメン屋、でも発祥は餃子のようで、さらに店内にはこのポスター、食べてみなければいけません。

Dc050902

左の山葵をつけながら食べます。この発想は凄い。パスタに山葵をつけるなんて普通思い付かないと思います。これが見事にマッチしているのです。山葵に合うようなパスタを作ったのでしょう。今度家でパスタを食べる時、どうなるか試しに山葵をつけてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

ヤマザキの薄皮ミニパン(その5)

薄皮ミニパン、変なキッカケで食べ始め(こちら)、まだまだ続く。

今回は4月・5月の新製品。

Dc050305
薄皮レアチーズクリームパン。
Dc050307
チーズが旨くて、上品なお味でした。

Dc050301
薄皮栗入りつぶあんぱん。
Dc050303
小さな栗が少しでした。あんが美味。

Dc050801
プレミアム、薄皮ダブルミルククリームパン。袋に書いてある説明:蒜山ジャージー牛乳入りの濃厚な味わいのミルククリームとなめらかな練乳クリームの2つのおいしさを包んだパンです。
Dc050803
なめらかで美味しい、これは傑作です。

次はどんな新作かな、楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

札幌味噌拉麺専門店けやき

Dc050701

そごう広島店、初夏の大北海道展(4月25日~5月8日)の後半(2日~)に出店しているお店、なんとか最終日前日に行くことが出来ました。札幌の本店はカウンター席10席ほどの小さなお店、近隣に支店が3つあるようです。

Dc050704

味噌ラーメン、900円。中太縮れ麺、スープは豚・鶏・野菜など、みそだれは玄米や麦の味噌など三種類と野菜、チャーシューではなく肉そぼろ、コリコリのメンマが二本隠れています。全体的に良くまとまった一杯です。後半、卓上にあった唐辛子を投入すると、味が引き締まり、美味しくフィニッシュできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

築地江戸一

Dc031710

大正3(1914)年創業の佃煮と煮豆の専門店、物産展に出店していました。気前よく試食をさせてくれ、どれも旨かったので、色々購入。

Dc031307
海老、イカ、アーモンド、ゴマ、くるみを炊き合わせた、山海炊き。
旨みたっぷりに炊いた少女子(コウナゴ)とくるみ、を炊き合わせた、くるみ少女子。

Dc031308
焼き目を入れ軟らかく炊いた、わかさぎやわらか煮。
小海老を香ばしく炊き上げた、赤えび。

Dc031309
秘伝のタレにじっくり漬け込んで仕上げた、たらこ。
帆立の旨味を引き出し、ふっくらとやわらかく炊いた、一口ほたて。

Dc031310
良質なスケソウ鱈を使用した、桜田夫。
粒のそろったあさりに生姜を加えて炊いた、生姜あさり。

又出店した時に購入しようと思います。今回買わなかった煮豆も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

シャンパン仕立て

グリコのチョコレートです。あの有名なパティシエ、辻口博啓が監修したそうです。ポッキー、カプリコ、プレミオ、の三種類、どの商品も、箱の表には、「シャンパン香る、華やかなあじわい。」、裏には、「マイルドなミルクチョコレートにフルーティーなシャンパンを加え、華やかなあじわいに仕立てました。上質なひとときが楽しめる大人のための・・・・・です。」、と同じ宣伝文句です。

Dc040905

Dc041117

Dc041113

Dc050308

Dc050323

美味しいチョコレートだとは思います。ですが、他と比べて飛び切り美味しいかと言えば、私の舌ではよく判りません。最近お店でたくさん陳列してあるのを見かけて購入したのですが、グリコのホームページを見ると、2017年1月3日発売と書いてあります。そして、「期間限定」、「商品がなくなりしだい販売終了とさせていただきます。ご了承ください。」との記述。発売から4ヶ月、期間限定から定番にはならない、さほど人気がない、ということなのでしょうか。どれも400円ぐらいします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

Edion蔦屋家電

Dc042620_2

JR広島駅から東へすぐ、EKI CITYHI ROSIMA が出来ています。2月に飲食店が先行オープン、4月に核テナントの蔦屋家電が開店しました。巨大書店、図書館、家電店、を展開するCCC(カルチャーコンビニエンスクラブ)とEdionが手を組んだお店です。居心地の良い時間を楽しむ、新しい発見に出会える家電店、モノではなく、モノが使われる生活を見せる、がコンセプト。

1階のテーマは、コミュニケーションと美。
Dc042611_2
ここが私の注目店。他に美容関係やアップルなど。

2階のテーマは、趣味とワークスタイル。
Dc042614_2
他に、カメラやパソコンなど。

3階のテーマは、暮らしと子供。
Dc042615_2
いわゆる家電がいろいろ。そして・・
Dc042618_2
奥に結構広いキッズスペースがあります。

この様なコンセプトのお店、どの様に活用したらいいのか。
何回か利用したら見えてくるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

ヱビスバー

Dc042605

YEBISU BAR は都市部を中心に全国17店、中四国では広島が初めて。南区松原町3-1、JR広島駅南口のちょっと東、最近完成した再開発ビル・エキシティ広島の1階、大通りに面した南側にあります。テラス席を含め70人以上入れるでしょう。

Dc042609

カウンター席があり、一人でも気軽に飲みに行けます。

Dc042610

ビールは6種類、ヱビスビール、ヱビスプレミアムブラック、ヱビス&ヱビス(前の二つをブレンド)、ヱビスマイスター、琥珀ヱビス、ヱビススタウトクリーミートップ。それぞれのビールに合わせた料理。真ん中に書いてあるのは、ヱビスビールで作った特製ビヤカクテル、左端が、広島店限定のカープアイ、トマト+広島レモン+ヱビスビール。

Dc042606
ヱビススタウト、669円、を軽く。

喉が渇いた時、一杯キューとやるのにいいですね。
また他のビールやビヤカクテルを飲みに行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

ラグジュアリーフロアー@マツダスタジアム

Dc042705

スタジアムのバックネット裏、コンコースがある1階と内野自由席などがある2階との間の中2階、3塁側の端にあります。

Dc042707

この階へは一般人は入れません。

Dc042706

内部はこんな感じ。

Dc042708

奥の席に座ると、普通に試合を見ることが出来ます。

実はこれ、私が行ったのではありません。娘婿が勤め先の集団で行ったのです。調べてみると料金は21万円、50名まで入れます。さらに、3千円 or 4千円の料理を頼まなければいけません。50名で行ったとして、一人最低7千2百円です。高いのか、それ程高くはないのか?

ところで、このフロアーには他に、さらに高級なスイートルーム(20室、年間契約)、200名まで入れるパーティーフロア(30名×4ブロック、25名×3ブロック、に分割可能)、があります。そのスイートルームに娘が以前行きました(こちら)。

こんな高価な席ではなくても、今年は全く入場券が取れません。今空いているのはビジターパフォーマンス席と車いす席が少しだけ。内野自由席も当日分が僅かにあるかないかという状況。何とかなりませんかね。来年から入場券の販売を、早い者勝ちではなく、抽選にして欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

北海道物産展17年春

そごう広島店、初夏の大北海道展(4月25日~5月8日)に行きました。先日は一人でラーメンを食べに、今日は家族とお買い物。

Dc050105
奥様のお目当てはこれ、毎回買っています。お店は小樽の共成食品。

お昼用にお弁当。

Dc050113
さっぽろ雪だるま。

Dc050111
小樽三角市場のあい田。

デザートに牧家の Devil's chocolate pudding 。
Dc050115
何故デビルなのか、プリンにコリアンパウダー、ソースにハバネロパウダーが入っているからのようです。でも、そんなに悪魔のような恐ろしい味はしません。美味なる濃厚チョコ。
Dc050117

明日の朝食用のパン、岩見沢の粉工房かんすけ。
Dc050106
くるみパン。
Dc050110
マーブレッドミニ角食。

北海道物産展、楽しみです、特にラーメン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »