« 我馬(皆実店) | トップページ | 麺や隼(続々の続) »

2017年2月14日 (火)

meiji THE Chocolate

Dc021411

バレンタインデーにチョコレートの話を聞きに行きました。講師は meiji の方です。
チョコレートの原料、カカオの学名は、テオブロマ・カカオ、テオブロマは神の食べ物という意味、4000年前から、神々への捧げ物や宗教儀式に利用されていました。また、通貨としても、薬としても使われていたようです。長い間飲み物だったものが、19世紀、ココアパウダー、固形チョコレート、ミルクチョコレート、チョコレートを練る機械「コンチェ」といった発明があり、現在の形になりました。チョコレートの味を決めるのは、カカオの産地や品種、発酵、焙煎、ブレンド、とのこと。最近は、bean to bar といってbean(カカオ豆)から、bar(板チョコ)までの製造工程を一貫してやることで、高いクオリティのチョコレートを作るところが増えているようです。meiji の THE Chocolate もその様に作られています。最後にテイスティングがあり、最初の写真のようなシートとチョコレートが配られました。左下のテイスティングの方法を拡大すると・・

Dc021403

⑤はなかなか困難です。

実は今、家で meiji THE Chocolate を食べています。テイスティングした二つは、ミルク感の強い親しみやすい味わいです。

Dc021410

上下、クリックで少し拡大します。

Dc021413

Dc020922

表面の模様は、カカオの味わいを引き出すための工夫、上のスティック型は力強い味わい、中左のギザギザ型は香りが際立つ、中右のブロック形は濃厚感を楽しむ、下のミニブロック形は軽い口当たり、とのことです。

Dc021104

残念ながら、私にはこの違いを味わう能力がありません。

meiji THE Chocolate は全6種類、他4種類は後日。

***

ほか4種類を味わいました(こちら)。
Frambise フランボワーズ Gianduja ジャンドゥーヤ
Elegant Bitter エレガントビター Comfort Bitter コンフォートビター

***

このシリーズのもののような?(こちら
こく深カカオ / 香るカカオ

***

新たに二種類(こちら)。
CACAO 58% 抹茶 / CACAO 54% ヴィヴィッドミルク

*****

別のシリーズ(チョコレート効果)はこちら

*****

更に新たな二種類(こちら)。
Blossom Bitter / Brilliant Milk

上と同時発売の二種類(こちら)。
ジャスミン茶 / ゆず

*****

|

« 我馬(皆実店) | トップページ | 麺や隼(続々の続) »

お菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: meiji THE Chocolate:

« 我馬(皆実店) | トップページ | 麺や隼(続々の続) »