« 広島の経済と文化・芸術について | トップページ | 麺処やのや(続) »

2017年1月 6日 (金)

御船山楽園

九州ふっこう割り(第二弾)の旅、その2。

Dc111206

佐賀県武雄市にある、江戸時代に造園された、鍋島藩ゆかりの地泉回遊式庭園です。国登録記念物になっています。

Dc111207

門を入り、散策路を進むと、ひょうたん型の大池が見えてきます。残念ながら、紅葉の盛りをちょっと過ぎているようでした。

Dc111212

もう少し進むと、御船山が現れます。300万年前、有明海から隆起して出来た雄々しい山、標高210m。手前の茅葺き屋根は萩野尾御茶屋です。

Dc111214

御船山の麓にツツジ谷、満開の時はさぞ綺麗でしょう。

Dc111216

ツツジ谷の手前、大楠、樹齢300年だそうです。

桜も美しいとのこと、また別の季節に訪れたいと思います。

|

« 広島の経済と文化・芸術について | トップページ | 麺処やのや(続) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2206241/69142888

この記事へのトラックバック一覧です: 御船山楽園:

« 広島の経済と文化・芸術について | トップページ | 麺処やのや(続) »