« 極上鶏煮干しつけ麺@もんごい亭 | トップページ | 手嶋龍一 »

2016年12月14日 (水)

焼きがきに一途な純米酒

Dc111410文化2(1805)年創業
広島の市街地にある原本店

先代の没後廃業しマンションを建てる予定
を現社長がその地下に醸造所を作りました

代表銘柄は蓬莱鶴

このお酒は「ひろしま一途な純米酒」
シリーズの第三弾になります

はじめに多少の甘み
あとは圧倒的に酸です
最後にほのかな渋み

Dc121202

Dc111411

Dc121022

牡蠣と一緒に飲んでみました。酸とピッタリ、かな?
結局、好きなお酒であれば何にでも合うような気がします。

参考までに、
第一弾はもみじ饅頭に合う純米酒(こちら)、
第二弾はお好み焼きに一途な発泡清酒(こちら)、
第四弾で合わせる料理はカキフライだそうです。

|

« 極上鶏煮干しつけ麺@もんごい亭 | トップページ | 手嶋龍一 »

お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼きがきに一途な純米酒:

« 極上鶏煮干しつけ麺@もんごい亭 | トップページ | 手嶋龍一 »