« フリュティエ(五回目) | トップページ | 千の風(続) »

2016年11月25日 (金)

縮景園2016年秋

Dc112501

縮景園は1620年、広島藩主浅野長晟(ながあきら)の別邸庭園として、茶人として知られる上田宗箇によって作庭に着手された。

Dc112509
中央奥に見えるのが、跨虹橋(通称、太鼓橋)。18世紀後半の作。

Dc112507
悠々亭。東側は緑が優勢です。

Dc112504
西側、紅葉が綺麗です。

Dc112513
一番艶やかだった木。

Dc112518
コイがたくさん。
「コイキング」もたくさん(なんのこっちゃ)。

昔、広島には65歳以上無料の施設が幾つかありました。一番楽しみにしていたのは、映像文化ライブラリー、昔の日本映画や商業映画館にかからないような外国映画を上映します。このような所が、高齢者が増え始める頃から有料になりました。タダだといろんな人が来て、中には上映中に鼾をかいて寝る、ということもありました。まあ、そういう人を排除できるかもしれません。さて、この縮景園、65歳以上無料です。有り難く楽しませて頂きました。また、季節ごとに訪ねようと思います。

|

« フリュティエ(五回目) | トップページ | 千の風(続) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縮景園2016年秋:

« フリュティエ(五回目) | トップページ | 千の風(続) »