« 鶏そば一休(続々) | トップページ | グテのパンたち(その19) »

2016年11月12日 (土)

平山郁夫美術館

愛媛に行きました、その1。

途中、生口島に寄りました。まだ、広島県です。

Dc102501

この和風の門構え、美術館なのです。
門を入って突き当たりを右に曲がると・・・

Dc102502

中に入ると受付、右にロビー、そこからの景色・・

Dc102503

門から庭園の周りを歩いてきたことになります。

Dc102504

ロビーまでは写真撮影可。真ん中に見えるのは、平山郁夫の代表作、「仏教伝来」の実物大陶板画です。右奥に展示室が三つ。第1展示室は、「平山郁夫の歩み」、五歳頃の絵もありました。この時(10月下旬)は、「平山郁夫が描く シルクロード・日本の街道」という展示会、12月中頃までやっているはずです。なので、第2展示室は、日本の街道、第三展示室は、シルクロード、でした。第3展示室は広く、大作が並んでいます。

特別な展示会がなくても、平山郁夫の素晴らしい絵を見ることが出来ます。建物も立派です。訪れる価値がある美術館だと思います。生口島はこれだけではありません。しまなみ海道を通る時には素通りせず、ちょっと立ち寄ることを、特に美術好きの人には、お勧めします。

|

« 鶏そば一休(続々) | トップページ | グテのパンたち(その19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2206241/68401254

この記事へのトラックバック一覧です: 平山郁夫美術館:

« 鶏そば一休(続々) | トップページ | グテのパンたち(その19) »